インターネットFAXサービス『faximo』、受信枚数の上限を1500枚に、履歴保存期間を60日に拡張

株式会社エディックワークス 2008年04月09日

FAXソリューションサービスを展開する、株式会社エディックワークス(所在地:東京都中央区 代表取締役:栗田浩樹)は、本日よりインターネットFAXサービス「faximo(ファクシモ)」( (リンク ») )の受信機能と管理機能を拡張いたします。

■背景
インターネットFAXサービス「faximo」は、昨年7月のサービス開始以来たくさんのお客様にご好評をいただいております。
これまでに数多くの要望が弊社に寄せられておりますが、この中でも特に多かった「もっと受信の上限枚数を上げて欲しい」「履歴の保存日数を延長して欲しい」という声にお応えし、お客様により満足いただけるサービスを目指しての機能拡張を行うことを決定いたしました。

■受信機能---受信上限枚数の増量
受信の月間上限枚数を従来の1,200枚から1,500枚へと増量いたします。受信枚数の上限枚数変更により、従来のパーソナルビジネスツールとして利用されるユーザー様だけでなく、グループ単位で利用されるユーザー様の需要も見込んでおります。

■管理機能---送信履歴・受信履歴の保存期間延長
現在の送信履歴・受信履歴の保存期間を30日から60日へと延長いたします。期間を延長することで、送信および受信したFAXの枚数等を前月分まで遡って確認することが可能になります。
さらにCSV出力機能も拡張されるため、前月の送受信先別の利用枚数集計や利用傾向などのデータ分析も可能となります。


■インターネットFAXサービス「faximo」について
インターネットFAXとは、Eメールを利用しインターネット回線を通してFAXの送受信を可能にするサービスです。
通常FAXを電子データで送受信するには、専用機器の導入や保守が必要となりますが、ASP型サービスである「faximo」は、新しく設備投資を行う必要が殆どありません。
「faximo」に入会いただくと、会員1名様ごとに専用FAX用電話番号1件を貸与いたします。
FAX受信では、貸与した番号宛のFAXを画像データに変換し、その画像をEメールに添付する形で会員様のメールアドレス宛に転送します。
FAX送信では、会員様の登録メールアドレスから任意のFAX番号を含むメールアドレス宛にEメールを送ることによって、電子文書をFAXに変換して送信いたします。
月額基本料は税込¥1,134、請求書の郵送を希望しない「請求書レス割引」をご利用いただくと月額税込¥987という低コストで、FAX専用番号をお持ちいただけます。
従来の固定電話料金に比べてコストの削減が可能です。また、FAX機のメンテナンスや用紙代、インク代などに費やすコストも低減できます。


■運営会社について
「faximo」運営会社である株式会社エディックワークスは、2006年10月の設立以来、フルフィルメント業務の革新を目指し、インターネットFAXをはじめとする様々なソリューションを提供しています。今後もより一層のサービス充実を目指してまいります。
当社に関する詳細な情報は、下記ウェブサイトをご覧下さい。
(リンク »)


■当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エディックワークス
マーケティング&コミュニケーショングループ 担当:榊原
TEL:03-3545-8667 FAX:03-6862-4712
e-mail n-sakakibara@edicworks.com

■株式会社エディックワークス
TEL:03-3545-6901 FAX:03-6862-4712
URL  (リンク »)
〒104-8155
東京都中央区銀座6丁目13-5 三愛星名ビル2F

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エディックワークスの関連情報

株式会社エディックワークス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!