真のクチコミ調査を体験できる「ブログ分析トライアルパッケージ」を提供 ブログ上のクチコミから消費者のホンネをつかむ / 30万円・先着10件限定

ディーフォーディーアール株式会社 2008年03月06日

ディー・フォー・ディー・アール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤元健太郎、以下D4DR)は、企業が遂行するマーケティングの継続的なPDCA改善を支援するブログ分析サービスのトライアルパッケージの提供を開始した。

■ブログ分析トライアルパッケージの特長

ブログ分析は、インターネット上で拡大し続け、消費者の購買行動に大きな影響をもつようになったブログのクチコミから消費者のホンネをつかみとり、新たな商品開発の気づきや潜在化している問題の発見など企業のマーケティングに有効活用できる。

D4DRは、企業の戦略的マーケティングを支援する一環として、業界に先駆け2005年春よりブログ分析サービスを開始し、市場調査にとどまるのではなく、消費者とより良い関係を築くための具体的なマーケティング・アクションを導き出すことをミッションとし、大手メーカーや大手広告代理店を中心に、マーケティングPDCA改善にクチコミを活用する提案を重ねてきた。

ブログ分析トライアルパッケージは、「注目のCGMに関心はあるけど何から手をつければよいのか・・・」「クチコミ調査の利用を検討しているが、費用がもう少し安ければ・・・」「他社の調査サービスを利用してみたが、結果をうまく活用できなかった・・・」など日頃聞かれるマーケターの悩みに応えて、CGM上で語られている企業やブランドのクチコミ概観をつかむのに最適な3つの基本調査に絞り込み、リーズナブルな体験版メニューとなっている。

基本調査1 :どれくらいの話題量が書き込まれているのか?
 (ブログ上の企業・ブランドなどの話題量を可視化する)
基本調査2 :どういった話題(コンテキスト)が書き込まれているのか?
 (ブログ上の企業・ブランドなどの話題の論調を可視化する)
基本調査3 :どんなホンネが書き込まれているのか?
 (ブログ上の企業・ブランドなどの消費者の生の声を可視化する)

⇒調査から得られた気づきや課題を整理し、消費者との有効な関係を築くためのソリューションを提示する

▽ブログ分析トライアルパッケージ紹介ページ▽
(リンク »)

■ブログ分析トライアルパッケージの料金

特別価格 :30万円
備考 :調査対象は過去6ヶ月以内に書き込まれた日本語ブログ(上限5,000件)
ブログデータを取得する検索エンジンはAsk.jpを利用
基本調査をこえる深堀調査は別途お見積



<D4DR株式会社の紹介>

D4DRは、IT/Webビジネス関連の戦略コンサルティングや、企業内におけるITの利活用に関わる事業戦略コンサルティングなど、「知的好奇心を社会の変化に変える企業」としてコンサルティングビジネスを行っている。

社名   : ディー・フォー・ディー・アール株式会社
本社   : 〒108-0073 東京都港区三田 1-6-7 WATANABEビル 2階
URL   :  (リンク »)
代表者   : 代表取締役社長 藤元健太郎 / 代表取締役 斉藤隆史
設立   : 2002年4月
資本金   : 2,000万円
事業内容   : ITを活用したビジネス分野における戦略・マーケティングコンサルテーション
ITを活用したビジネス分野における事業プロデュース・新規事業開発支援
 ITを活用したビジネス分野におけるベンチャーインキュベーション
 企業の知識創発支援,社内の知識創発システムの導入支援
 Webサイト、ブログ、コンテンツのプロデュース・評価
 IT分野におけるコンソーシアム、各種委員会のプロデュース、事務局支援
 IT分野を中心とした人材紹介事業(厚生労働省許可番号: 13-ユ-300214)


本件に関するお問い合わせ先

ディー・フォー・ディー・アール株式会社  担当者 :関根 中村 寺本
TEL : 03-3457-8646 / E-mail : press@d4dr.jp

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディーフォーディーアール株式会社の関連情報

ディーフォーディーアール株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!