iPodに保存された音楽をワイヤレスで聴ける Bluetooth Ver2.1 ステレオオーディオ送信機「BT-DockT」を発売

プラネックスコミュニケーションズ株式会社 2008年04月08日

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:久保田克昭、本社:東京都渋谷区、JASDAQコード 6784)は、iPodの音楽をBluetooth 搭載のヘッドセットやスピーカーで楽しめるiPod対応 Bluetooth Ver2.1 ステレオオーディオ送信機「BT-DockT」を4月中旬より全国の主要代理店およびPLANEX Directを通じて発売いたします。

□□主な特長□□

■iPod専用Bluetooth 送信機
iPodのDockコネクタにとりつけることで、Bluetooth 環境が簡単に構築できるiPod専用のBluetooth 送信機です。Bluetooth ヘッドセットやスピーカーと組み合わせて使うことによってワイヤレスで音楽を楽しむことができます。

●対応iPod製品
Dockコネクタ搭載のiPodシリーズ下記製品
iPod touch
iPod 第4世代~第5世代
iPod Classic
iPod nano
iPod mini

※iPod shuffleには対応しておりません。

■充電が不要
本製品はiPodからの電源供給により動作しますので、充電の必要がありません。

■Bluetooth 2.1対応
Bluetoothの最新バージョン2.1に対応しております。これまでと比べてBluetooth通信に必要な消費電力が少なくて済みますので、iPodの電池を長持ちさせることができます。また、ペアリング時のセキュリティも強化され、PINコードの入力を行うことなく16桁の英数字を入力した時と同等の暗号化が自動で行われますので安心です。もちろん、既存のバージョン2.0との互換性もあります。

■Class2(通信距離10m)対応
Bluetooth の出力Class2対応です。最大10mまでのワイヤレス通信が可能です。

■高音質プロファイル A2DP (Advanced Audio Distribution Profile) 対応
ワイヤレスでiPodの音楽を高品質で楽しむことができるA2DPに対応しています。

■AVリモートコントロール AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)対応
再生・停止などのAVリモコン機能であるAVRCPに対応しています。

■RoHS対応
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、6価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。


【製品写真】
(リンク »)

【メディアご担当者様お問い合わせ先】
(リンク »)

【ユーザ直販ページ】
PLANEX Direct
0120-415-978
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!