編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

SkypeHelper(Skype支援ソフトウェア)公開のお知らせ

株式会社スカイフィッシュ

2006-05-19 17:00

SkypeHelperベータ版(以下、本ソフトウェア)は、今までスクリーンリーダでの読み上げが困難であった Skype(スカイプ)の操作を支援するためのソフトウェアです。今回のバージョンは製品版のリリースに先駆けまして、ベータ版のリリースとなります。ベータ版での主な実装機能は以下の通りです。以下の機能を音声により操作することができます。

・通話(開始、保留、終了)
・ログイン状態の変更
・ユーザープロフィールの読み上げ
・プロフィールの編集
・コンタクトの検索、追加
・コンタクトリスト一覧表示

使用期限
本ソフトウェアの使用期限は2006年6月30日までとなります。

<<動作確認環境>>

本ソフトウェアは、以下の環境にて動作確認を行っております。

Windowsバージョン:XP Home、XP Professional、2000 Professional
FocusTalkのバージョン:1.01
Skypeのバージョン:2.0

【ご注意】上記環境意外に、通話用マイクもしくは相当品が必要となります。
【ご注意】本ソフトウェアは、上記環境以外のスクリーンリーダや古いSkypeでも動作する可能性がございますが、お客様のご責任においてのご利用をお願い致します。

このプレスリリースの付帯情報

SkypeHelperアイコン

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スカイフィッシュの関連情報

  • WipseとMS、Open XMLの相互運用性に関する実証実験を実施

    Windows+Serviceコンソーシアムとマイクロソフトは、共同で「Open XML」の相互運用性に関する実証実験を実施したと発表した。複数のソフトウェア企業による、ビジネスシナリオに即した形でのOpen XMLを用いた相互運用性実証実験は世界初という。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]