Acer 社、グローバルな業務の合理化に Agile PLM を選択

アジャイル・ソフトウェア株式会社 2007年04月02日

プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションのリーディング・プロバイダである Agile Software Corporation(Nasdaq: AGIL、日本法人: アジャイル・ソフトウェア株式会社、東京都中央区、以下「アジャイル」)は本日、PC のトップブランド企業である Acer 社(本社:台湾台北市、以下「エイサー社」)が、同社のグローバルなPLM ソリューションとしてAgile PLM を採用したことを発表しました。IT 業界のグローバルリーダーであるエイサー社は、製品の市場投入を加速し、また、グローバルな業務と広範なサプライチェーン全体に対して、新規および変更されるプロダクトレコード情報の可視化、管理、コラボレーションを改善して合理化するため、Agile Product Collaboration および Agile Product Portfolio Management の導入を決定しました。PLM 市場を広範に調査した結果、エイサー社は、エレクトロニクスおよびハイテク業界においてPLM 市場のリーダーとして優れた評価を得ているアジャイルのソリューションを選択しました。

エイサー社の、品質およびサービス事業部門最高品質責任者であるリチャード・ライ(Richard Lai)氏は、「グローバルな競争下にある IT ソリューション市場で成功を収めるには、エイサー独自の取り組みについて理解してくれているパートナーとの協調が欠かせません。アジャイルの支援によって、グローバルな生産拠点とサプライパートナーの複雑な製品ポートフォリオを可視化してアウトソース先の生産能力を有効に活用することができるでしょう。可視化することによってパートナー企業とのコラボレーションがより効果的になり、より適切な製品開発投資が実現します。」と語っています。

台湾に本社があり、全世界で 5,600 名の従業員を擁するエイサー社は、ノートおよびデスクトップ PC、サーバおよびストレージ機器、LCDモニタ、ハイビジョンテレビ、PC 周辺機器、並びに一般企業、行政・教育機関、およびホームユーザー向けの e-ビジネスソリューションなど、同社のブランド製品をグローバル市場に展開することに注力しています。製品の生産については、その大部分を、戦略的パートナーやサプライヤにアウトソーシングしています。

複数のアウトソースパートナーで製造される広範な製品ポートフォリオを持つエイサー社は、グローバル市場のニーズを満たす革新的な高品質製品を開発するため、一元化された製品情報管理システムを必要としています。Agile Product Collaboration により、同社は製品/技術情報を完全に把握し、広範なサプライチェーン全体に対して、新規の、もしくは変更される製品情報のエンタープライズレベルの可視化、管理、コラボレーションを強化できます。必要なすべての製品情報へのセキュアなアクセスによって、グローバルな生産拠点とサプライパートナーネットワーク全体の複雑な製品ポートフォリオを管理できます。Agile Product Portfolio Management は、世界各国の市場へのエイサー社の新製品投入を加速します。緊密に同期されたプログラムおよび製品情報、最大化されたリソース活用、プログラム間および企業間の可視性向上、さらにプロダクト・ライフサイクルでの意思決定サポートを提供することによって、Agile Product Portfolio Management は、エイサー社が製品開発投資を最大限に適切化できるよう、支援します。
アジャイルの CEO 兼プレジデントであるジェイ・ファルチャーは次のように語っています。「エイサー社がグローバル ITソリューション市場のリーディングブランドであり続ける理由は、グローバル市場の製品ニーズを迅速に見極め、そのニーズを満たす製品を開発する能力によるものです。私たちは、製品開発プロセスに対する深い知識と経験を提供することによってエイサー社のグローバル事業をサポートできることを、光栄に思っています。」

◆エイサー社について
エイサー社は、世界のトップブランドPCベンダーの 1 社であり、人々の目標達成を支援し、人生を豊かにするための使いやすい、信頼できる ITソリューションを設計しています。製造事業分離後は、ノートおよびデスクトップ PC、サーバおよびストレージ、LCDモニタ、ハイビジョンテレビ、PC 周辺機器、並びに一般企業、行政・教育機関、およびホームユーザー向けのe-ビジネスソリューションなど、同社のブランド製品のグローバル市場展開に注力しています。エイサー社のユニークなチャネルビジネスモデルは、同社の近年の成功に寄与してきました。このモデルはサプライチェーンマネジメントの成功例としてパートナー企業やサプライヤのコラボレーションを促し、それによって、エイサー社は先進のテクノロジ、競争力のある価格設定、高品質なサービスを顧客に提供しています。エイサー社は 1976 年に設立され、従業員 5,600 名を擁し、100 カ国以上に存在する販売店や代理店よってサポートされています。2005 年の売上高は 97 億米ドルに達しました。詳細については同社のサイト www.acer.com をご覧ください。

◆アジャイル・ソフトウェア・コーポレーション/アジャイル・ソフトウェア株式会社について
アジャイル・ソフトウェア・コーポレーション(Nasdaq: AGIL 本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO ジェイ・ファルチャー)、およびアジャイル・ソフトウェア株式会社は、企業の利益の改善、製品革新の加速、コスト削減、およびプロダクト・ライフサイクル全体での確実な規制順守を支援します。幅広いエンタープライズクラスの PLM ソリューション、time-to-value に焦点を当てたインプリメンテーション、そしてユニークな成果保証プログラム(Guaranteed Business Results) により、アジャイルは、企業が製品から利益を最大限に引き出せるよう、支援いたします。Alcatel、Bayer、Dell Inc.、Flextronics International、Foxconn、Harris、日立、 Leapfrog、Lockheed Martin、Magna Steyr、Playtex、Siemens、Quanta、QUALCOMM、ZF の各社を始め、自動車、航空宇宙・防衛、一般消費財、エレクトロニクス、ハイテク、工業製品、およびライフ サイエンス業界における 10,000 社以上のお客様が、アジャイルのソリューションを導入しています。詳細については、アジャイル・ソフトウェア・コーポレーションのホームページ( (リンク ») )、アジャイル・ソフトウェア株式会社のホームページ( (リンク ») ) をご覧ください。
     
本件に関するお問い合わせ:
アジャイル・ソフトウェア株式会社 
マーケティング
電話:03-6214-2351
Email: japanmarketing@agile.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アジャイル・ソフトウェア株式会社の関連情報

アジャイル・ソフトウェア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?