価格.com、MNPに向け「携帯電話比較サービス」を全面リニューアル

-スペックデータベースを刷新し、検索機能を大幅強化-

株式会社カカクコム 2006年08月17日

カカクコムは、携帯電話に関する比較検討サービスのレイアウトやナビゲーション、検索機能などを全面刷新します。

株式会社カカクコム(東京都文京区 代表取締役社長 田中実 東証コード:2371、以下カカクコム)は、2006年8月17日より、携帯電話に関する比較検討サービスを、レイアウトやナビゲーション、検索機能などを全面刷新し、「価格.com – 携帯電話( (リンク ») )」として、運用開始いたします。


従来よりカカクコムでは、ユーザーのアクセス導線等をログデータとして保持し、ユーザー利便性向上のためにサイト運営に活用しております。
携帯端末に関するログデータを調査してみたところ、価格.comユーザーでは、携帯端末購入に価格の指定をする割合が、約9%と他のカテゴリと比較し、極めて低いことが分かりました。
他カテゴリ代表例(2006年2月度データを抜粋):プラズマテレビ約21%、DVDレコーダー約27%、ノートPC約30%、デジタルカメラ約36%


また、特定機種の端末価格が大幅に下落した際にも、ユーザーのアクセスに変化は見られず、デザインや機能を重視する傾向にあるようです。


カカクコムでは、「携帯電話番号ポータビリティ」(MNP)の導入により、キャリア間での乗り換えの敷居が低くなると、利用者が携帯端末購入時に「機能」や「デザイン」を重視する傾向が更に強まることを推定し、携帯カテゴリを大幅リニューアルすることにいたしました。
まずは、従来提供していた『電話・携帯』カテゴリから、携帯関連サービスを切り出し、携帯電話カテゴリのポータル化を目指してまいります。


第一弾として、スペックデータを刷新し、基本的な端末機能はもとより、音楽やワンセグ対応といったエンタメ機能、カメラ機能、端末形状や決済・セキュリティに関する情報、製品画像一覧まで携帯端末に関するあらゆる情報を網羅致します。
これにより、機能を重視するユーザー、デザインを重視するユーザー双方へ、利便性の高いスペック検索機能の提供が可能となります。
また、利用者から数多く寄せられているユーザレビューの投稿内容を検索結果に反映させることで、ユーザー満足度を軸にした比較検討が更に便利に使いやすくなります。
最新情報に関しては、モバイル関連ニュースサービスの「ケータイ Watch」と提携し、新しい情報を随時提供していきます。
今後は現状各キャリアのサイトのみで展開されている、全国のキャリアショップ検索機能なども追加しながら、コンテンツの強化を随時行ってまいります。


今後もカカクコムでは、コンシューマー・エージェントナンバーワン企業を目指し、ユーザー視点によるサービスの提供、公平・中立な情報発信を心がけ、購買支援サービスの更なる拡充を図ってまいります


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役:田中 実
事業内容:
価格比較サイト『価格.com』の企画・運営
・パソコン、同周辺機器、家電他の価格情報・商品情報提供
・保険、通信分野のサービス・料金比較情報提供
・インターネット広告
・情報コミュニティの運営 など
直前ホテル予約サイト『yoyaQ.com』の企画・運営
・宿泊施設(ホテル)の価格情報・商品情報提供
グルメコミュニティサイト『食べログ.com』の企画・運営
・レストランのクチコミ情報提供
事業理念:ユーザー本位の新しい購買支援サービスを創出しつづける


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム  広報担当 甲斐
tel:03-5805-7511
e-mail: pr@kakaku.com

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?