「ホームレス中学生」100万部突破の背景に口コミ伝播あり?!

株式会社日経リサーチ 2007年12月21日

お笑いコンビ「麒麟」の田村 裕著の「ホームレス中学生」が発売わずか2ヶ月で100万部の発行部数を突破し、話題を呼んでいる。何故これほど読者の興味を惹きつけたのだろうか。日経リサーチのブログで語られている話題を分析するブログ解析ツール「blogVizセンサー」を使って 「ホームレス中学生」というキーワードでの11月までの反響を解析した。

記事やコメントをみると、発売当初は「買いに行ったが、売り切れだった」という記事が目立つ。その理由は「店の入荷数がたったの5冊だった・・・」など、スタート時の書店側の本の売れ行き感が消費者の関心よりも、さほど高くなかったことがうかがえる。発売後、読み終えたブロガーからは「感動した」「号泣した」などの声や、「読みながら笑ったり、泣いたりで、あっという間に読破してしまった」など高評価の声が多く発信されるようになり、その記事を見て「気になるタイトルだ」「読みたい!」などの反響があった。

「母から読み終わった本が回ってきたので、読んで甥っ子に渡した」、「文章がストレートで子供も読みやすい」、「本嫌いの息子が興味を持って読んだ」など支持層も幅広い。 また、「今の豊かな時代に、失いつつあるものに気づかされた」など、モノや人への感謝について考えさせられたという意見も多く、ブロガーが一様に「おススメです」と紹介している。テレビ放送などに加え、ブロガー同士の口コミも、わずか2ヶ月で100万部を突破した一因となりそうだ。


■ ネットワークグラフ(密集度)
コメントやトラックバックのやり取りを元に作成したブロガーのネットワークグラフは下表の通り。
今回は100万部突破を記録した11月のネットワークグラフを表示する。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日経リサーチの関連情報

株式会社日経リサーチ

株式会社日経リサーチの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?