ノーテル、PoE対応の企業向けエッジスイッチ「Nortel Ethernet Switch 470-24T-PWR」「Nortel Ethernet Switch 470-48T-PWR」を発表

ノーテルネットワークス株式会社 2006年04月18日

高い冗長性と処理能力に優れた主力スイッチ製品群「Nortel Ethernet Switch 470」シリーズにPoE対応機種を追加

ノーテルネットワークス株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長:ニック・ブルーデンヒル、連絡先:03-5740-1300、以下ノーテル)はこのたび、企業向けエッジスイッチ製品群「Nortel Ethernet Switch 470」シリーズを強化し、新たにPoE (Power over Ethernet)対応製品「Nortel Ethernet Switch 470-24T-PWR」「Nortel Ethernet Switch 470-48T-PWR」を5月より出荷開始することを発表しました。2003年に発表したエッジスイッチ「Nortel Ethernet Switch 470」シリーズは、ノーテル独自の機能「DMLT (Distributed MultiLink Trunking)」(注1)によって実現される冗長性や高い処理能力を持つことから評価を得ていますが、今回の拡張により、コスト効率良くIP電話や無線LANといった端末への電力供給も行い、さらに新たなニーズにも応えていきます。

今日、VoIPの利用が中小企業にも浸透しつつある一方で、大企業ではウェブ会議などが可能なマルチメディア・コミュニケーション・プラットフォームの導入が行われ、IP電話端末や無線LANアクセスポイントの配置が進んでいます。こうした中、ネットワーク上で重要な情報の処理が可能な、高い冗長性とポート密度を持つPoE対応エッジスイッチへのニーズが高まりつつあります。

従来の「Nortel Ethernet Switch 470」シリーズでは、ノーテル独自の冗長化技術である「DMLT」(注1)により、経路の二重化構成を可能とするリンクアグリゲーションに対応し、耐障害性を高めるほか、平常時には負荷分散機能を提供します。また「フェールセーフスタッキング機能」により、スタックした製品に障害が発生した場合においても接続を確保するほか、優先制御機能やDiff-Servへの対応により、信頼性の高いQoS制御が可能です。一方、最大で8台までスタック可能で高い処理能力を持つほか、「SMLT」(注2)機能による「Nortel Ethernet Routing Switch 8600」との接続によりネットワークコアへの複数接続に対する負荷分散や冗長化機能を提供することも可能です。

さらに今回発表する「Nortel Ethernet Switch 470-24T-PWR」「Nortel Ethernet Switch 470-48T-PWR」では、新たに以下の機能を追加しました。

1. PoEへの対応

新製品ではIEEE802.3afに対応したPoE機能を持つため、この規格に対応したIP電話機や無線LAN基地局、IPカメラといった端末に対してイーサネット上で電源供給が可能となります。またIPデバイスの接続を検知し自動的に電源供給を行う自動検知機能、また一定以上の電力が使用された場合に優先度の低いデバイスへの電源供給を止める動的な電力管理をサポートしています。

2. 信頼性の高いスタック機能

ノーテル独自のAUR (Auto Unit Replacement) 機能により、スタック構成の中で万が一スイッチが故障した場合においても、スタックを再起動することなく交換・再構成することが可能となり、信頼性をさらに高めます。

3. BPDU Filter機能

スパニング・ツリー・プロトコルの使用時に発生することがあるBPDUのループやフローディングを防ぐBPDU Filter機能を搭載しているため、ネットワークのトラブルを最小限に止めることができ、セキュアなネットワークを実現可能です。

「Nortel Ethernet Switch 470-24T-PWR」「Nortel Ethernet Switch 470-48T-PWR」の製品価格(参考)および主な構成は以下の通りです。

(以下 機種名、インターフェース、高さ、最大DTE Power AC、給電、冗長電源、メーカー希望小売価格 (税抜、参考)の順で記載)

Nortel Ethernet Switch 470-24T-PWR
24×10/100ポート 2×ビルトインGBICポート ビルトインスタッキングポート、1RU、370W、シングルペア、RPSU15対応、389,000円

Nortel Ethernet Switch 470-48T-PWR
48×10/100ポート 2×ビルトインGBICポート ビルトインスタッキングポート、1RU、370W、シングルペア、RPSU15対応、636,000円

新製品の販売は販売代理店 (株式会社コミューチュア、ネクストコム株式会社、株式会社ネットマークス、 ネットワンシステムズ株式会社、富士ゼロックス株式会社、丸紅ソリューション株式会社、ユニアデックス株式会社、株式会社理経)を通して行います。


Nortelについて

Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、グローバルビジネスの強化・促進、機密情報のセキュリティ保護に努め、人々の生活をより豊かにしています。通信事業者と企業の双方に向けたNortelの次世代技術は、ネットワークの簡素化により、アクセスおよびコア・ネットワークの接続、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションへの対応、効率性やスピードならびにパフォーマンスの向上における障害の削減を行い、情報と人々を結びつけています。Nortelは、世界150ヵ国以上で活動を展開しています。詳細な情報に関しては、www.nortel.com をご覧下さい。また当社に関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。

*Nortel、Nortelのロゴタイプ、グローブマークはNortel Networksの商標です。

用語解説

[用語解説]

注1:DMLT (Distributed Multi-Link Trunking)

同一スタック内の複数のスイッチや同一シャーシ内の複数のモジュールからノーテル独自のリンクアグリゲーション機能であるMLT(Multi Link Trunking)を利用できる機能です。各スイッチ間の複数の経路を論理的に1本のリンクとして束ね、単一の経路に依存しない複数リンクによる構成によって耐障害性を高めるとともに帯域幅を拡大します。

注2:SMLT (Split Multi-Link Trunking)

スイッチをまたぎネットワークコアへの接続に対してノーテル独自のリンクアグリゲーション機能であるMLTを利用できる機能です。これにより、ループ構成やスパニングツリーからも開放され、信頼性がさらに向上します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR