エンプレックス、統合型CRMパッケージ 『eMplex CRM Suite R8.0』をリリース

~250社を超える導入企業のフィードバックを  メジャーバージョンアップに反映~

2007年05月10日

日本初の統合型CRMパッケージベンダー、エンプレックス株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役社長:沢登 秀明:以下エンプレックス)は、この度『eMplex CRM』の新バージョン『eMplex CRM Suite Release 8.0』をリリースしました。

Web・メール・電話、対面営業、ECのあらゆるコンタクトチャネルにおいて幅広くCRMのニーズにお応えする『eMplex CRM』は、日本企業のワークスタイルに合わせた基本設計はそのままに継承しながら、これまで250社以上の導入企業から頂戴したフィードバックを反映し、改良を重ねてまいりました。

1年半ぶりとなるこの度のメジャーバージョンアップでは、
◆営業スタッフの日常業務を強力にサポートし、企業内共通のCRMインフラとして機能する
『eMplex マーケティングSFAソリューション』
◆電子商取引システムのデファクトスタンダード『eMplex eコマースソリューション』
◆Webサイト・メールのフル活用によりマーケティング活動を確かな効果へと導く
「eMplex eマーケティングソリューション」
の3ソリューションを切り口に、日本初・日本発の統合CRMパッケージソフト製品として“Suite”を冠するに相応しい大幅な機能強化を実現いたしました。

エンプレックスは、今後もマーケティングとコミュニケーションに関する領域の最新動向や先進的な活用法を模索し、導入企業とそのお客様満足に貢献するソリューションをお届けしてまいります。

【バージョンアップのコンセプト】
Webマーケティングから見込み客育成、営業支援及びECによる売上拡大、収支管理を含む営業パフォーマンスダッシュボードによるマネジメント意思決定支援&管理会計まで、エンタープライズマーケティングのすべてをワンストップで提供いたします。
をワンストップで提供いたします。
・eマーケティングから営業支援、管理会計まで、エンタープライズマーケティングの全プロセスを統合する『eMplex マーケティングSFAソリューション』は、営業スタッフにとっての使い勝手を最優先しながら「データ連携」「パフォーマンス&ROI可視化」機能を大幅に強化
・2006年実績で国内シェア2位 を獲得したECソリューション『eMplex eコマースソリューション』は、CRM連携ECパッケージのデファクトスタンダードに相応しい最先端のマーケティング機能を標準搭載
・『eMplex eマーケティングソリューション』は『eMplex eコマースソリューション』ともども、メールやWebによるマーケティングの「効果」を可視化し、より有効な施策への根拠となる情報を提供
――――――――――――――――――――――――――――――――――

【バージョンアップ詳細】

◆eMplex CRM Suite R8.0出荷開始日 2007年5月10日
…………………………………………………………………………………

◆主なバージョンアップ内容  (リンク »)

『eMplex マーケティングSFAソリューション』
eマーケティングから営業支援、全社的な業務効率向上、さらに収支管理をはじ
めとする管理会計まで、エンタープライズマーケティングのすべてをワンストッ
プで提供するCRMソリューションの決定版です。営業スタッフの日常的な業務を
強力にサポートする一方、マーケティング活動の効果を可視化し、マーケティン
グ資源の最適なマネジメント(Marketing Resource Management)を実現します。

【バージョンアップのポイント】
・スケジューラ機能にAjax技術を採用、専用グループウェアを凌駕するGUIを
 実装。
・営業支援機能(SFA)にeMplex CRMが誇る多彩なメールマーケティング機能を
 バンドル、Web/リアルの活動をシームレスにサポート。営業自身にとって有
 効な機能の充実により、“使われる”SFAを実現。
・営業活動中から受注後までプロジェクトの収支と受発注関連文書を集中管理、
 管理会計ダッシュボードとしてビジュアルにレポート。ERP、財務会計等の
 基幹システムとの連携APIにも対応。
…………………………………………………………………………………

『eMplex eマーケティングソリューション』
個人のお客様(BtoC)、法人のお客様(BtoB)はもちろん、市民(GtoC)、従
業員(BtoE)にまで、幅広くすべての“Customer”を対象にしたリレーション
シップ作りを実現するeマーケティングの基本ソリューション。

【バージョンアップのポイント】
・新機能eMplex CAA(Customer Access Analysis)が提供するWebアクセス解析
 と顧客データの完全連携により、キャンペーン単位/個々の顧客単位でサイ
 ト来訪などのマーケティング効果を明確に分析。Webサイト内でのページ遷
 移や離脱時の最終ページを可視化し、Webマーケティングの継続的な改善策
 に有効。
・Webコンテンツ管理システムと顧客管理システムを完全連携、「会員限定コ
 ンテンツ」などのサイトを標準機能で運営可能。
…………………………………………………………………………………

『eMplex eコマースソリューション』
商品情報の一元管理、受発注、出荷指示、決済、会員データベース管理、会員一
人ひとりの属性や購買状況に応じたOne to Oneコミュニケーションやカスタマー
サービスなど、売れるEC運営に必要なすべての機能を網羅する、CRM思想の本格
的ECサイト構築ソリューションです。ユーザーレビュー、ブログ連携やドロップ
シッピングサービス(*2)など、Web2.0時代の最先端ECにも対応します。

【バージョンアップのポイント】
・eMplex CAAのWebアクセス解析と顧客データの完全連携により、キャンペー
 ン単位/個々の顧客単位でEC購買やサイト来訪などのマーケティング効果を
 明確に分析。
・口コミ(バイラル)マーケティングに絶大な威力を発揮するユーザーレビュー
 やアフィリエイト連携、新製品情報のRSS配信といった機能を搭載。

そのほか、すべての製品・ソリューションにおいて、パフォーマンスを大幅に向
上した一方、社内専門デザインチームにより従来から評価の高いインターフェ
イスを、さらに美しく、使いやすく刷新しております。
…………………………………………………………………………………

◆価格
従来通り個別のお見積りとなります。
…………………………………………………………………………………

◆画面例
添付ファイル及び弊社ホームページをご参照ください。  (リンク »)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆エンプレックス 取締役副社長(製品開発責任者) 菊地 正洋のコメント

『eMplex CRM Suite R8.0』では、使えば使うほどに、すべての社員へ“お客様最優先”が定着していくプロセスを標準機能として装備いたしました。

1)Webやメールによるコミュニケーションの効率性を最大限に活用し、
2)現場のスタッフ自身をサポートするコンタクトマネジメントや経理処理などのオペレーション機能によって“使われる”CRMを実現し、
3)結果として、より質の高い情報をより多く蓄積し、正確・迅速に見える化する。

 そのサイクルによって、マーケティング施策へ営業戦略へ、さらに経営意思決定へと、お客様の利益を継続的に取り入れていくことが可能になります。『eMplex CRM Suite R8.0』が、企業の底力を育み最大の成果を引き出す、エンタープライズマーケティングのプラットフォームとして、皆様に貢献できることを祈念しております。

【エンプレックス株式会社について】
エンプレックスは、ECサイト、Web、メール、コンタクトセンター、営業活動などあらゆるチャネルにおいて企業とお客様との「関係」を最適化する統合型CRMパッケージ「eMplex CRM」を提供しております。「eMplex CRM」シリーズには、マーケティング志向、国内CRM市場特性との親和性及びマニュアルレスに着目した開発コンセプト、段階的機能拡張への対応といった特長があります。
小規模サイトから大手企業まで、旅行業、アパレル、地方自治体、不動産、金融機関などあらゆる業界、またBtoB、BtoCの双方に対応する「eMplex CRM」シリーズは、250社以上の導入実績があり、マーケティング戦略に具体的な数字としての結果につながるCRM活動に貢献しています。
URL (リンク »)

▼導入・バージョンアップについてのお問合わせ
 営業本部 担当:鴨田(かもだ)

▼報道関係の皆様からのお問合わせ
 コーポレートコミュニケーション部 担当:清水

TEL:03-5568-7331  FAX:03-5568-7332   
E-mail: info@emplex.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

eMplex CRM Suite R8.0画面例

用語解説

(*1)各種資料及び弊社独自調査による
(*2)サービス事業者がメーカー・卸―個人店長-一般消費者の間に入って仕入れ、受発注や決済、物流などのしくみを提供することにより、在庫管理や代金回収などのリスクを負うことなくブログ運営者などの一般個人がネット店舗を運営できるようにするサービス。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!