ライブドアのリサーチ事業 [BizMarketing サーベイ]、『市場別の移動体通信市場の予測 韓国携帯電話市場の予測』 、調査レポート新刊 を販売開始

~韓国携帯電話市場2006年全期の分析と2006~2010年の市場予測 及び 主要なキープレイヤーの戦略、事業展開に対する分析及び今後の展望を中心にまとめた2007年度の新版レポート~

株式会社ライブドア 2007年09月04日

株式会社ライブドア (本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤 剛 以下、ライブドア) は、企業向けマーケティングリサーチサービスを提供している【BizMarketing サーベイ】 のレポート販売サイト [SurveyReport] において、日・韓・中における移動体通信市場の専門リサーチ業務を行っている株式会社ROA Group(日本本社:東京都新宿区 代表:李承勲)が調査・製作した、『市場別の移動体通信市場の予測 韓国携帯電話市場の予測』の販売を開始いたしました。

 
□『市場別の移動体通信市場の予測 韓国携帯電話市場の予測』
(リンク »)

□BizMarketing サーベイ [SurveyReport]
(リンク »)


■資料概要

2006年全期の分析・2006~2010年の市場予測!

本レポートは、ROA Groupが毎年発行する定期レポートの2007年版レポートで、アジア地域の中でもコア戦略国家である韓国について移動体通信市場の予測を行なったものです。特に主要なキープレイヤーの戦略や事業展開に対する分析及び今後の展望を中心に提供します。韓国携帯電話市場における 2006年全期の概況分析 及び 2006~2010年の将来市場予測について、各国の[市場別の移動体通信市場の予測]シリーズで実績のある独自の方法論に基づいて作成されたレポートです。

■エグゼクティブサマリー

~ レポート紹介 ~

ROA Groupの分析によれば、韓国の移動体通信加入者数は、2006年12月末時点で4,019万人と推定されます。現在韓国の移動体通信市場自体がピークに達しており、新規の需要というよりは新規サービスによる買い替え需要が中心となっています。2006年以降、年平均成長率は0.86%という非常に低い数値と推定され、このような傾向から2010年の韓国の移動体通信加入者数は全人口対比普及率の85%に該当する4,195万人と予測されます。

2006年におけるキャリア3社のシェアは2005年末とほぼ変わらず、SKテレコム51%、KTF32%、LGテレコム17%と分析されました。一方、2006年のプリペイド加入者数は約33万人とみられます。飽和状態である音声市場においては、プリペイド加入者への戦略よりも、その他のデータサービスのARPUを高めるためのさまざまな戦略を駆使している関係上、プリペイド加入者数は2010年になっても全体の1%あまりである35万人にとどまるなど、現在とほぼ同じような状況が続くとみられます。

CDMA 1Xは2002年、EV-DOサービスが開始されてから引き続き減少している傾向にあります。CDMA EV-DO加入者数は、2006年に最高値である1,534万人の水準に達した後、2007年から徐々に減少するとみられます。一方、2006年のWCDMAサービスの場合、その加入者数は16万6,000人と低調な結果となりましたが、今後端末やコンテンツ、そして料金プラン、さらにはマーケティングプロモーションの強化と合わせて成長期を迎えるとみられます。これにより、2010年には2,305万人(HSDPA/HSUPA及びEV-DO Rev Aを含む)に増加するとみられます。長期的な面から見ると、WCDMA(もしくはHSDPA)の登場により、既存のEV-DO加入者は次第にWCDMA(もしくはHSDPA)へと移行する可能性が高いとみられます。

2006年におけるキャリア3社の全体加入者の解約率は、2004年よりも小幅増加の2.41%に達しました。今後も同じような水準を維持していくと仮定した場合、2010年には解約率のレベルが2.2%になるとみられます。

2006年の合計ARPUは4万1,075ウォン、そのうちデータARPUは8,501ウォンと判断されます。一方、韓国の移動体通信市場が今の基調を維持する場合、2010年の合計ARPUは4万2,478ウォンに達すると予想され、そのうちデータARPUが1万2,144ウォンになると分析されます。データ加入者数の場合、年平均1.53%の成長率で増加し、2010年にはすべての移動体通信加入者がデータサービスを利用するものとみられます(2006年は約96.8%がデータサービスを利用しているとみられます)。

2006年における韓国の移動体通信市場の合計売上高は21兆1,019億ウォンとみられ、年平均2.28%に成長し、2010年には23兆6,170億ウォン規模の巨大市場へ成長すると予測されます。一方、2006年のデータ売上は年平均9.69%増の3兆7,408億ウォンであり、2010年には5兆9,407億ウォン規模に達するとみられます。これにより2010年のデータ売上が全体の約25.2%となり、顕著に増加していくと予想されます。

2006年の設備投資額(CAPEX)は3兆1,200億ウォンを記録し、2010年には2兆4,800億ウォンに達すると予想されます。

■調査範囲

本レポートでは2006年全期(1月~12月)の韓国の移動体通信市場における各キャリアのイベントやトピックをカテゴリ別にまとめ、キャリアの動向と特色について分析を行ないました。また2001年度から現在までの韓国移動体通信市場の概要と実績の分析をもとに、2010年度までの市場予測を行なっております。

■調査方法

本レポートは、ROA Groupの独自の予測方法を用い、2006年度から2010年度までの韓国の移動体通信市場の分析・予測を行なっております。またこの分析及び予測は移動体通信市場におけるキープレイヤーであるキャリアについての基本調査(Primary & Secondary)と、ROA Groupの社内レポートや蓄積されたノウハウに基づいて行なわれております。

■資料目次

1.概要

 1-1 SKテレコムのレビュー
 1-2 KTFのレビュー
 1-3 LGテレコムのレビュー

2.移動体通信市場の予測

 2-1 2006年度のレビュー
 2-2 2006年~2010年の韓国携帯電話市場の予測
   2-2-1 韓国の携帯電話加入者数の予測
   2-2-2 韓国の携帯電話プリペイド加入者数の予測
   2-2-3 韓国のネットワーク技術別加入者数の予測
   2-2-4 韓国の携帯電話解約率
   2-2-5 韓国の携帯電話の音声及びデータ別の市場予測
    2-2-5-1 韓国の音声及びデータARPU
    2-2-5-2 韓国のデータ通信加入者数
    2-2-5-3 韓国のデータ通信及び音声収入
   2-2-6 韓国の設備投資額の予測

3.マーケットダイナミクス

 3-1 2006年のレビューと今後の予測
   3-1-1 SKテレコム
   3-1-2 KTF
   3-1-3 LGテレコム

4.結論

Appendix

 1.会社概要(SKテレコム、KTF、LGテレコム)
 2.韓国の携帯電話加入者数(2006年末基準)
 3.各キャリアのマーケットシェア
 4.主要ファクタ創出のための方法論及び仮定

図目次

[図 2-1]韓国の携帯電話加入者数及び普及率の予測(2005年~2010年)
[図 2-2]韓国の携帯電話プリペイド加入者数の予測(2005年~2010年)
[図 2-3]韓国のネットワーク技術別の加入者数の予測(2005年~2010年)
[図 2-4]韓国の携帯電話解約率の予測(2005年~2010年)
[図 2-5]韓国の音声及びデータARPUの予測(2005年~2010年)
[図 2-6]韓国のデータ通信加入者数の予測(2005年~2010年)
[図 2-7]韓国のデータ通信及び音声収入の予測(2005年~2010年)
[図 2-8]韓国の設備投資額の予測(2005年~2010年)
[図 3-1]サムスン電子製「DRIFT」端末イメージ
[図 3-2]SKY製携帯端末のモデルイメージ
[図 3-3]LGテレコムから発売された気分ゾーン端末及び地上波DMB端末

表目次

[表 2-1]2006年度の韓国の移動体通信市場の概要
[表 3-1]SKテレコムのマーケットダイナミクス
[表 3-2]KTFのマーケットダイナミクス
[表 3-3]LGテレコムのマーケットダイナミクス
[表 4-1]2006年のマーケットダイナミクス-ネットワーク
[表 4-2]2006年のマーケットダイナミクス-プラットフォーム
[表 4-3]2006年のマーケットダイナミクス-コンテンツ
[表 4-4]2006年のマーケットダイナミクス-デバイス
[表 4-5]2006年のマーケットダイナミクス-戦略的提携及び海外展開
[表 4-6]主要キャリア3社の優勢領域別の比率分析

■資料の仕様

商 品 名:「市場別の移動体通信市場の予測 韓国携帯電話市場の予測」
発 刊 日:2007年8月
判   型:A4版カラー 82ページ
調査・発行:株式会社ROA Group
販   売:株式会社ライブドア メディア事業部 BizMarketing サーベイ運営事務局
価   格:
 【製本版】189,000円 (税抜 180,000円+消費税 9,000円)
 【PDF+エクセル】220,500円 (税抜 210,000円+消費税 10,500円)
 【製本版+PDF+エクセル】223,650円 (税抜 213,000円+消費税 10,650円)

※いずれの商品も別途送料500円が必要となります。

■お申し込み方法

下記URLよりお申込みください。
⇒ (リンク »)

■参考URL

BizMarketing サーベイ
(リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社ライブドア 広報部
担当:林(はやし)、南郷(なんごう)
電話:03-5155-0100
E-mail:press@livedoor.jp
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ライブドアの関連情報

株式会社ライブドア

株式会社ライブドアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!