モリテックス販売、米国ウエストオーバー社製ファイバ端面スコープの 新タイプを発売

モリテックス販売株式会社 2007年03月28日

 マシンビジョンシステムと画像・光通信・バイオ関連メーカーの株式会社モリテックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森田茂幸、証券コード:東証一部7714)のグループ会社であるモリテックス販売株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木村雅宣)は、このたび、光ファイバ端面の手軽な検査を実現する米国WESTOVER SCIENTIFIC(ウエストオーバー・サイエンティフィック)社製「ファイバ端面スコープ」新タイプの販売を開始しました。
 モリテックス・グループでは、学校や研究所、生産現場、などあらゆる場所での光ファイバ敷設やメンテナンスに役立つファイバ端面検査ツールとして、米国WESTOVER社製のマイクロスコープを1999年より輸入販売、業界から高い評価をいただいてきました。
 今回新たに発売するファイバ端面スコープは、持ち運びに便利で、かすりキズや汚れ、付着物、などを簡単に目視検査することのできるハンディタイプの「FMシリーズ」と設備コストをかけずに生産現場での検査スピードを大幅に短縮させることのできるビデオタイプの「FVシリーズ」です。
 従来品と比べ、ハンディタイプの「FMシリーズ」では高輝度青色LEDを採用、より鮮明な画像をチェックすることが可能となりました。同軸照明の「FM-C」と斜光照明の「FM-L」があります。
 また、ビデオタイプの「FVシリーズ」は、微妙なキズや汚れを確認するためにコントラストを変えて画像をチェックすることのできるスクラッチビューボタンを新たに装備しました。モニタ別売タイプ、モニタ一体型タイプ、モニタセットタイプがラインナップされています。
 両シリーズに共通のアダプタが豊富に用意されているため、様々な光コネクタと接続して使用することができるのも特長です。
 モリテックス販売では、本格的なFiber To The Home時代へ向け、「より低コストでファイバ端面を迅速・高精度にチェックしたい」というニーズに的確に対応してまいります。

■ ハンディタイプ「FMシリーズ」
<今回の発売機種と価格>
●FM-C(同軸照明)/倍率:100倍・200倍・400倍/¥53,800(税込)
●FM-L(斜光照明)/倍率:100倍・160倍・200倍/¥53,800(税込)
<上記各機種に共通の主な特長>
・ 軽量、コンパクトなハンディタイプ。
・ 同軸照明によりファイバ端面全体を検査できる「FM-C」と斜光照明によりコアの状態を検査できる
 「FM-L」の2タイプを用意。
・ アダプタが豊富なため、様々な光コネクタと接続可能。
・ ファイバ内のレーザー光から目を守る防護フィルタを装備。
・ サンプルのアライメント調整が不要。
・ 高輝度青色LEDの採用で、より鮮明な画像をチェック可能。
・ 低価格、ハイコストパフォーマンス。
・ 電源:アルカリ電池
・ 光コネクタ:FC、SC、ST、MT、APC8°、他
・ サイズ:225×50×33mm
・ 重さ:540g

■ ビデオタイプ「FVシリーズ」
<今回の発売機種と価格>
●モニタ別売タイプ
・ FV80x/倍率:80倍/¥146,000(税込)
・ FV200x/倍率:200倍/¥146,000(税込)
・ FV400x/倍率:400倍/¥146,000(税込)
●モニタ一体型タイプ
*モニタ一体型のため現場でのチェックが可能。
・ FVIW-209/倍率:200倍、9インチモニタ/¥219,000(税込)
・ FVIW-212/倍率:200倍、12インチモニタ/¥225,000(税込)
・ FVIW-409/倍率:400倍、9インチモニタ/¥219,000(税込)
・ FVIW-412/倍率:400倍、12インチモニタ/¥225,000(税込)
●モニタ一体型タイプ(1台で2スコープ)
*1台で2つのスコープを搭載、ボタン1つで切替可能。
・ FVDW-2409/倍率:200倍と400倍、9インチモニタ/¥309,000(税込)
・ FVDW-2209/倍率:200倍と200倍、9インチモニタ/¥309,000(税込)
・ FVDW-4409/倍率:400倍と400倍、9インチモニタ/¥309,000(税込)
●モニタセットタイプ
*モニタをセットするタイプで基本的にはモニタ一体型タイプと同じです。
・ FVW-209/倍率:200倍、9インチモニタ/¥190,000(税込)
・ FVW-212/倍率:200倍、12インチモニタ/¥190,000(税込)
・ FVW-409/倍率:400倍、9インチモニタ/¥190,000(税込)
・ FVW-412/倍率:400倍、12インチモニタ/¥190,000(税込)
<上記各機種に共通の主な特長>
・ モニタ上でファイバ端面チェックが可能。
・ 検査スピードを大幅に短縮。
・ トータルシステムで低価格を実現。
・ 軽量、コンパクト、簡単操作。
・ コントラストを変えて見ることができるスクラッチビューボタンを搭載。
・ 電源:120V AC/12V DCアダプタ
・ 光コネクタ:FC、SC、ST、MT、APC8°、他
・ サイズ:114×64×216mm
・ 重さ:2.0kg
■ コネクタアダプタ(FMシリーズとFVシリーズに共通)
■ 販売目標
  初年度 100台

このプレスリリースの付帯情報

ビデオタイプ「FVシリーズ」

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

モリテックス販売株式会社の関連情報

モリテックス販売株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!