メタデータ(株)、マッシュアップのための「素材比較・相性チェック・企画」支援β版サービスを無償提供開始

Sun×リクルート第3回マッシュアップ・アワードのMashupedia賞受賞作品をマッシュアップ製作者のために提供

メタデータ株式会社 2007年10月01日

 メタデータ株式会社(野村直之代表取締役社長)は、Web 2.0の代表的なシステム構築手法である"マッシュアップ"においてボトルネックとなる、素材(WebAPI)の吟味、素材どうしの相性チェック、そしてシステム全体の企画を支援する「API比較・マッチング」サービスのβ版を無償提供開始いたします。本サービスは、9月30日に開催のSun×リクルート第3回マッシュアップ・アワード表彰式でMashupedia賞を受賞。また、来る10月6日のビネスモデル学会大会の基調講演で野村代表が本サービスのエンタープライズ・システム方面の応用について語ります。

 昨今、Web 2.0と総称される動きの中で、人々の共同作業やデータに重きをおいた使いやすいWebシステム構築の方法論が、個人向けのWebサービスだけでなく、エンタープライズ・システムの開発に積極的に取り入れられ始めています。マッシュアップとは、Google Maps に代表されるWeb上の素材(WebAPI)をいくつか束ねて、データを重ね合わせて表示したり計算、加工して新たなアプリケーションとして提供するWebサービスの作り方。マッシュアップ・アワード受賞作品の多くが「企画・構想に1、2ヶ月。開発は3日間。」と語るように、非常に短い期間で開発できるのが1つの特徴です。

 代わりに重要となるのがアイディアと、素材の吟味。素材を活かしつつ素材を超えるためには、採用候補のWebAPIを丹念に且つ素早く比較吟味し、選んだ素材どうしがうまくつながり、意図通りの効果を上げるように吟味する必要があります。せっかく素晴らしい組み合わせができても、利用条件(ライセンス)が合わずに、やり直しになることがあります。今回提供開始したサービスを使うと、この一連の作業を支援し、開発に着手する前に企画書案を素早く作ることができます。

「API比較」β版サービスの機能概要:
・WebAPIをキーワードの組み合わせで検索する
・WebAPIの詳細を表形式で見る
・WebAPIのライセンス文(日本語、英語)から自動判定・色分けされた義務、権利、禁止事項を確認
・類似のWebAPIを比較検討する
・複数のWebAPIが互いに相性良いか検討する
・あるWebAPIから別のWebAPIを関連検索する
・あるWebAPIのクチコミ、評判を調べる
・選定し、順番を付けたWebAPIからマッシュアップ企画書を作る
・本サービス自体、マッシュアップの手法で作られており、次のAPIを利用しています。

利用WebAPI:
・増え続けるWeb APIを網羅「Mashupedia Web API」
(リンク »)
・日本語を極めよう「Yahoo!テキスト解析 日本語形態素解析Webサービス」
(リンク »)
・物凄く簡単にグラフが作れる「JSChart」
(リンク »)
・テクノラティブログ検索API
(リンク »)

 メタデータ株式会社では、β版サービスの利用者から寄せられた意見をもとに、より使いやすいサービスへと、今後、改良を重ねてまいります。ウィッシュリスト(欲しい素材を事前リクエストし出現したら通知)のサービスや、パーソナライズ機能、グループで企画書を共同作成する支援機能などの開発者向け機能はもちろん、アイディア提供やリクエストに徹する一般ユーザも参加できる仕組みを構築してまいります。

 なお、マッシュアップおよび本API比較サービスのエンタープライズ・システム開発における意義については、10/6開催のビジネスモデル学会 2007年 秋季大会における野村代表の基調講演「サービスのビジネスモデルとEnterpriseの"2.0"化の留意点」で言及いたします。
(リンク »)
また、株式会社セールスフォース・ドットコム・宇陀栄次代表、東京大学大学院・松島克守教授、千葉工業大学大学院・森雅俊教授が加わったパネル討論「Web2.0時代におけるSaaS、マッシュアップのビジネスモデル」においても、マッシュアップを論じ、その可能性を探る予定です。


お問い合わせ先: pressrel@metadata.co.jp
メタデータ株式会社 (担当松田)
(リンク »)
「API比較・マッチング」β版サービス: (リンク »)
(「API比較」で検索:2007/10/1時点、google・YahooJapan検索で1位)

Sun×リクルート第3回マッシュアップ・アワード受賞作品の紹介ページ:
(リンク »)

用語解説

WebAPIについて
一昨年開始されたGoogle Maps というオンライン地図素材に代表される、Web上で常時提供されているデータや計算のサービス。マッシュアップしてアプリケーションを構築する側から極めて容易に呼び出すことができる。

マッシュアップについて
 元は料理で各種素材をかき混ぜてつくることを意味する用語から、同様の手法で音楽を作る用語に転じ、さらに、 Web上の様々な素材サービス(WebAPI)の集まりからシステムを構築する手法に転じた概念。WebAPIを1つだけ用いたものから、30数本もの様々なWebAPIを束ねたものまで、規模も性質もバラエティに富んでいる。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

メタデータ株式会社の関連情報

メタデータ株式会社

メタデータ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!