QRコード/デジタル複合機でファイル名の自動登録、FAX自動仕分けを実現

株式会社ハイパーギア 2006年03月20日

NewsRelease                       2006年3月20日
報道関係者各位
                         株式会社ハイパーギア

    QRコードにより、デジタル複合機でスキャンするだけで、
  ファイル名の自動登録やFAXの自動仕分けをおこなうソフトウエア

 ソフトウェア開発の株式会社ハイパーギア(埼玉県さいたま市 代表取締役
社長:本田克己)は、QRコードを用いて、富士ゼロックス株式会社製ドキュ
メント処理・配信ソフトウエア「ApeosWare Flow Service」のプラグインとし
て動作し、デジタル複合機でQRコードが貼り付けられた紙原稿をスキャンす
るだけで、認識したQRコード情報からファイル名の自動登録をしたり、QRコ
ード付きの原稿をFAX受信するだけで、フォルダーの自動仕分け、文書管理シ
ステムへの自動登録を可能にするPDF変換ソフトウエア「HG/PscanPro for
ApeosWare FlowService 4.0」を発売いたします。

<デジタル複合機のリネーム、登録問題を解決>
 デジタル複合機の普及により、オフィスのコピー機でスキャンするだけで、
簡単に高速に紙文書の電子化ができるようになりました。しかしデジタル複合
機ではスキャンしてPDFなどへは高速で変換できますが、ファイル名は
0001.pdfのような連番か、20060320.pdfのような日付あるいは時刻でしかつ
かないので、電子化された後で意味あるファイル名へのリネーム作業、文書登
録などの作業のほうが、はるかに時間がかかり、間違いも多い、電子化の大き
な課題でした。本ソフトウエアでは、QRコード化されたファイル名や文書タイ
トルなどの重要な情報を認識により正確に復元し、ファイル名の自動設定や、
自動仕分け、文書管理システムなどへの自動登録が行えるようにします。

<ペーパーレスFAXの自動振分け>
 受信したFAXを紙に印刷せず、電子文書として利用する、デジタル複合機の
ペーパーレスFAXは業務合理化に有効ですが、FAXの振分けは発信元電話番号
でおこなうなどの方法しかなく、多くの場合は人手で振分けしていました。
本ソフトウエアにより、同じ電話番号からの受信FAXでも、あらかじめQRコー
ドをはっておくことで、必要な部署、フォルダーへ自動振分けできます。

<QRコードにより、高精度化、大容量化を実現>
 従来、このような文書自動登録は1次元バーコードや、マークシートなどの
専用登録シートによっておこなわれていました。これらにくらべ、QRコード
は漢字でも1800字程度入れられるため、日本語のファイル名をはじめ、重要
な属性データを多く入れておくことができます。また、誤り訂正機能をもつた
め、汚れや傾きなどがあっても、認識でき、コードの印刷面積も小さいため、
既存の書類の空きスペースに貼付ることができ、専用シートが不要です。

<HG/PscanPro for ApeosWare Flow Service4.0の特長>

1.富士ゼロックス製ドキュメント処理・配信ソフトウエア「ApeosWare Flow
  Service」連動
  富士ゼロックス製デジタル複合機のユーザーは、「ApeosWare Flow
  Service」配信ソフトウエア経由により、本ソフトウエアの自動ファイル名
  設定、フォルダー自動振分け、受信FAXの自動振分けなどの機能を複数の
  デジタル複合機から利用することができます。

2.ファイル名などを自動設定
  ファイル名をQR コードとして紙文書に付与することにより、スキャンす
  るだけでファイル名を正確に復元したPDFに変換できます。手作業による
  リネームなど不要です。

3.任意フォルダに自動振分けが可能
  ファイル名だけでなく、フォルダー名をQRコードで付与することにより、
  スキャンするだけ、あるいはファックスとして受信するだけで、電子文書
  の自動振分けができます。
  これにより、複合機のペーパレスFAX と連携して、遠隔地からの受発注や
  報告書の自動登録システム等が容易に実現できます。

4.文書管理システム、情報共有システムに自動登録
  QRコードに、文書名、キーワード、作成者などの文書属性データを入れ
  ることにより、スキャンだけで文書管理システムなどへ自動登録できます。
  特に、富士ゼロックス製「ArcWizShare」情報共有ソフトウエアとでは
  連係動作を確認しており、簡単に自動登録ができます。

5.QRコード生成ツールが添付
  添付のQRコード生成ツールで、CSVファイル読込によるバッチのQRコードの
  生成だけでなく、PDFやワード、エクセルあるいは、富士ゼロックス製の
  ドキュワークスなどの電子文書ファイルからファイル名などの情報を自動
  的にとりだし、QRコードに変換し、画像として貼付けられることもできま
  す。この処理がされた電子文書ファイルは紙にプリントされても、ファイ
  ル名などの情報がQRコードになっているのでスキャンするだけで、もとの
  属性を取り戻すことができます。

6.高性能OCRにより、テキスト埋め込みPDFが作成可能
  定評あるHG/PscanServシリーズのPDF変換技術により、高圧縮カラーPDF、
  また高圧縮カラーPDFにOCRテキストの貼付け、OCRテキストを別レイヤ
  ーとし、編集のしやすいPDF、パスワード付きPDFなどセキュリティの付
  与など多機能のPDF変換機能をもっています。


● 動作環境
   CPU:Pentium4 2GHz 以上推奨
   RAM:512MB 以上推奨  USB ポート:1ポート占有します
   O/S:Windows 2000/XP/Server2003
   富士ゼロックス社製「ApeosWare Flow Service」が動作していること
    
● 価格          260,400 円(税抜248,000 円)
    上記価格には初年度のサポート費用も含まれます。
    
● 発売開始時期      2006年3月20日(月)
   
● 販売目標        初年度  200本

● 関連ソフトウエア
本ソフトウエアと同じQRコード機能をもち、富士ゼロックス製以外の
デジタル複合機からも利用可能で、電子署名、タイムスタンプ機能など
をもつ、HG/PscanServPlus4.0も2006年3月13日より発売しています。

<お問合せ>
・株式会社 ハイパーギア 担当:武田・本田
  住所: 〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-72-2
  TEL: 048-654-2141 FAX:048-654-2142
  Mail:info@hypergear.com
  URL: (リンク »)

<商標関係>
・ ApeosWare Flow Service, ApeosPort, DocuCentre, ArcWizShareは富士ゼロックス株式会社の商標です。
・ HG/PscanServPlus, HG/PscanServProは株式会社ハイパーギアの商標です。
(その他本資料に記載の商標は各社の商標です)

用語解説

【株式会社ハイパーギアについて】

・所在地: 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1-72-2 HANAビル1,2F
・設 立: 1991年11月7日
・資本金: 8,350万円
・代 表: 本 田 克 己
・事 業: PDFを中心とした電子文書ソフトウエアの開発
・U R L : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ハイパーギアの関連情報

株式会社ハイパーギア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!