IP電話 「ZAQケーブルフォン」通話料金改定  ■ 携帯電話への通話料金値下げ!  ■ 提携ISP以外への発信、割安通話料金が決定!

関西マルチメディアサービス株式会社 2005年09月28日

関西においてケーブルインターネット「ZAQ(ザック=ブランド名)」を企画・運営しております、関西マルチメディアサービス(株)(略称:KMS、本社:大阪市北区、社長:今川 哲夫、資本金:20億円)は、この度、弊社が提供している、050で始まるIP電話サービス「ZAQケーブルフォン」の通話料金を10/1(土) 0時より改定いたします。

「ZAQケーブルフォン」は、2003年7月にサービスを開始以来、提携CATV会社間をはじめとする「無料通話」や、一般公衆網からの着信、携帯電話、PHSからの発着信が可能になるよう、 通話範囲の拡大をして参りました。今回の通話料金改定は、提携先以外への発信の中でも通話頻度の高い、携帯電話への発信通話料金を値下げいたします。

【改定前】 20円(税込み 21円)/1分
【改定後】 18円(税込み 18.9円)/1分

また、これまで充分な通話可能先の確保達成まで料金設定を見送っておりました、提携ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)以外のIP電話事業者への発信について次の通りとし、    7.8円(税込8.19円)/3分の通話料金にて、同じく10/1(土) 0時より課金を開始させていただきます。

ZAQは、利用シーンによって無料通話などお得にご利用いただけるZAQケーブルフォンを通じて、お客様に満足いただけるサービス向上にこれからも鋭意努力して参ります。

<サービス詳細URL>
(リンク »)

<ZAQホームページ>
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

関西マルチメディアサービス株式会社の関連情報

関西マルチメディアサービス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!