シンタックス・ブリリアン、日本市場向け Olevia(TM) HDTVを発表

~世界のOlevia(TM) ブランドが、日本のパブリック ディスプレイおよび一般商業市場にデビュー~

Syntax-Brillian Corporation 2007年03月14日

米国アリゾナ州テンペ発 - 2007 年 3 月 9 日 - 北米で最も急成長しているデジタルエンターテインメント企業の 1 つである Syntax-Brillian Corporation(本社:米国アリゾナ州、会長兼CEO:Vincent Sollitto、Nasdaq: BRLC)は本日、数々の賞に輝く同社の HDTV(ハイビジョンテレビ)の人気ブランド 「Olevia(TM)」の発売により日本市場に参入し、日本のパブリック ディスプレイおよび一般商業市場に展開することを発表しました。


このOleviaは、ハイビジョンVOD(ビデオ・オン・デマンド)機器およびサービスの提供で日本市場をリードするブリッジ・モーション・トゥモロー株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役 CEO:浅水 博、以下、BMT)とのパートナー関係を基盤に、2007年3月後半より日本市場にデビューを果たします。Oleviaのデビューを飾る最初の顧客となるのが日本の通信業界最大手NTTグループで、巨大な日本のパブリック ディスプレイ市場および一般商業市場に特化したOleviaブランドの42インチハイビジョン液晶テレビ3,000ユニットを受注しています。30 万人の従業員および数多くの施設・設備を擁し総売上900億ドルを超えるNTTグループは、株式会社 OJ(本社:千葉県千葉市、代表取締役:平林真一、以下:オリビアジャパン)の主要な顧客になると考えられます。


BMT は、今後も、オリビア ジャパンの日本市場でのマーケティング、物流、サポート パートナーとしての役割を果たし、法人顧客の掘り起こし、マーケティング活動の調整、ブランド戦略の推進、日本のパブリック ディスプレイ市場および商業市場におけるオリビア ジャパンの日本市場でのシェア拡大を支援します。


シンタックス・ブリリアンは、BMTからすでに42 インチハイビジョン液晶テレビを20,000 ユニット受注しており、2007 年第 2 四半期から出荷を開始する予定です。また シンタックス・ブリリアン は、2007 年後半に日本の企業および一般の商業市場向けに、シャープ株式会社が提供する最先端の120ヘルツパネルを搭載した 42インチ、47インチ、52インチ、65インチのOlevia フルHD ハイビジョン液晶テレビを投入する予定です。現在のところシンタックス・ブリリアン は、2007年のオリビア ジャパンの出荷実績を、50,000 ユニット程度になると予測しています。


オリビアジャパンのハイビジョン液晶テレビは、電力供給、ノイズ、電磁放射においてFCC(米連邦通信委員会)規制のクラスB認定に相当する日本の基準、VCCIを満たしていることが認められていると共に、日本における環境保護関連の各種規制に準拠しています。日本市場向けの Olevia ハイビジョンテレビは、日本の企業や一般商業市場で最も厳格な要件が求められる水準を満たす製品だけに認められるこれらの基準を満たしている唯一の外国製ハイビジョンテレビです。


シンタックス・ブリリアン の CEOであるVincent Sollitto は次のように述べています。
「BMTならびに NTT グループ様のように優れた能力と豊富な経験を有する企業とのパートナー関係を基盤に、Olevia が日本市場へデビューを果たせたことは非常に幸運だと思います。私たちは日本の市場に Olevia ブランドをしっかり根付かせていく中で、卓越した品質と革新性に対する確固とした評価を確立していくと共に、これからもアジア太平洋地域への市場展開を広げていきたいと考えています。」


BMTの代表取締役 CEOである浅水博氏は次のように述べています。
「Olevia は日本にとって新しいブランドですが、その優れた品質と技術面の卓越性を追求する姿勢には非常に感銘を受けています。Oleviaは、既存のトップブランドと同等の性能をよりリーズナブルな価格で提供できる最高水準のハイビジョンテレビとなるでしょう。私たちは日本市場に Olevia の確固とした基盤を築き上げると共に、新しい製品とテクノロジーを紹介していけることを楽しみにしています。」


オリビアジャパンの代表取締役に就任した平林真一は、以前は株式会社東芝のジェネラルマネージャーとして同社製PC の世界展開を統括し、光および液晶ディスプレイの技術や機器に関する複数の特許を保有しています。今後オリビアジャパンは、千葉県幕張を中心に業務を展開していく予定です。


オリビアジャパンの代表取締役として、同氏は BMT と協力して日本市場のニーズに合わせた新製品、製品強化、技術仕様の開発にあたると共に、現在のオリビアジャパンの業務を統括していくことになります。また、新しいリモコンの開発および日本語版ユーザーマニュアルの作成も管理します。


また、将来は BMT と共同で日本市場向けに新しい 42、47、52、65 インチ液晶ディスプレイの設計と開発を行っていく計画にあります。また、平林氏の管理体制の下、オリビアジャパンは専門家で構成されたエンジニアリングチームの知識と経験を生かすと共に、日本の最先端技術を取り入れた革新的な Olevia 製品を開発する世界レベルの R&D(研究開発)センターとしての役割を果たすことが期待されています。


Oleviaの日本デビューは、アジア太平洋地域における Olevia ブランドの成長にとっても重要なステップです。Olevia は、2007 年 3 月 2 日に台湾でのデビューを果たし、特に台湾のホームシアターおよびハイレベルなAV市場向けに開発した一連のハイエンドなハイビジョンテレビを発表しています。シンタックス・ブリリアン は、北京オリンピック開催を受け日本市場における Olevia ハイビジョン テレビへの需要は 2008 年に増加することを見込んでおり、年間出荷台数は 60,000 から 80,000 ユニットに達すると
予測しています。




Syntax-Brillian Corporation について
Syntax-Brillian Corporation (www.syntaxbrillian.com)はLCD、LCoS(TM) HDTV、デジタルカメラ、マイクロ ディスプレイ エンターテインメント製品の分野において世界をリードするメーカー、マーケターの1社として広く知られています。


同社が提供している製品には、グローバル規模で最も急成長しているテレビブランドに数えられるハイビジョン ワイド画面液晶テレビのOlevia(TM)ブランド(www.Olevia.com)およびLCoS(TM)テレビ、またデジタルスチール/ビデオカメラのVivitar(R)ブランドなど、業界をリードする幅広い範囲の製品が含まれています。アジア地域を網羅したサプライチェーンを構築し製造・物流のグローバルネットワークと統合することで全世界を網羅した販売チャネルをサポートしているSyntax-Brillian は、消費者向けデジタル エンターテインメント製品の分野におけるマーケット リーダーを自認しています。


Olevia(TM)、Brillian(TM)、LCoS(TM)、Vivitar は Syntax-Brillian Corporationの登録商標または商標です。その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


将来に関する記述
本プレスリリースには米連邦証券取引関連各法に規定されている将来に関する記述が含まれている場合がありますが、これらの将来に関する記述には該当各法の免責条項が適用されます。将来に関する記述には、日本市場におけるOlevia テレビのデビュー、NTTグループからの最初の受注量、NTTグループがOlevia の主要顧客になるという見込み、Oleviaのマーケティングおよび流通に求められるニーズをBMTが満たす能力、42 インチ液晶テレビの導入予定、LCD 1080p HDTV の導入および販売の予定、日本市場において卓越した品質と革新性に対する評価を確立する Syntax-Brillian の能力、ティア1 製品に匹敵する性能を提供する Olevia 製品の能力、日本での Olevia ビジネス遂行において株式会社 OJ の代表取締役平林真一が果たす役割および BMT との協業において新製品・製品強化・技術的なデザインの発展を促す能力、2008年北京五輪に向けた日本市場におけるOleviaハイビジョン液晶テレビへの需要増の予測などが含まれますが、これらだけに限られるものではありません。将来に関するこれらの記述の基盤となっている重要な各種要因によって、実際の結果が本プレスリリースの将来に関する記述と異なる場合があることを、Syntax-Brillianはここに注記します。このような要因には、Syntax-Brillia 製品に対する市場環境の変化、顧客の製品に対する市場環境の変化、商業的に受け入れられる性能を発揮するSyntax-Brillia の製品力、ビジネスを成功へと導くためのSyntax-Brilliaの個人的・集合的管理能力、その他 Syntax-Brillia がSEC(米国証券取引委員会)に提出した Annual Report(Form 10-K)に記載されている各種リスクが含まれますが、これらだけに限られるものではありません。

このプレスリリースの付帯情報

OLEVIA 542N

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Syntax-Brillian Corporationの関連情報

Syntax-Brillian Corporation

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR