スターティア、Rubyで構築したCMS(コンテンツマネジメント・システム)『Digit@link(デジタリンク)CMS』がバージョンアップ-多国語対応コンテンツに対応

スターティア株式会社 2007年02月23日

 スターティア株式会社(東京都新宿区 代表取締役 本郷秀之 証券コード3393)は、Rubyで構築したCMS『Digit@link(デジタリンク)CMS』のバージョンアップを行い多国語対応コンテンツにも対応したと発表した。

報道関係資料
==================================================================
スターティア、Rubyで構築したCMS(コンテンツマネジメント・システム)『Digit@link(デジタリンク)CMS』がバージョンアップ-多国語対応コンテンツに対応
(リンク »)
==================================================================
 スターティア株式会社(東京都新宿区 代表取締役 本郷秀之 証券コード3393)は、Rubyで構築したCMS『Digit@link(デジタリンク)CMS』のバージョンアップを行い多国語対応コンテンツにも対応したと発表した。

 今回のバージョンアップにより追加された新機能は、次のとおりである。
■製品概要
 今回のバージョンアップでは『Digit@link (デジタリンク) CMS』に多国語対応コンテンツを対応させた。これにより世界各国の言語に対応したWEBサイトの構築ができるようになる。
 これまで『Digit@link (デジタリンク) CMS』は文字コードにEUCを利用していたが、今回のバージョンアップではUTF-8に対応し、日本語、英語以外に中国語やロシア語など多くの言語への対応が可能になった。
 またトップページから現在のページまでの道のりを示したパンくずと呼ばれる機能の拡充も行い、サイト管理者が道のりの表示を自由に制御することができるようになる。その為、これまでよりユーザビリティの高いWEBサイトの構築が可能となる。
 すでに顧客から中国語と韓国語と日本語でサイトを作りたいという引き合いもでてきており、スターティアでは今後、海外に拠点を構える企業や海外向けに製品を提供している製造業などへも販売を行っていきたいと考えている。

『Digit@link(デジタリンク)CMS』WEBサイト  (リンク »)

【スターティア株式会社について】
 東京都新宿区に拠点を置く、通信機器販売会社。オフィスのインフラを総合的に提案するワンストップシステムを採用し、中小企業のオフィスをトータルプロデュースする。
2005年12月東証マザーズ上場。

【本件に関するお問い合わせ】
スターティア株式会社
経営戦略室 『Digit@link (デジタリンク)CMS』担当
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル2階
Tel 03-5339-2101 FAX 03-5339-2102
e-mail:info@startia.co.jp
URL: (リンク »)

以上

このプレスリリースの付帯情報

『Digit@link(デジタリンク)CMS』画像

用語解説

■用語解説
【『Digit@link(デジタリンク)CMS』とは】
 『Digit@link(デジタリンク)CMS』はRubyによって構築された、従来のwikiを利用したCMS「ビジネスウィキ」の高機能版にあたる。
 オープンソースであるFCKeditorを利用した WYSIWYGエディタ(ウィジウィグ)搭載により、Webサイトをワープロ感覚で直接編集することを可能にした。他、データベース不使用による管理・設定作業の簡略化、静的WEBサイト構築が可能になったことによるセキュリティやSEOの強化など、BLOGよりも更に簡単に、かつ効果的なWEBサイトを構築できる。導入の際はWebサイトをすべてリニューアルする必要はなく、サイト内の一部分(一部のディレクトリ)のみ『Digit@link(デジタリンク)CMS』を利用することもできる。
2006年8月より販売開始。

【Ruby (ルビー)】IT用語辞典e-wordsより引用
 まつもとゆきひろ氏が開発したスクリプト言語とその処理系。オブジェクト指向的な言語構造になっているが、通常の手続き型のプログラミングも可能。C++言語などの本格的なオブジェクト指向言語では大げさと思われるプログラミングを支援することを目的としている。作者が個人で開発しているフリーソフトウェアである。Rubyは、Perlと同じくらい強力なテキスト処理能力、シンプルな文法などの特長をもっている。インタプリタ型言語であるため、プログラムを作成したら、コンパイルなどの処理を行なうことなく、すぐに実行することができる。UNIX上だけでなく、MS-DOS、Windows、Mac OS、BeOSの各プラットフォームにも移植されている。

【UTF-8 (ユーティーエフエイト)】IT用語辞典e-wordsより参考
 UCS-2やUCS-4(Unicode)で定義される文字集合を用いて記述された文字列をバイト列(数値の列)に変換する方式の一つ。UTF-8では1文字を1~6バイトの可変長の数値(バイト列)に変換するようになっているが、現在定義されているUnicode文字をUTF-8で表現した場合、最長で4バイトのバイト列に変換される。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スターティア株式会社の関連情報

スターティア株式会社

スターティア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR