Solidcore、Microsoft Windows Embedded Partner ProgramからGold-level Partnerの地位を獲得

Solidcore 2007年04月04日

クリティカルなシステムを対象とした変更管理ソリューションのリーダー企業、Solidcore(R) Systems, Inc.は本日、Embedded Systems Conferenceにおいて、Microsoft Windows Embedded Partner(WEP)プログラムのGold-level Partnerの地位をマイクロソフトから獲得したと発表しました。

Sun Jose, CA, United States, Apr 3, 2007 - (JCN Newswire) - クリティカルなシステムを対象とした変更管理ソリューションのリーダー企業、Solidcore(R) Systems, Inc.は本日、Embedded Systems Conferenceにおいて、Microsoft Windows Embedded Partner(WEP)プログラムのGold-level Partnerの地位をマイクロソフトから獲得したと発表しました。SolidcoreはWindows Embeddedを搭載したソリューションの構築と実現における卓越性を通じ、WEPプログラムでのGold-level Partnerの地位を得ています。

Solidcoreの変更管理ソフトウェアはWindows Embeddedを搭載したソリューション上で透明に実行され、システムのダウンを引き起こす恐れがある不正な、および企業のポリシーに違反したソフトウェア変更を防止します。SolidcoreによってWindows Embeddedソリューションのメーカーは不適切な、またポリシーに違反したソフトウェアの変更によって引き起こされた、現場でのメンテナンス活動を削減することができます。Solidcoreの変更管理ソフトウェアを導入することにより、Windows Embedded搭載機器のメーカーが承認したソフトウェア更新や変更のみが適用されることが保証されます。またSolidcoreの導入によって承認されていないコードが機器上で実行されることがなくなるため、プロセッサに大きな負荷をかけるアンチウィルス・ソフトウェアをWindows Embedded搭載機器上で実行する必要がなくなります。

Microsoft Corp.のWindows Embedded Marketing担当ディレクタ、イリヤ・バクシュタイン(Ilya Bukshteyn)氏は次のように述べています。「SolidcoreがWindows Embedded PartnerプログラムのGold-level Partnerとなったことを喜ばしく思っています。Solidcoreの変更管理ソフトウェアは埋め込みソリューションのコミュニティではすでに確固たる地位を得ており、Solidcoreとの協力の下にWindows Embeddedソリューションの機能をさらに世界中のお客様のために強化できることを楽しみにしています。」

Windows Embedded PartnerのGold-level Partnerを通じ、お客様はWindows Embedded搭載ソリューションの構築と実現に関して卓越性を示す企業を見分けやすくなります。Windows Embedded PartnerのGold-levelステータスはトップレベルのシステムインテグレータ、独立系ソフトウェアベンダー、チップベンダー、独立系ハードウェアベンダー、およびODM(Original Design Manufacturer)の識別に役立ちます。

Solidcoreの社長兼CEO、ローゼン・シャルマ(Rosen Sharma)は次のように述べています。「Windows Embedded PartnerのGold-levelメンバーシップはSolidcoreにとって特筆すべきマイルストーンです。Solidcoreの変更管理ソフトウェアはATM、医療機器、シンクライアント、およびPOSシステムを含むWindows Embedded搭載機器の主要コンポーネントとして確立しています。Solidcoreとマイクロソフトとの提携を通じ、Windows XP EmbeddedおよびWindows Embedded for Point of Service搭載機器のメーカー、ディストリビュータ、システムインテグレータ、およびチャンネルサービスプロバイダがこれらのソリューションの展開を加速し、また同時にサポート費用を削減することが可能になります。」

SolidcoreのS3 Control(tm) for Embedded Solutionsは、機器メーカー、システムインテグレータ、および流通チャンネルが埋め込み機器のセキュリティを確保し、またコントロールすることを可能にします。このソフトウェアは機器のダウンを引き起こす恐れのある不正な、あるいはポリシーに違反したソフトウェア変更を防止するため、Windows XP EmbeddedおよびWindows Embedded for Point of Service搭載機器にすばやく簡単にインストールすることができます。Solidcore S3 Control for Windows Embedded Solutionsは埋め込み機器のメーカー、チャンネル、およびエンドユーザーにメリットをもたらします。機器に対する変更の管理を強化し、また機器メーカーやサービスチャンネルによるサポート費用を削減します。展開されている機器に対して正規のソフトウェア・アップデートや変更のみが適用されることを保証します。またさらに埋め込み機器のエンドカスタマにとっては、アベイラビリティ向上、セキュリティ強化、コンプライアンス対応の改善、および総所有コストの削減も実現します。


Embedded Systems Conferenceでの展示

Solidcoreは、2007年4月3-5日にカリフォルニア州サンノゼのMcEnery Convention Centerで開催されるEmbedded Systems Conferenceのマイクロソフトの1128番ブースにおいて、Windows XP EmbeddedおよびWindows Embedded for Point of Service搭載機器を対象とした変更管理ソフトウェアの詳細な展示とデモを行います。詳細とカンファレンスの登録については (リンク ») をご覧ください。Solidcore S3 Control for Embedded Systemsソフトウェアの詳細については (リンク ») をご覧ください。

Solidcore Systemsについて

Solidcoreはクリティカルなシステムのための変更管理ソリューションのリーディングプロバイダです。SolidcoreはATM、POS端末、医療機器、シンクライアント、ストレージ機器、およびその他の機器において、サポート費用を抑えながらオープンシステムを安全に活用するため大手メーカーによって使用されています。SolidcoreのS3 Controlソフトウェアは変更管理ポリシーの施行を自動化する業界初の、かつ唯一のソリューションです。Solidcoreはお客様によるサービスのアベイラビリティ改善、ITILイニシアティブの導入、およびPCIとサーベンスオクスリー法のコンプライアンス関連費用削減を支えています。Solidcoreはカリフォルニア州パロアルトに本社を置いています。詳細については www.solidcore.com をご覧ください。

Solidcoreは米国およびその他の国においてSolidcore Systems, Inc.の登録商標です。S3 ControlとS3 Control for Embedded SystemsはSolidcore Systems, Inc.の商標です。その他すべての商標と登録商標はそれぞれの所有権者の資産です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR