モバイルSNSブランド調査~コンテンツではモバゲー、コミュニケーションではMixiモバイル~

株式会社MobileMarketing.JP 2008年03月05日

From DreamNews

携帯マーケティング調査・コンサルティングを展開する株式会社MobileMarketing.JPは、自主調査でモバイルSNSのブランド調査を行いました。コンテンツ魅力ではモバゲータウン、コミュニケーション魅力ではMixiモバイルがトップポジションを確保。フィルタリング導入でモバゲータウンブランドに影響がある可能性。また、モバイルSNS9サイトのアクティブ利用率を測定。


■2008年3月5日 モバイルマーケティング・携帯ユーザー自主調査: 

モバイルSNSブランド調査
~コンテンツではモバゲー、コミュニケーションではMixiモバイル、
フィルタリング導入でモバゲー影響大の可能性~


携帯マーケティング調査・コンサルティングを展開する株式会社MobileMarketing.JP(  (リンク »)  )(東京都港区、代表取締役:江尻尚平、以下モバイルマーケティング・ジェーピー)では、「モバイルSNSブランドおよびアクティブ利用状況」に関する自主調査をモバイルマーケティングリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施しました。

携帯電話向けソーシャルネットワーキングサービス(モバイルSNS)は、若年層での浸透率が高く、新しいメディアの一つとして、注目されています。しかし、参入企業も増えており、競争が激しくなっているサービスでもあります。また、フィルタリングの導入の影響も今後大きいと考えられます。そこで、モバイルSNSのブランドポジションや、モバイルSNSは実際にどれだけアクティブに利用されているのかについて、12歳~52歳のケータイユーザー352名の回答を集計しました。

モバイルマーケティング・ジェーピーは、これら調査結果を、コミュニティサイトを運営されている企業,、または参入を検討している企業の戦略策定・サイト展開の支援・コンサルティングに役立てて参ります。また、携帯電話利用やモバイルサービス利用についての調査など、今後の携帯電話のマーケティング利用に役立つ情報を自主調査で提供してまいります。

<モバイルマーケティング・携帯ユーザー調査結果まとめ>

1.モバイルSNSブランド比較では、モバゲータウンはコンテンツの魅力、Mixiモバイルはコミュニケーションの魅力の評価が高い
2.10代ではモバゲータウンブランドがコンテンツ魅力、コミュニケーション魅力両面で高い評価。ただし、フィルタリング導入により、コミュニケーション魅力に影響大の可能性
3.アクティブ利用シェアは、モバゲータウン43%、Mixiモバイル36%、GREE 26%
4.モバゲータウンは、未認知率を下げ、トライアルさせ、ロイヤルカスタマーを増やすことに成功
5.Mixiモバイルは、トライアル率が低いため、アクティブ利用が低い
6.約3割の携帯ユーザーが複数のモバイルSNSをアクティブ利用



◆モバイルSNSブランド比較では、「モバゲータウン」はコンテンツの魅力、「Mixiモバイル」はコミュニケーションの魅力の評価が高い。10代ではモバゲータウンブランドがコンテンツ魅力、コミュニケーション魅力両面で高い評価。ただし、フィルタリング導入により、コミュニケーション魅力に影響大の可能性

 トップ3モバイルSNSのブランドを評価してもらったところ、「モバゲータウン」は「コンテンツが楽しい」軸で高く評価されており、「Mixiモバイル」では「コミュニケーションが楽しい」軸で高く評価されていた。コンテンツ軸でモバゲータウン、コミュニケーション軸でMixiモバイルがそれぞれトップブランドポジションを確保している(図1)。そのため、新しい軸を作り出さない限り、これらトップ2ブランドに追いつくことは難しいことが予測される。特に10代においては、「モバゲータウン」を「コンテンツが楽しい」軸と「コミュニケーションが楽しい」軸の両軸で高く評価されている(図2)。ただし、フィルタリング導入によって、10代のアクティブ会員が減った場合には、ブランドの「コミュニケーションが楽しい軸」に大きな影響がある可能性が高いことが予想される。

◆モバゲータウンアクティブ利用率は43%

 モバイルSNSの利用の度合いについて頻度を聞いたところ、「モバゲータウン」をアクティブ利用しているユーザーは42.6%、「Mixiモバイル」をアクティブ利用しているのは36.1%、「GREE」をアクティブ利用しているのは、25.9%となっている。アクティブ利用は「いつも利用する」と「たまに利用する」を含み、「数回利用した」「知っているが利用したことはない」「利用したことはない」はアクティブ利用に含まれていない。「プチゲーフレンズ」は10.2%、「StyleWalker」は8.5%、「エキモバ」は6.8%、「Yahoo Days」は5.4%、「Gocco」は2.8%、「Any」は0.6%であった(図3)。

◆モバゲータウンは、未認知率を下げ、トライアルさせ、ロイヤルカスタマーを増やすことに成功

 モバゲータウンの利用状況においては、モバゲータウンの未認知率は4.3%と非常に低く、CMなどの広告による認知率アップの影響が大きいと思われる(図4)。また、取り込んだユーザーをうまく優良顧客に誘導することができていると考えられる。

◆Mixiモバイルは、トライアル率が低いため、アクティブ利用が少ない

 Mixiモバイルの利用状況においては、認知されているものの、トライアル率が低く、トライアルユーザーと複数利用ユーザーが少ない(図5)。しかし、優良顧客は23.9%となっており、使うユーザーと試したことのないユーザーの二極化の傾向がある。

◆約3割の携帯ユーザーが複数のモバイルSNSをアクティブ利用

 複数のアクティブ利用SNSの重なりを確認したところ、約3割が複数のモバイルSNSをアクティブ利用している(図6)。

□ 調査概要(クローズド調査)

○ 調査対象 ・・・ ケータイユーザー
○ 調査地域 ・・・ 全国
○ 調査期間 ・・・ 2007年12月
○ 回答サンプル数 ・・・ 352サンプル
年代:10代18%、20代44%、30代27%、40代9%、50代2%
性別:女性64%、男性36%


□ 調査結果レポート

本調査のレポートを3万円(税別)にて販売いたします。ご希望の方は、下記までお申し込み、またはお問い合わせください。また、本調査の結果を再集計し、御社のニーズにあったレポートもご提供しております(別途見積りにて)。


レポート内容:
・モバイルSNSブランド調査(モバゲータウン、Mixiモバイル、Gree)
・モバイルSNSアクティブ利用度調査(モバゲータウン、Mixiモバイル、Gree、プチゲーフレンズ、StyleWalker、エキモバ、Yahoo Days、Gocco、Any)
・モバイルSNS利用目的調査


□ モバイルサイト、モバイルコミュニティサイト支援

モバイルマーケティング・ジェーピーでは、マーケティング・リサーチを駆使し、モバイルサイト(公式/一般サイト)や、モバイルコミュニティ(SNSなど)を運営している企業様を、調査およびコンサルティングによって、支援しております。お気軽に下記までお問い合わせください。



本件についてのお問い合わせ:

■株式会社MobileMarketing.JP
(リンク »)
〒108-0073 東京都港区三田4-1-30 慶通ビル4F
03-4590-7573
info@mobilemarketing.jp

■株式会社MobileMarketing.JPについて

【社名】 株式会社MobileMarketing.JP
【所在地】 東京本社:〒108-0073 東京都港区三田4-1-30 慶通ビル4F
【代表者】 代表取締役 江尻 尚平
【設立年月】 2006年8月
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
モバイルコンサルティング事業
マーケティングコンサルティング事業
【URL】 (リンク »)




<モバイルマーケティング・携帯ユーザー調査結果まとめ>
1.アクティブ利用シェアは、モバゲータウン43%、Mixiモバイル36%、GREE 26%
2.モバゲータウンは、未認知率を下げ、トライアルさせ、ロイヤルカスタマーを増やすことに成功
3.Mixiモバイルは、トライアル率が低いため、アクティブ利用が低い
4.約3割の携帯ユーザーが複数のモバイルSNSをアクティブ利用
5.モバイルSNSブランド比較では、モバゲータウンはコンテンツの魅力、Mixiモバイルはコミュニケーションの魅力の評価が高い
6.10代ではモバゲータウンブランドがコンテンツ魅力、コミュニケーション魅力両面で高い評価




◆モバゲータウンアクティブ利用率は43%



 モバイルSNSの利用の度合いについて頻度を聞いたところ、「モバゲータウン」をアクティブ利用しているユーザーは42.6%、「Mixiモバイル」をアクティブ利用しているのは36.1%、「GREE」をアクティブ利用しているのは、25.9%となっている。アクティブ利用は「いつも利用する」と「たまに利用する」を含む。「数回利用した」「知っているが利用したことはない」「利用したことはない」はアクティブ利用に含まれていない。「プチゲーフレンズ」は10.2%、「StyleWalker」は8.5%、「エキモバ」は6.8%、「Yahoo Days」は5.4%、「Gocco」は2.8%、「Any」は0.6%であった。




◆モバゲータウンは、未認知率を下げ、トライアルさせ、ロイヤルカスタマーを増やすことに成功



 モバゲータウンの利用状況においては、モバゲータウンの未認知率は4.3%と非常に低く、CMなどの広告による認知率アップの影響が大きいと思われる。また、取り込んだユーザーをうまく優良顧客に誘導することができていると考えられる。




◆Mixiモバイルは、トライアル率が低いため、アクティブ利用が少ない



 Mixiモバイルの利用状況においては、認知されているものの、トライアル率が低く、トライアルユーザーと複数利用ユーザーが少ない。しかし、優良顧客は23.9%となっており、使うユーザーと試したことのないユーザーの二極化の傾向がある。




◆約3割の携帯ユーザーが複数のモバイルSNSをアクティブ利用



 複数のアクティブ利用SNSの重なりを確認したところ、約3割が複数のモバイルSNSをアクティブ利用していることが確認。




◆モバイルSNSブランド比較では、「モバゲ ータウン」はコンテンツの魅力、「Mixiモバイル」はコミュニケーションの魅力の評価が高い。10代ではモバゲータウンブランドがコンテンツ魅力、コミュニケーション魅力両面で高い評価。



 トップ3モバイルSNSのブランドを評価してもらったところ、「モバゲータウン」は「コンテンツが楽しい」軸で高く表さされており、「Mixiモバイル」では「コミュニケーションが楽しい」軸で高く評価されていた。特に10代では、「モバゲータウン」を「コンテンツが楽しい」軸と「コミュニケーションが楽しい」軸の両軸で高く評価されていた。





□ 調査概要(クローズド調査)




○ 調査対象 ・・・ ケータイユーザー
○ 調査地域 ・・・ 全国
○ 調査期間 ・・・ 2007年12月
○ 回答サンプル数 ・・・ 352サンプル
年代:10代18%、20代44%、30代27%、40代9%、50代2%





□ 調査結果レポート




本調査のレポートを2万円(税別)にて販売いたします。



ご希望の方は、下記までお申し込み、またはお問い合わせください。また、本調査の結果を再集計し、御社のニーズにあったレポートもご提供しております(別途見積りにて)。




本件についてのお問い合わせ




■株式会社MobileMarketing.JP リサーチ部
(リンク »)
〒108-0073 東京都港区三田4-1-30 慶通ビル4F
info@mobilemarketing.jp
電話番号:03-6802-7901 FAX番号:03-6802-7902




■株式会社MobileMarketing.JPについて
【社名】 株式会社MobileMarketing.JP
【所在地】 東京本社:〒108-0073 東京都港区三田4-1-30 慶通ビル4F
【代表者】 代表取締役 江尻 尚平
【設立年月】 2006年8月
【事業内容】 モバイルリサーチ事業
モバイルコンサルティング事業
マーケティングコンサルティング事業
【URL】 (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR