ウイングアーク、業務文書をデータ化する「StraForm-X」新バージョン1.2製品発表

内部統制への対応、業務の効率化を実現

ウイングアーク1st株式会社 2006年06月19日

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、業務文書の入力画面を簡単にWeb化できる画面設計ツール「StraForm-X(ストラフォーム・エックス)」の新バージョン「StraForm-X Ver1.2」を、6月20日(火)より出荷開始することになりましたので、お知らせいたします。機能強化されたStraForm-Xは、業務文書をデータ化し業務効率を向上させるだけでなく、内部統制への対応にも有効な手立てとして、業務現場で利用いただける製品で、標準価格はStraFormデザイナが20万円(税別)から、StraFormサーバが40万円(税別)からです。

「StraForm-X」は、紙、Excel、WordやPDFなどの業務文書をデータ化し標準技術(HTML、XML)、ノンプログラミングで入力画面を作成することができます。今後対応が急務とされる内部統制においては、統制のとれていない様々な形式の文書を一括管理し統制する必要があります。これらを統制する手段の一つとして、文書をデータ化しWebからの入力に統一することで、アクセス管理、ログ管理などの統制を行うことができます。データ運用の入り口として、業務文書をデータ化する「StraForm-X」でドキュメント管理を進め、これまでのログ管理機能、認証機能に加えて、今回のバージョンアップによって強化された“アクセスコントロール機能”によって、監査証跡にも対応できる内部統制にそなえたセキュアなドキュメント管理・データ管理を行うことができます。

 今回のアクセスコントロール機能の強化は、指定したグループ(部門単位)毎にアクセス権を指定し、アクセスの有無・参照・更新/修正などの権限を詳細に設定することにより、セキュリティ環境下で個人情報などを含むデータを運用することが可能になります。
 その他の追加機能は、これまでのExcel、Wordのファイルに加えてPDF、ImagePrinterからの読み込みが可能になり、読み込み形式の選択肢が増えたことで、形式の異なる文書を容易にデータ化することが出来るようになりました。その他、ユーザの利便性向上のため、書式設定画面の機能強化をはじめとして、デザイナ画面の操作性の改善やサーバ設定の簡略化が実現されました。今回のバージョンアップで、業務現場からの細かな要望などを製品に反映し、詳細な機能などあわせて計32項目について改善され、業務現場向けに機能強化されました。

 多くの企業で求められている内部統制への対応、ITへの意識は高まり情報システム担当者だけでなく、経営者や業務担当者のシステムに対する認識が高まりつつあります。これまでの紙による業務運用からITへの対応が急務とされる中、「StraForm-X」は業務文書をデータ化して業務効率を上げるだけでなく、業務をデータ化することによって内部統制に備える有効的な手段として利用することができます。様々な情報管理に展開し活用することが可能となります。

「StraForm-X」の技術的な特徴として、HTML 、XMLの標準技術を採用していることがあげられます。Webブラウザ(Internet Explorerなど)さえあればどんな環境でも利用できるHTMLを採用することにより、閲覧環境に依存せずに情報を確認することができます。またシステム間でやり取りされる業界標準のデータ形式であるXMLを採用することで、他システムとのスムーズな連携を実現できるだけでなく、将来のシステム展開や長期の運用を見据え、継続的にデータを利用することが可能です。

 また「StraForm-X」は入力したデータを個人のクライアントPCには残さず共有フォルダに保存する仕組みのため、セキュリティ面からも安心した運用が行えます。貯められた貴重なデータは、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」につなげて集計・活用し、企業経営や戦略作りに展開、また入力したデータを標準技術に対応した帳票開発ツール「SVFX-Designer」から出力するなど、「いれる・ためる・ひきだす」のデータ活用に展開することができます。

 なお、「StraForm-X」詳細については下記URLをご参照ください。
  (リンク »)


<稼働環境>
■StraFormデザイナ
OS:Windows 2000 Professional/Windows XP Professional
対応ブラウザ:Internet Explorer
CPU:Pentium III 互換 600MHz 以上
メモリ:256MB以上(768MB以上推奨)
HDD :100MB以上
■StraForm サーバ基本モジュール
対応 OS:Microsoft(R) Windows(R) 2000 Server/Advanced Server
RedHat Enterprise 3.0
Windows Server 2003 Standard Edition/Enterprise Edition(64ビット版は除く)
AIX V5.3
CPU:Pentium 4 (IA-32x86互換)1GHz 以上
メモリ:512MB以上(1GB以上推奨)
HDD:100MB以上
アプリケーション・サーバ:IBM WebSphere 、Tomcat
対応ブラウザ:Internet Explorer




[Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズについて]
帳票・レポート・ドキュメントの分野で、システムの「データ」と業務用途に合わせた「フォーム」を使い、より見やすくわかりやすい形にする技術、それが「フォーム&データ」です。ウイングアークテクノロジーズは、企業の情報システム部門や大手SI企業が取り組む業務アプリケーション開発の効率化を目指し、お客様の要件に合わせてソフトウエア部品を繋ぐ・組み合わせることで、システム開発の現場に効率と運用負荷の軽減をはかり、業務の現場に生産性の向上と業務改善をもたらす価値あるソフトウエアを提供しています。

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:62億円(2006年2月期)
従業員数:116名(2006年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。




<<製品に関するお問合せ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL:03-5766-2833  FAX:03-5766-2835  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!