コミュニティチャンネルのデジタル放送を開始

- 2007年6月1日より一斉スタート -

ケーブルウエスト株式会社 2007年04月24日

株式会社ジュピターテレコムのグループ会社であるケーブルウエスト株式会社(大阪市中央区、代表取締役社長松本正幸、以下ケーブルウエスト)は、2007年6月1日より、サービスエリア全域に向け、コミュニティチャンネルのデジタル放送(以下デジタルコミチャン)を開始いたします。

デジタルコミチャンの特徴として、アナログ放送に比べて鮮明な映像でご覧いただけるだけでなく、電子番組ガイド(EPG)から、リモコン操作ひとつで簡単に番組を予約・視聴することができます。また、今後の予定として、ハイビジョン放送の提供やデータ放送の活用により、地域密着情報の発信を検討しております。


デジタルコミチャンは、ケーブルテレビ回線が接続されているご家庭で、弊社デジタルサービスにご加入をいただくか、地上デジタル放送対応テレビで、ご視聴が可能となります。ただし、地上デジタル放送対応テレビの場合は、チャンネル設定(再スキャン)が必要となります。


<サービス概要>
チャンネル番号 : 111(リモコン番号は11)
チャンネル名称 : ケーブルウエストコミュニティチャンネル(略称:コミチャン)
受信可能世帯 : 107万世帯
            ※エリアにより放送内容が異なります。
放 送 内 容 : 行政情報や地域コミュニティ情報、地元に密着したイベントおよび催し物、
           お客様からの投稿情報など、生活に役立つ紹介番組を放送。


ケーブルウエストは、地域に根ざした強みを活かし、これからもケーブルテレビならではの地域情報や生活情報などの番組をお届けできるよう、積極的に取り組んでまいります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ケーブルウエスト株式会社の関連情報

ケーブルウエスト株式会社

ケーブルウエスト株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!