編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ライブドア、用途に合わせて5つのプランから選べる「livedoor レンタルサーバ」を開始

目黒譲二

2008-04-01 20:19

 ライブドアは4月1日、レンタルサーバサービス「livedoor レンタルサーバ」の提供を開始した。利用用途に合わせて5種類のラインナップからプランを選ぶことができる。

 下位プランとして、1台のサーバを複数のユーザーで利用する共用型サーバタイプの「FlexServer」「FlexServer Plus」を、上位プランとして、1台のサーバをいくつかの仮想環境に分割し、専用サーバのように利用できる仮想専用型の「AdvanceServer」、1台のサーバを1ユーザーが専有する専用型の「ExpertServer」「ExpertServer Plus」を提供する。

 サーバ管理ツールには、視覚的に操作可能な管理画面で、複雑なコマンド操作なしに仮想環境の設定や管理運用が可能な「Parallels Plesk Control Panel」を採用し、レンタルサーバ初心者でも簡単に操作することができるとしている。

 利用価格は、最下位プランのFlexServerが初期設定費用5250円、月額料金2940円、最上位プランのExpertServer Plusが初期設定費用3万1500円、月額料金8万4000円となっている。

 なお、ライブドアでは、今回のサービス提供開始を記念し、4月30日までの入会者を対象に、初期設定費用が無料になるキャンペーンを実施するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]