SASTIK Ⅲ Thin-Client Layer 発売のお知らせ。 ~セキュリティポリシーを持ち運ぶ!挿すだけでどこでも仕事環境に。 ユニアデックスがサポート、日本ユニシスグループが全社に導入~

株式会社サスライト 2008年04月09日

 株式会社サスライト(東京都千代田区 代表取締役 植松真司:以下サスライト)はこの度、各企業が頭を悩ます情報保護と利便性向上の両立に効果を発揮する、SASTIK Ⅲ Thin-Client Layer(サスティック スリー シンクライアントレイヤ)を発売します。

 本ソリューションを利用することにより、専用の認証用USBキーを既存のパソコンに挿すだけで、社内のメール、ストレージ、WEBアプリ等に安全に接続し、どこでもセキュリティポリシーを保った状態で個人の仕事環境を構築できます。セキュリティ、テレワーク、災害時対策として注目の集まるシンクライアント分野に、既存のシンクライアントシステムよりも安価に、かつ手軽に利用できるソリューションとしてご提案いたします。
 また、サポート・サービス分野で高い信頼性をほこる日本ユニシスグループのユニアデックス株式会社(東京都江東区 代表取締役 高橋勉:以下ユニアデックス)との業務提携により、情報セキュリティシステムに不可欠な高品質のサポートを提供いたします。これにより、最新のシンクライアント環境を構築から運用サポートまでワンストップで提供いたします。また、2008年度から日本ユニシスグループが、在宅勤務、サテライトオフィスなどの新しいワークスタイルでの活用、さらに災害時対策/事業継続用としてグループ全社に導入を進めております。
 SASTIK Ⅲ Thin-Client Layerを導入いただくと、専用の認証用USBキー(SASTIK 0MBキー)を既存PCのUSBコネクタに挿すだけでWEBアプリケーションサーバ、ファイルサーバ等に暗号化通信のうえで接続し、どこからでも社内リソースに安全にアクセスし、使用することができます。また、認証用USBキー装着時は装着したパソコンをシンクライアント化して使用(※1シンクライアントレイヤ機能)するため、情報漏洩を、悪意、過失によらず防ぎます。

【SASTIK Ⅲ Thin-Client Layerの特徴】
1、「セキュリティポリシーを持ち歩く」。在宅勤務、災害時対策、出先常駐者用に
SASTIK Ⅲ Thin-Client Layerをご導入いただくと、Windows実行中のPCに専用の認証用USBキーを挿すだけで、自動的にサーバに接続し、シンクライアントレイヤ上に、個人の仕事環境を構築します。どのIDにどの機能を使用可能とさせるかを管理することができるため、情報セキュリティにとって肝ともいえるセキュリティポリシーを、ユーザがどこで使用しても保つことができます。

2、トータルコスト1桁ダウン「データを守る」という考え方。だから、安くて、手軽。
SASTIK Ⅲ Thin-Client Layerでは既存の端末を使いながら作業を全てシンクライアントレイヤ上で行うことにより、本来の目的であるデータのみを守るため、従来の画面転送型のシンクライアントのように、OSやソフトウェアのリモートアクセスライセンスもいらず、処理自体も端末側で行うためより多くのユーザを安価なサーバマシンで処理することが可能となり、トータルコスト1桁ダウンを実現いたします。

3、ITリテラシー不問。既存のPCに挿すだけで使える。【特許技術:USB自動起動】
 事前の設定を必要とせず、専用の認証用USBキーをUSBポートに挿すだけですぐに使い始められます。標準の認証では、認証用USBキー自体によるハードウェア認証に加え、パスワードの認証を行うことで、確実な本人認証(二因子認証)の下、機能を使うことができます。また、既存のPCをそのまま使えるので、使いなれた環境で、ITリテラシーを問わず、どなたでも簡単に利用可能です。また、利用方法が簡単であるため、ユーザへの研修の簡素化、問合せ回数の減少など、システム管理者の負担軽減も臨めます。

 この度の業務提携を機に、日本ユニシスグループとサスライトとはICT分野における革新的なサービス構築を目指し、双方の強みを生かす形で協業を展開してまいります。

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

【※1シンクライアントレイヤ機能とは】
 シンクライアントレイヤとは、SASTIK標準デバイスを装着時に装着したパソコン上に構築される一時的な作業エリアです。認証用USBキー接続時の作業は全てこのシンクライアントレイヤ上の作業となり、使用後はシンクライアントレイヤごと消去するため、情報漏洩の心配がありません。また、シンクライアントレイヤから通常の保存エリアにファイルの複製を不可(ダウンロード禁止、名前をつけて保存の禁止等)にすることもできるため、セキュリティポリシーに沿ったシステム構築が可能です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サスライトの関連情報

株式会社サスライト

株式会社サスライトの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!