P2P企業、ピアミージャパンがAmeba ピアミーより ブログ検索サービス「ブログヘッダー」を開始

~スクリーンショットの表示機能を加え、ブログの個性を反映する検索表示~

ピアミージャパン株式会社 2005年10月25日

インターネット上の音声コミュニケーションの促進を目指す、ピア・ツー・ピア(P2P)音声通信技術会社、PeerMe, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:トム・ラサター)の日本法人、ピアミージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:榮完治、URL: (リンク ») )は、ブログ検索サイトBlogShot(代表:阿部俊幸、URL: (リンク ») )と提携し、Ameba ピアミーの付加サービスとして、ブログの検索サービス「BlogHeader(URL: (リンク ») 、以下、ブログヘッダー)」の提供を、本日より開始します。

「ブログヘッダー」は、今や個人の情報発信ツールである「ブログ」に着目し、Ameba ピアミーユーザーだけでなく一般のインターネットユーザーに、見やすく使いやすいブログ検索を提供するものです。他のブログ検索サービスと異なり、検索結果でブログのタイトル名とその概略に並べて、各ブログのスクリーンショットを表示する機能を備えています。個性豊かなブログのスクリーンショットを表示することで、検索者にとってブログの特徴を視覚的にわかりやすく紹介し、ブログ制作者それぞれの個性を検索結果画面から見て取ることが出来ます。

また、「ブログヘッダー」は1~3分おきに情報の更新を行うため、大手のブログ検索やウェブ検索に比べ情報の鮮度が高く、インターネット上での最新情報を把握することも出来ます。さらなる特徴は、「キーワードPlus」という新しいスタイルの検索方法です。これは、ユーザーが入力した検索キーワードに関連性のあるキーワードを自動的に抽出し、検索結果上部に表示するもので、ユーザーは予備知識の必要もなく、連想ゲーム感覚で絞り込み検索をすることが可能になります。例えば検索キーワードに「デートスポット」と入力すると、「キーワードPlus」は流行のデートスポットやイベント情報などを自動的に表示します。この他、「楽しい」「かわいい」といった形容詞を検索すると、それに関連した旬の話題についての項目が表示されます。

将来的に、ピアミーはAmeba ピアミーのAPI (Application Programming Interface)開発を進め、ブログのページからAmeba ピアミーを使ってそのブログ制作者と直接会話をしたり、テキスト・チャットで文字でのチャットを楽しんだりすることができる予定です。これにより、オンラインコ  ミュニティーに新しいつながりをもたらし、ピアミーのビジョンであるインターネットにおける音声コミュニケーションの促進を実現していきます。「ブログヘッダー」は、各ブログサイトとインターネットユーザーをつなぐ架け橋となるよう、これからもサービスの向上に努めて参ります。



PeerMe Inc.について
2004年に設立されたPeerMe Inc. (www.PeerMe.com)は、カリフォルニア州マウンテンビュー、東京、韓国、中国、インド、ブルガリア、テキサス州オースティンに拠点を置く国際的な、独自のピア・ツー・ピア通信技術会社です。PeerMeはVoice over Internet Protocol (VoIP)でPC間、PCと携帯端末間において、インターネット接続を介した音声通話、インスタント・メッセージ、ファイル転送を提供するピア・ツー・ピア・プラットフォームを開発しました。PeerMeのビジョンは、ウェブを音声対応にすることを通して人々の繋がりをインターネットに導くことです。


連絡先:
市野 剛
エデルマン・ジャパン株式会社 (PeerMe Japanに関して)
(03) 6403 5206 (Tel)
(03) 6403 5201 (Fax)
go.ichino@edelman.com

このプレスリリースの付帯情報

ブログヘッダー トップページ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ピアミージャパン株式会社の関連情報

ピアミージャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?