ウイングアーク、中国の帳票市場へ進出。第一弾として日系企業向けに カスタマーサポート業務を担う「北方新宇-WingArc北京技術サポートセンター」を開設

ウイングアーク1st株式会社 2006年03月10日

Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、企業の基幹帳票運用の分野で、中国に拠点をもつ日系企業に対して、帳票開発ツール「Super Visual Formade(以下、SVF)」による基幹業務システムの帳票運用をサポートする「北方新宇-WingArc 北京技術サポートセンター」を開設することになりましたので、お知らせいたします。

近年、中国における大手日系企業の事業進出に伴い、製造業を中心に中国で「SVF」を利用するユーザ企業が急速に拡大しつつあります。これまでウイングアーク テクノロジーズではグローバル化する企業様の帳票運用に対して、日本国内でのサポート体制を取ってきましたが、中国国内での開発拠点、事業拠点や生産拠点などで基幹システムとして現行で採用されている「SVF」製品の帳票出力及び運用ニーズに対応するため、中国国内で「北方新宇-WingArc 北京技術サポートセンター」を新たに開設いたします。現地SVFユーザ(日系企業)へのサポート対応を目的に、まずは現地にて電話とメールでの一次受けをサポートする体制を整備し、順次サポートFAQの中国語版の提供を開始いたします。

【北方新宇-WingArc 北京技術サポートセンター 概要】
名称:『北方新宇-WingArc 北京技術サポートセンター』
(中国語表記 『北方新宇-WingArc北京技術支持中心』)
所在地:中華人民共和国北京市宣武区広安門大街315号 信息大厦 A座4F
開設日: 2006年3月10日
所員数: 6名
業務目的: SVFユーザ様(日系企業)を対象とした中国本土における「SVF」の技術的なサポート業務。

ウイングアーク テクノロジーズは、今回の北方新宇-WingArc 北京技術サポートセンター開設を中国市場進出の第一弾として、今後、現地法人とのリレーションをはかりながら、中国国内での販売を視野にサービスを拡げてまいります。


[SVF(Super Visual Formade:スーパービジュアルフォーメイド)]
企業システムの業務アプリケーション開発を効率化するために、業種業態を問わず、納品伝票や請求書といった業務に欠かせない帳票システムのフォーム設計とアウトプット環境をプログラムレスで開発できるソフトウエアです。これにより、各業務アプリケーションの帳票機能を統合・一元化して、生産性や拡張性の高いシステム構築が行えます。
とくに、あらゆるプラットフォームに対応できるオープンな製品で、プリンターも日本国内の主要プリンターメーカの機種に幅広く対応した帳票印刷が可能です。
SVF導入企業数/13,000社
SVFサーバラインセンス/43,200サーバー

[Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズについて]
帳票・レポート・ドキュメントの分野で、システムの「データ」と業務用途に合わせた「フォーム」を使い、より見やすくわかりやすい形にする技術、それが「フォーム&データ」です。ウイングアークテクノロジーズは、企業の情報システム部門や大手SI企業が取り組む業務アプリケーション開発の効率化を目指し、お客様の要件に合わせてソフトウエア部品を繋ぐ・組み合わせることで、システム開発の現場に効率と運用負荷の軽減をはかり、業務の現場に生産性の向上と業務改善をもたらす価値あるソフトウエアを提供しています。

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:51億円(2005年2月期)
従業員数:140名(2005年10月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。


<<製品に関するお問合せ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL:03-5766-2833  FAX:03-5766-2835  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR