ブロードバンド接続と高いPC所有率によって生まれるアジア太平洋地域のホームネットワークの大きなビジネスチャンス

株式会社データリソース 2007年02月27日

米国の調査会社インスタット社によると、アジア太平洋地域における高度なホームネットワークアプリケーションへの関心は高まっており、ホームオートメーション、ホームセキュリティ、ネットワークサポートサービスの市場導入は初期段階にあるが、アジア太平洋地域の家庭向けパソコン利用者はすでに受入れ可能な段階にあるという。

アジア太平洋地域において、高度なホームネットワークアプリケーションへの関心が高まっていると米国調査会社インスタット社は報告する。ホームオートメーション、ホームセキュリティ、ネットワークサポートサービスの市場導入は初期段階にあるが、アジア太平洋地域の家庭向けパソコン利用者はすでに受入れ可能な段階にあると同社は述べている。これらの結論は、アジア太平洋地域の6カ国の国々での、PCユーザを対象としたインスタット社の消費者調査の結果に基づいている。

「アジア太平洋地域のデジタルホームデバイス/アプリケーションの初期導入者は、発展した国にも発展途上の国にもいる。家庭でのネット接続や、家庭での仕事やエンターテインメントに関する情報の質に関して、熱心に安い価格のものを探し求めている」とインスタット社のアナリストVictor Liu Zhoujiao氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 無線ブロードバンドとFTTH/Xの準備が整うまでは、アジア太平洋地域での主要なブロードバンド接続方法はケーブルモデムとxDSLである。
■ 調査回答者の60%以上が、家庭に1台以上のPCを所有している
■ ネットワークルータを購入するつもりである回答者の約半数は小売店に買いにいくと回答した

インスタット社の調査レポート「アジア太平洋地域のデジタルホーム市場:ユーザ調査で知る利用状況と評価 - Digital Home: Asia/Pacific Consumer Adoption and Perception」は、アジア太平洋地域のホームネットワーキングアプリケーションに関する消費者の姿勢を調査している。オーストラリア、中国、インド、日本、シンガポール、韓国のアジア太平洋地域の6カ国について、ブロードバンドインターネットの接続、ホームネットワーク、さまざまなデジタルホームクライアントデバイス、ホームアプリケーションに関する関心のレベル、現在の利用状況を調査している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アジア太平洋地域のデジタルホーム市場:ユーザ調査で知る利用状況と評価
Digital Home: Asia/Pacific Consumer Adoption and Perception
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR