ドワンゴと魔法のiらんど社、電子書籍サイト「魔法の図書館plus」を iモード(R)向けに11月20日よりサービス開始

株式会社魔法のiらんど/株式会社ドワンゴ 2006年11月20日

株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林宏)と株式 会社魔法のiらんど(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷井玲、以下 「魔法のiらんど社」)は、魔法のiらんど社が運営する「魔法のiらんど」の 人気コーナー「魔法の図書館」のサービスを拡充させたiモードメニューサイ ト「魔法の図書館plus」を、11月20日(月)より共同でサービス開始します。

 ■ 総合携帯電子書籍サイト「魔法の図書館plus」をサービス開始 ■

 「魔法の図書館」は、携帯電話・PCから無料でホームページを作成できるサ
ービスとして1999年12月にスタートした日本最大級のコミュニティーサイト
「魔法のiらんど」にて、携帯から小説を執筆し公開できる人気コーナーです。
本コーナーより出版された小説はいずれもヒットを記録しており、現在までに
全10タイトルで合計約250万部を市場に送り出し、10月7日に発売された作品
『恋空~切ナイ恋物語~(上)(下)』においては発売一ヶ月で上下巻合わせ
発行部数100万部に到達しました。
 今回、魔法のiらんど社とドワンゴが、iモードメニューサイト向けに11月2
0日(月)より共同でサービス開始する「魔法の図書館plus」は、「魔法の図
書館」より書籍として発売されているケータイ小説のみならず、人気コミック
やノベルを加えて、専用ビューワーを用いていつでも手軽に楽しめる総合携帯
電子書籍サイトです。

■ 「魔法の図書館プラス」サイト概要
 同サイトで配信されるコンテンツは、話題のケータイ小説やコミック、ノベ
ルのほか、日替わりのオリジナル・ショートストーリーなどが毎日更新され、
毎月10タイトル以上が追加される予定で、「魔法の図書館」発ヒット作品のオ
リジナル外伝も続々登場予定。オリジナリティと斬新さ、そしてエンタテイン
メント性の高いコンテンツが、ケータイ電子書籍を通じて広がっていきます。
また、同サイトにて使用するポイントは、ドワンゴが運営するdwango.jp各サ
イトとも共通で利用でき、ポイントが足りない時や余った時は、各サイト間と
共用することで、効率的に購入することができます。さらに、コミック一巻分
をまとめてお得に購入できるパック配信も行い、コンテンツの試し読み(一部
コンテンツを除く)も可能です。
 「魔法の図書館plus」で配信されるコンテンツは、専用ビューワー用のデー
タに加工して、画像や音楽、バイブレーションといった携帯電話の機能を利用
し、テキストのみでは表現できない効果の追加により、ユーザーは一層作品を
深く体感できます。

■ 配信ジャンル/コーナー/主な配信タイトル例
 ケータイ小説は魔法の図書館作品をスタート時5タイトル、コミックは有名
作家のコミックなどをスタート時70タイトル、ノベルは有名作家の小説作品を
スタート時10タイトルで、配信します。(別表参照)

 ● その他コンテンツ
  ゲームクリエイター・渡辺浩弐書き下ろしによる日替わりの『オリジナル・
 ショートストーリー』や、4コママンガのコーナーがあります。

※配信ジャンル/コーナー/主な配信タイトル例 別表

◆配信ジャンル/コーナー名
 ケータイ小説/魔法のコレクション
◆タイトル/作者・編者/備考
 恋空/美嘉  
 teddybear/べあ姫  
 また会いたくて/SINKA  
 もしもキミが。/凛  
 クロスロード/泉忠司・晴香葉子/外伝『あの日の選択(慎太郎物語)』をサ
              イトオリジナルの書き下ろし作品として初公開

◆配信ジャンル/コーナー名
 コミック/コミックの泉
◆タイトル/作者・編者/備考
 うしおととら/藤田和日郎  
 からくりサーカス/藤田和日郎  
 イタズラなKiss/多田かおる  
 プリンセス・アイ物語/コートニー・ラヴ原作  
 妖逆門デジタルコミック/妖逆門制作委員会/サイトオリジナル書き下ろし

◆配信ジャンル/コーナー名
 ノベル/小説の森/
◆タイトル/作者・編者/備考
 姑獲鳥の夏/京極夏彦/12月に配信予定
 新宿鮫/大沢在昌  
 サルに教える映画の話/井筒和幸  
 死にたい/タナトス  
 思い出に残る食事/西村博之  

※配信コンテンツは随時追加されます。

■ 「魔法の図書館plus」サービス概要
【 iモード 】
・サービス名:「魔法の図書館plus」
・配信開始日:2006年11月20日(月)
・利用料金:月額315円(税込)/30pt、月額525円(税込)/50pt 
                        (1コンテンツ2ptから)
      個別ダウンロード課金/21円(税込)から
・対応端末:NTTドコモ FOMA(R) 700i、900iシリーズ以降
     (端末詳細はサイトをご確認下さい)
・提供:株式会社ドワンゴ/株式会社魔法のiらんど
・アクセス方法:[i Menu]⇒[メニュー/検索]⇒[コミック/小説]
             ⇒[小説ジャンル]⇒[魔法の図書館plus]

■ 一般からのお問い合わせ先:ドワンゴお客様サポート 
  TEL:03-5614-7308
   (リンク »)

-------------------------------------------------------
            「魔法のiらんど」とは?
1999年12月にスタートしたコミュニティーサイト。携帯電話・PCから無料で
ホームページを作成できるサービスとして、携帯インターネットの普及ととも
に拡大し、2006年6月末日現在月間12億ページビュー(PC2億2000万ページビ
ュー・モバイル9億8000万ページビュー)、累計ID数480万を数える日本最大級
のサイト。「魔法の図書館」は、ユーザーが自由に小説を執筆し公開できる同
サイトの機能を利用した人気コーナーです。
-------------------------------------------------------
             株式会社魔法のiらんど
法人向けのコンピュータソフトウェア開発会社、株式会社ティー・オー・エス
として、1989年4月設立。1999年12月に携帯電話から無料でホームページが作
成できるコンシューマー向けサービス「魔法のiらんど」をスタートし、以後、
着メロ着うた総合サイト「魔法のメロらんど」などのモバイル向け有料公式サ
イト、Eコマースサイト「魔法SHOP」といったサービスを展開しています。200
6年4月に株式会社魔法のiらんどに社名変更。サービスの中核「魔法のiらんど」
は月間12億ページビュー、登録ID数480万におよぶ巨大サイトに成長しました。
近年、ユーザーの自由投稿による“ケータイ小説”が注目を集め、オンライン
上で人気となった作品が続々書籍化されています。
(リンク »)
------------------------------------------------------
            株式会社ドワンゴについて
株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 宏)は、ゲ
ームや音楽をはじめとするエンタテインメント分野において、次世代ネットワ
ークコミュニケーションの創出を目指す、ネットワーク・エンタテインメント・
カンパニーです。ゲームシステムの開発、運用を通じて培った高度なネットワ
ーク技術と、エンタテインメント性を融合させた、良質なコンテンツを様々な
プラットフォーム向けに提供しています。 (リンク »)
------------------------------------------------------
           <報道関係のお問い合わせ先>
株式会社魔法のiらんど 伊東 TEL:03-5226-0805 
              E-Mail:toshiaki_itou@maho.jp
株式会社ドワンゴ 小野崎、原田、佐々木 TEL:03-5649-7051 
                   E-Mail:dwango-pr@dwango.co.jp
ドワンゴPR事務局:内海、北川、寺田 TEL:03-3401-7000 
                 E-Mail:dwango-pr@rd-j.com
画像素材および画像ご使用時のコピーライト表記等に関しましても、上記お問
い合わせ窓口までご連絡ください。
画像をご使用の際はコピーライト表記 
(c)2006 Maho-iLand/(c)2006 DWANGO.Co.,Ltd.
------------------------------------------------------
「iモード」「FOMA」はNTTドコモの登録商標です。
各社の社名、製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?