ウォッチファイア、IDCのアプリケーション脆弱性検査市場のシェア調査で2年連続首位を維持

~ 「AppScan」がアプリケーション脆弱性検査分野で成長率トップに ~

ウォッチファイア・ジャパン株式会社 2007年01月22日

(米国マサチューセッツ州ウォルサム 1 月 16 日(現地時間)発表)

米国ウォッチファイア社(本社:マサチューセッツ州ウォルサム、社長兼CEO:ピーター・マッケイ、以下ウォッチファイア)は、IT関連の大手市場調査およびコンサルタント会社のIDCが行った調査により、アプリケーション脆弱性検査分野のマーケット・シェアにおいてアプリケーション脆弱性検査ソリューション「AppScan(R)」が2年連続で首位となったことを発表しました。IDCの「Worldwide Security and Vulnerability Management(SVM) software report」(注)の最新版によると、ウォッチファイアはアプリケーション脆弱性検査市場の分野で2005年に引き続き首位を維持し、さらに世界市場におけるシェアをさらに拡大しました。

IDCは、SVMソフトウェア市場の全世界の売上高が2010年には34億ドルに達すると予測しています。ウォッチファイアの「AppScan」は、「アプリケーション脆弱性検査ソフトウェア」のカテゴリーにおいて2005年の26.7%から27.8%に世界マーケット・シェアを伸ばし、2年連続で首位を維持しました。これにより、シェア第2位との差は35%拡大しました。ベンダー別世界脆弱性検査ソフトウェア売上高ランキングのトップ10にも連続で入り、その順位は5位となりました。また脆弱性検査分野全体においても、アプリケーション脆弱性検査ベンダーとして唯一、上位5社にランクされています。このレポートは、ウォッチファイアが安定した将来性を備えていることを示しており、SVM市場でも特に急速に伸びつつあるアプリケーション脆弱性検査分野でマーケット・シェアをリードしていくことになると予測しています。IDCは、アプリケーション脆弱性検査分野について2010年までの複合年間成長率を33%と予測しています。

■ウォッチファイアの「AppScan」について
「AppScan」はこれまで人的な作業に頼っていたWebアプリケーションの脆弱性診断を自動化するソフトウェア製品です。診断対象となるWebサイトに対し、「構造解析」「テスト」「評価/分析」の3つのフェーズを自動で実行し、詳細な分析結果をレポートファイルとして出力します。担当者はその分析レポートをもとに脆弱性が認められたWebアプリケーションを修復し、自社のWebサイトの安全性を常時高いレベルで維持していくことが可能です。診断に要する時間は、大規模サイトにおいても通常数十分から数時間以内で完了するため、業務への影響も最小限に留めることができます。「AppScan」を導入し継続的に使用することにより、Webサイト管理者はいつでも簡単に自社のWebアプリケーションの脆弱性を診断することができるようになり、脆弱性の早期発見によって悪質な攻撃を抑制することで、企業の信頼性を高いレベルで維持していくことができます。

■ウォッチファイアについて
ウォッチファイアは、企業や政府機関など膨大な情報を抱えるWebサイトのセキュリティやコンプライアンスに関するリスクを早期に発見し、信頼性の高いWebサイトを継続的に運用していくためのソフトウェアとサービスを開発・販売しています。現在AXA Financial, SunTrust, HSBCなどの金融機関や米国復員軍人援護局などの政府機関、VodafoneやDell などのIT企業をはじめとした世界の800を超える企業や政府機関が、Webサイトの信頼性向上のためにウォッチファイアのソリューションを利用しています。ウォッチファイアは1996年に設立され、米国マサチューセッツ州ウォルサムを本拠地として、IBM Global Services, PricewaterhouseCoopers, Sapient, Microsoft, Interwoven, WebTrends, EMC Documentum , Mercuryとのパートナーシップのもと、米国、カナダ、イスラエル、シンガポール、アイルランド、日本の各拠点で活動しています。日本法人は2005年に設立されました。ウォッチファイアに関する詳細は、 (リンク ») でもご参照いただけます。

本資料は、米国にて1月16日(現地時間)に発表されたプレスリリースの抄訳です。原文は以下のURLでご覧いただけます。
(リンク »)

(注)Worldwide Security and Vulnerability Management Software 2006-2010 Forecast and Analysis: Managing Security Knowledge and Control, IDC #204693, December 2006

■本件に関する一般のお客様からのお問合せ先
ウォッチファイア・ジャパン株式会社 雨宮
TEL: 03-5789-5962 FAX: 03-5789-5757 japansales@watchfire.com

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
ウォッチファイア・ジャパン株式会社 広報担当
(株式会社プラスワン・コミュニケーションズ内) 池田/田中
TEL: 03-3443-1007 FAX: 03-3443-1008 contact@plusonecomm.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!