東芝情報システム、統合ログ管理システム「RSA enVision」でアクセス管理製品と連携したIT全般統制を支援

東芝情報システム株式会社 2007年12月13日

東芝情報システム株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:澤田 晃三、以下 東芝情報システム)と、RSAセキュリティ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山野 修、以下:RSAセキュリティ)は協業し、統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」を活用したIT全般統制の支援ソリューションを展開してまいります。

セキュリティ強化や内部統制の目的を達成するためには、企業内のネットワーク機器やアプリケーションから、日々生成される膨大な量のシステムログを確実に保管し、分析しなければなりません。しかし、定期的な分析が行われず、貴重なログを活かしきれていないのが実状です。また、IT全般統制で必要とされる認証とアクセス管理の有効な実施にあたり、ログの管理と活用(モニタリング)は重要です。

東芝情報システムは既存の業務統制支援ソリューションの販売や、RSAセキュリティのRSA SecurID、RSA Authentication Manager、日本CAのCA SiteMinder Web Access Managerといった認証関連製品の構築経験で蓄積されたノウハウとRSAセキュリティのRSA enVisionを組合せ、IT全般統制を支援する各種ソリューションを構築し、販売してまいります。同社はRSA enVisionを核にしたセキュリティソリューションで2008年に年間10億円の販売を目指します。

RSA enVisionは、国内外の900社以上の企業に導入されている実績豊富なアプライアンス型のログ収集、管理、解析、レポート用システムであり、標準で約140ものデバイス(ログ収集元のネットワーク機器やシステム)に対応しています。未対応のデバイスについてはアダプタ(*1)を開発することにより、更に多くのデバイスに対応することができます。東芝情報システムでは未対応デバイス向けのアダプタ開発はもちろん、CA SiteMinder Web Access Manager、CA Access Control用のアダプタを1月に販売開始予定です。これにより認証関連製品との連携がより容易になります。

今後、東芝情報システムとRSAセキュリティは、セミナーの共催をはじめとするマーケティング活動においても協力していきます。今回発表する東芝情報システムの「アクセス管理と統合ログ管理」について、以下のセミナーにて詳細をご説明いたします。
セミナー名:内部統制におけるアクセス管理とログ管理の重要性/活用事例のご紹介
日時   :2008年1月18日(金) 14:00~16:30
会場   :コンファレンススクエア エムプラス(大手町)
主催   :東芝情報システム株式会社、RSAセキュリティ株式会社
協力   :EMCジャパン株式会社
プログラム:(1)内部統制におけるアクセス管理とログ管理の重要性
      (2)統合ログ管理ソリューションRSA enVisionのご紹介
      (3)アクセス管理とログ管理の活用事例
      (4)ログ管理のはじめの一歩:EMCログ・マネジメント・デザイン
         サービスのご紹介
詳細は、 (リンク »)
以上

*1アダプタ:未対応デバイスのログメッセージをRSA enVisionで収集するための定義ファイル

「RSA enVision」:
RSA enVisionは企業内のシステムを構成する様々なネットワーク機器、セキュリティ機器、ファイルサーバー、データベース・サーバーやアプリケーション・サーバーなどのIPデバイスから生成されるログの一元的な管理とリアルタイム分析やアラート、レポートを実現する統合ログ管理アプライアンスです。リアルタイム分析、アラートに優れており、特許申請中の独自DBでログを収集しながら並行分析が可能です。ログ保存時には生ログを最大95%前後圧縮します。また、アプライアンスのため、短期間での導入が容易でコストを抑えることができます。
単一拠点向けの場合は、アプライアンス一台にログ収集から管理、分析までを集約でき、簡単に導入いただけます。また、複数拠点向けモデルを使用すれば、高い拡張性が実現できます。

■東芝情報システム株式会社について
東芝情報システム株式会社は、お客様から高い評価と信頼を頂く真のNo.1パートナー企業を目指しています。そのために、当社の提供する技術、ソリューション、サービスがお客様のビジネスに貢献でき、お客様に満足して頂けるよう常にお客様の視点で考えた行動を心がけております。当社はSI・サービスとエンベデッドの両分野で事業に取り組んでおります。SI・サービス事業分野では業種・業務アプリケーションの設計・開発や情報セキュリティソリューション、内部統制ソリューションの提供等、幅広い分野でこれまで蓄積した技術と先端技術の取込みにより、お客様の事業拡大をIT分野でお手伝いさせて頂いております。技術・品質面においては、ISO9001、ISMS、CMMレベル4の取得・認証実績を活かし、高品質なシステム開発、サービスの提供を心掛けています。

■本件に関する報道関係からのお問い合わせ先:

東芝情報システム株式会社 業務企画部 広報担当 桑名
TEL:044-200-5040     E-mail:koho@tjsys.co.jp


■本件に関するお問い合わせ先 :

東芝情報システム株式会社 SIソリューション営業事業部
TEL:044-246-8190     E-mail:nsec@tjsys.co.jp
Web : (リンク »)


RSAおよびSecurIDはRSA Security Inc.の登録商標です。 RSA enVisionは、RSA Security Inc.の米国における商標です。その他記載された社名・製品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東芝情報システム株式会社の関連情報

東芝情報システム株式会社

東芝情報システム株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR