Saba、戦略的人財管理ソリューション世界大手として創業10周年を記念するイベントで、「Saba Enterprise 5.4」を発表   

Saba、業界最先端の能力・継続・キャリア管理機能を提供し、統合型人財管理ソリューションを実現

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2007年05月17日

東京発--(ビジネスワイヤ)--2007年5月17日--プレミア・ヒューマン・キャピタル・マネージメント(HCM)ソフトウェアとサービスプロバイダーのSaba(NASDAQ:SABA)は、業界における創業10周年と日本市場進出5周年を記念する東京のイベントで、次世代の完全統合型人財管理システムを発表しました。

業界大手として、Sabaは1997年に最初のラーニング管理システムを出荷しました。それ以来、同社は製品シリーズを拡大し続け、同社の顧客に完全統合型人財管理ソリューションを提供しています。人財管理に統合型システムを導入することにより、Sabaは、顧客が組織の運用改善を促進することを支援します。

日本はSabaにとって、従来から重要な市場でした。東京三菱UFJ銀行などの顧客が、Sabaの早くからの顧客企業でした。Sabaは、日立データシステムズ、日産自動車、東芝情報システム、新生銀行など、その他の日本企業と長期にわたる関係を築いてきました。

新生銀行CLOのTom Pedersen氏は、「私どもは、Sabaと長期にわたる関係を結んできましたが、同社が業界大手として、10年目に入ることを祝福します。当行は、SabaのLearningプラットフォームを採用して多大の成果を上げてきました。私どもは、同社の新しい人財管理ソリューションに期待を寄せています。」と述べました。

Saba会長兼最高経営責任者(CEO)のボビー・ヤズダニ氏は、「Sabaは日本を重要な市場として見ています。この理由から、私どもは、他の市場に先駆けて、日本で最初の統合型人財管理ソリューションを発表することに興奮を覚えています。私どもはこれにより、当社の顧客にこれまで以上のサービスとサポートを提供しますので、日本における当社の先行性はさらに高まるのです。」と述べました。

「Saba Enterprise 5.4」は、戦略的人財管理のすべての領域(学習、運用、才能管理)でクラス最高の機能を提供します。オンプレミス(自社運用型)またはオンデマンドのいずれかが可能な、「Saba Enterprise 5.4」は、顧客が、重要人財の実用的な分析、公式・非公式の両プロセスへの革新的な取り組み、独自のグローバル・ガバナンスの諸機能をすべてが堅固で、高セキュリティーの、拡張性あるアーキテクチャー・プラットフォーム上で行えるようにします。

「Saba Enterprise 5.4」の主要な特長は下記を含みます。

「人財管理」への一元化手法:「Saba・Enterprise 5.4」は、学習、運用、人財管理を単一のソリューションに完全に一元化します。

「ウェブ2.0」新機能が、公式、非公式の学習を融合化:「Saba Enterprise 5.4」により、Sabaは、「ウェブ2.0」技術に基づく公式、非公式の学習を融合化した「Learning 2.0」向けに統合型戦略を提供する最初の企業となります。

運用、継続、履歴管理向けの業界先行の機能を有する、「Saba Enterprise 5.4」は、Sabaの学習における好評の先行性を高め、人財管理のその他の分野の市場を先導する新機能を付加します。

人財管理プロセスのグローバル・ガバナンスを実現:「Saba Enterprise 5.4」は、業界先行のドメイン・アーキテクチャーを新しい「コンポーネント・オーナーシップ」機能で拡張し、人財管理プロセスを一元管理できるようするとともに、個人、法人、地域の粒状自立性を支援します。

国際的導入向けの先端アーキテクチャー:「Saba Enterprise 5.4」は、公開標準に基づく堅固な先端アーキテクチャー上に構築され、業界での最大平均の導入により実証された、企業級のセキュリティー、拡張性、信頼性を付与し、完全国際導入に向けて23種の言語に対応します。

Sabaは「Saba Enterprise 5.4」を今年の夏に、北米、ついで欧州で出荷する予定です。

Sabaについて

Saba(NASDAQ:SABA)は、人財管理(HCM)ソフトウェアとサービスの大手で、生産性と運用を高めるため、人財志向手法を採用しています。信頼される提携先として、Sabaは、統合型人財管理システムを提供することにより、150カ国の1100社以上の顧客企業が「Aligned Enterprise」を可動できるようにし、絶え間なく目標を調整し、人財を育成し、協調性を改善し、組織的運用に対する可視性を高めています。

Sabaの顧客には、ABN AMRO、アルカテル、東京三菱UFJ銀行、BMW、CEMEX、シスコ・システムズ、ダイムラークライスラー、デル、デロイトトウシュトーマツ、EDS、EMC、フェデックスキンコーズ、インシュアランス・オーストラリア・グループ、ロッキード・マーティン、メドトロニック、ナショナルオーストラリア銀行、ノバルティス、ペトロブラス、プロクター・アンド・ギャンブル、スコシアバンク、スプリント、スタンダード・チャータード銀行、スタンフォード大学、スウェッドバンク、ウィンダム・インターナショナル、ウェアーハウザー、アンダーライターズ・ラボラトリーズ、米国陸軍、米国海軍などがあります。

カリフォルニア州レッドウッド・ショアズに本拠を置く、Sabaは、5大陸に事務所を有しています。詳報については、同社ウェブサイト( (リンク ») )をご覧願うか、電話(番号:(+1) 877-SABA-101 または (+1) 650-779-2791)願います。

CONTACT: LEWIS PR for Saba
Michelle Homes, +1-415-992-4400
saba@lewispr.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!