ヘッダー解析・IP検索サービスの開始

ヘッダーの概要を解析する Web と迷惑メールの発信国・発信者の IP 検出ができるWebを用意しました。

株式会社トータル 2005年11月09日

迷惑メールの対策には迷惑メールの発信者を特定が必要です。そのための道具として利用できます。

QUIA.jp (迷惑メール対策 ANNie)では
 メールヘッダーから送信者ドメインとIPの抽出
 IP アドレスから割り当て国・WHois サーバの表示
する Web を公開しました。
世間一般で利用されているメールプログラムは善意のメール発信者を前提として作成されています。インタネットの歴史を見ればわかるように当初善意の利用者同士の利便性を主眼に設計された様々な機能が「性悪な利用者」の出現によって次々と改変されています。
現用の「善意の送信者」を前提としたメールプログラムは本来ならば換装されるべきでありましょう。
迷惑メールを撲滅するためには利用者の意識をいくらか変えなければならないかも知れません。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トータルの関連情報

株式会社トータル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!