Motif 対応 GUI 構築ツール UIM/X 3.0 J2.05 の Linux 版を2006年8月14日より発売

株式会社アールワークス 2006年04月13日

Linux 上の GUI 構築ツール 日本語版 UIM/X 3.0 J2.05 を販売開始 UNIX 上で開発された GUI アプリケーションの Linux への移植が容易に

株式会社アールワークス(旧社名:アステック、本社:東京都文京区、社長:木下
仁)は、 日本語版 UIM/X 3.0 J2.05 Linux 版 を 2006 年 8 月 14 日より発売
いたします。

UIM/X はカナダ VisualEdge 社が開発した、全世界では累積 100,000 ライセン
ス以上の販売実績を持つ Motif 対応 GUI 構築ツールのベストセラーです。
特に日本では,通信、電力、金融、宇宙、防衛などの大規模プロジェクトで、
UNIX 上の標準的な GUI 構築ツールとして広く使われています。

近年、Linux をサーバーとして利用するだけでなく、アプリケーションも Linux
プラットフォームへ移行する動きが顕著となっております。そこで、これまで
Sun、HP、SGI などの UNIX ワークステーション上で使っていたアプリケーショ
ンを Linux へ移行する計画をお持ちのお客様のために、Linux 版 UIM/X を開発
し提供することとしました。これまで他のプラットフォームで UIM/X をご利用
のお客様は Linux 版 UIM/X を使うことによって、これまでの開発資産を無駄
なくご利用いただけます。

● 概要

◎製品名: 日本語版 UIM/X 3.0 J2.05

◎出荷予定日: 2006 年 8 月 14 日

◎稼働環境: サポートプラットフォームは下記を予定
OS: RedHat Enterprise Linux 3
Cコンパイラ: 同 OS 付属の gcc 3.2.3
Motif: 同 OS 付属の Motif 2.2.3

* Motif 2.2.3 のウィジェットセットに対応予定(一部機能について未対応の可能性あり)
* UIM/X の内蔵インタプリタは C のみ (C++ インタプリタの機能はありません)
* C インタプリタは gcc の拡張機能をサポートしません (他プラットフォーム向けの既存の UIM/X 3.0J2.05 と互換相当)

◎XRT統合キット: サポート予定
XRTウィジェット統合キット、64ビットアプリケーション開発キットは
順次提供の予定です。

◎ライセンス価格
1ライセンス 680,000円
2ライセンス目(同一ネットワーク) 646,000円

◎年間メンテナンス料金
1ライセンス 150,000円
2ライセンス目(同一ネットワーク) 135,000円

◎製品ホームページ
(リンク »)

● 株式会社アールワークスについて
商号:  株式会社アールワークス (旧社名: 株式会社アステック)
所在地: 東京都文京区小石川一丁目 3 番 11 号
代表者: 代表取締役 木下 仁
資本金: 4億2,540万円
URL: (リンク »)

● お問い合わせ
株式会社アールワークス
プロダクト営業部
電話 : 03-5804-1853
E-mail: info@rworks.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アールワークスの関連情報

株式会社アールワークス

株式会社アールワークスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?