MZK-04Gの無線LANルータ化が可能になるMZK-04G用 新ファームウエアを公開

プラネックスコミュニケーションズ株式会社 2007年11月21日

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:久保田克昭、本社:東京都渋谷区、JASDAQコード 6784)は、現在発売中のDLNA・BitTorrent対応 オールギガビット高速ダウンロードルータMZK-04Gの新しいファームウエアをWEBサイトで公開しました。このファームウエアによって、MZK-04GのUSBポートに無線LAN USBアダプタ*を接続することで11b/gの無線AP機能が追加可能になりました。これによって、MZK-04Gの無線LANルータ化が可能になり、利便性が大幅に向上します。
今後も弊社は、新しいファームウエアの公開を随時行うことで、製品購入後もお客様にご満足いただけるようサポートしてまいりますので、弊社製品を引き続きご用命賜りますようよろしくお願い申し上げます。

*動作確認済み無線LAN USBアダプタ:GW-USMM(2007年11月21日現在



【製品写真】
(リンク »)

【メディアご担当者様お問い合わせ先】
(リンク »)

【読者からのお問い合わせ窓口】
0120-415-976

【ユーザ直販ページ】
PLANEX Direct
0120-415-978
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!