アイフリーク、無料デコメール(R)素材サイト『デコりたガール』リニューアルオープン

株式会社アイフリーク 2007年08月21日

 株式会社アイフリーク(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:永田万里子)は、デコメール素材の無料提供サイト『デコりたガール』(http://decolita.jp/)をリニューアルいたしました。デコメール素材以外に無料で楽しめるコンテンツを多数追加し、よりエンターテインメント性の高い無料サイトになっております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
着うた(R)、Flash(R)ゲーム、占い、電子コミックも全部無料!デコメ(R)交換掲示板も登場!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 『デコりたガール』は、本年7月2日にオープンしたデコメールなどのHTMLメール用素材を無料で提供するサービスです。スポンサー広告をクリックすると加算されるポイントを消費して素材をダウンロードするシステムになっており、10代~20代の若い女性をターゲットに8月21日現在で既に10万人以上の会員を集めています。
 今回のリニューアルでは、HTMLメール用素材以外に無料で楽しめるコンテンツとして、着うた600曲以上をはじめ、Flashゲーム、占い、電子コミックの提供を開始いたしました。また、HTMLメール用素材作成機能を使って自作した素材をサイト内で公開できる“デコメ交換掲示板”も登場し、今まで以上に様々な楽しみ方ができるサイトになっております。

■ リニューアル概要

【無料コンテンツ多数追加】
 初期600曲以上を揃える着うたをはじめ、Flashゲームや占い、電子コミックの提供を開始いたしました。着うたやFlashゲーム、電子コミックは随時更新される他、占いコンテンツでは、友だちを占い、その結果をメールで送れるなど機能面も充実しています。電子コミックは当社運営公式サイト『まんが★読み放題』で提供されている同人コミックの一部を提供しています。

【デコメ交換掲示板登場】
 自作の手描きイラストからHTMLメール用素材を作成できる機能“デコ画メーカー”で作成した素材をサイト内で公開できる“デコメ交換掲示板”が登場いたしました。掲示板では公開された素材に対し他のユーザーがコメントを残すことができ、ユーザー同士の交流の場になっております。

■ アクセス
(リンク »)

【株式会社アイフリーク 会社概要】
代表者:代表取締役社長 永田 万里子
本社所在地:福岡県福岡市中央区大名二丁目4番22号
(東京支店:東京都港区麻布十番一丁目10番10号)
設立:2000年6月
事業内容:モバイルコンテンツ事業、モバイルマーケティング事業

~ 本件に関するお問い合わせ ~
株式会社アイフリーク( (リンク ») )
担当:社長室 福島
TEL:03-5114-0701 E-mail:press@i-freek.co.jp

用語解説

<HTMLメールについて>
 メールに画像を挿入したり、文字の色や大きさを変えたり、背景色を変えたりして、自由にメールをデコレーションできるもので、DoCoMoは「デコメール」、auは「デコレーションメール」、SoftBankは「アレンジメール(R)」というサービス名称になっております。

※「デコメール」「デコメ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「着うた」は株式会社ソニー・ミュージックエンターテインメントの登録商標です。
※「Flash」はAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※「アレンジメール」はソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。
※ 各社の社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイフリークの関連情報

株式会社アイフリーク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?