ウノウ、パソコンに保存された履歴から検索できる検索ツールバー「ウノウサーチ」の提供を日米同時に開始

ウノウ株式会社 2006年08月28日

報道関係者各位
2006/08/28
ウノウ株式会社
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
      ウノウ、パソコンに保存された履歴から検索できる     
        Internet Explorer向けの検索ツールバー
       「ウノウサーチ」の提供を日米同時に開始
            (リンク »)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
国内最大級の映画専門サイト「映画生活」や動画・写真共有サイト「フォト蔵」
などオリジナリティのあるインターネット・メディアを企画・運営する、
ウノウ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:山田進太郎
以下ウノウ)は、パソコンに保存された過去のアクセス履歴から、キーワード
検索で目的のサイトを表示できるInternet Explorer向けの検索ツールバー
「ウノウサーチ」の提供を日米同時に開始いたしました。

「ウノウサーチ」は、ユーザーがツールバーをインストールした段階から
アクセスしたサイトの情報を、キャッシュとは別にパソコンに保存します。
そのため、通常の検索エンジンでは引っかからないような『ID・パスワードが
必要な会員制サイト』や、『以前キーワードを検索してアクセスしたが、検索
したキーワードやサイト名など思い出せない』などの場合も、過去のアクセス
履歴からサイトを検索することが可能となります。

現在、インターネット上には無数のサイトが存在し、ユーザーの多くは
キーワード検索を通じて新たなサイトにアクセスしています。しかしながら
ユーザー自身が訪問した全てのサイトを覚えることは不可能です。「ウノウ
サーチ」はそうした問題を解決するために開発された新たな検索ツールです。

ウノウは、兼ねてより日本発のインターネットサービスをワールドワイドで
展開することを視野に入れてきました。今回、「ウノウサーチ」を日米同時に
開始したことにより、英語圏の10億人以上といわれるユーザーへのアプローチ
も可能となりました。

今後もウノウは日本発のインターネットサービスをワールドワイドで展開
するべく、事業を推進してまいります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
+ 関連URL

- ウノウサーチ
(リンク »)

- ウノウサーチ英語版
(リンク »)

- ウノウサーチ キャプチャ(ご自由にお使いください。)
(リンク »)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
+ 会社概要

- ウノウ株式会社
(リンク »)
資本金 :7,800万円
代表者 :代表取締役 山田進太郎 石川篤
設立 :2001年8月1日
事業内容:インターネット・メディアの企画・開発・運営

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
+ 問い合わせ先

ウノウ株式会社 広報事務局 担当者:有地(ありち)
[TEL] 03-5766-3911 [FAX] 03-5766-3912
[Mail] info@unoh.net [URL] (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウノウ株式会社の関連情報

ウノウ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?