ワップアップ株式会社(本社:東京都目黒区)は、 欲しい物(物欲)を明確する事によって、「なんとなく貯金」から「目的貯金」へのシフトを促し、 貯金の実現を助けるウェブサービスのベータサービスを2008年4月6日から開始致しました。 http://www.chokn.com/

業界初!サイバーな仕組みによって、目的貯金を応援するサービスのベータテスト開始!

ワップアップ株式会社 2008年04月06日

このたび、リリース致しました【物欲貯金[サイバーな貯金箱]】は、
「目的貯金を応援するサービス」です。
(リンク »)

欲しい物(物欲)を明確にして、「貯金する」という行動に対しての目的付けを行い、
「なんとなく貯金」から「目的貯金」へのシフトを促します。
そして、そこにリマインドメールや貯金に伴ったストーリー展開(予定)で、
貯金を継続できる仕組みを提供していく予定です。
最終的には、欲しい力を原動力に貯金して頂き、貯金を実現する事を目標としています。

「最近、貯金箱ブームですが、そのブームに乗ったけれど、
実際貯金できずに貯金箱がインテリアに成り下がってしまった」
という経験をしている人が増えているのではないでしょうか。
そんな人にまずは使って頂きたいサービスです。
商品は、現在はamazonにて販売されているモノなら
何でも物欲に登録可能です!

■業界初の貯金促進システム!
家計簿ネットサービスはこれまで数多く存在しましたが、
貯金を応援するネットサービスは存在しませんでした。
実現するためには意思の強さが必要な貯金。
その行為にこそ、インターネットの力を有効に使えると思うのです!

■新しいマーケティング要素の醸造
「いつまでに何が欲しいのか」をユーザー単位で把握する事によって、
企業側は、効果的なユーザターゲットに絞り込んで広告を打つことができるようになります。
また、なぜ、その物欲が湧き起こったのかも調査する事によって、
商品開発にもそのデータを活用する事ができるのです。

■貯蓄率の向上、モノを大事にする心の醸造
日本の貯蓄率は下がる傾向にあり、クレジットカードの普及により、
「モノをお金を貯めて買う」という経験をする機会が激減しています。
一生懸命にお金を貯めて購入したモノほど、愛着心が湧き、
ひいては、モノを大事にする心を醸成します。

■マゾな気持ちを満足させる
こんな、「欲しいモノを我慢させる」という
一種の自分イヂメ的要素も持っているサービスです。
「欲しいよ~欲しいよ~」
「でも、お金が貯まるまで買っちゃダメだ」
という自分との戦いに活用してください。

■企業概要
ワップアップ株式会社
東京都目黒区青葉台3-1-21-415
代表MAIL:info@wpap.jp
設立:2007年7月8日(決算期6月)
従業員数:4 名
事業内容:
インターネットメディア事業
飲食業仲介事業
コンサルティング事業

<<このプレスリリースの連絡先>>

■本件に関するお問合せ先
ワップアップ株式会社
Email: pr@wpap.jp

《関連URL》
(リンク »)
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

物欲貯金画面イメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ワップアップ株式会社の関連情報

ワップアップ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!