NET+ARMプロセッサ「NS9215」「NS9210」を発表

フレキシブルインタフェースモジュール(FIM)を搭載したARM9プロセッサ

ディジ インターナショナル株式会社 2008年04月17日

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、本日、製品やアプリケーションニーズに基づいて種々のハードウェアインタフェースを提供するフレキシブルインタフェースモジュール(FIM)を搭載した業界初のプロセッサ、「NS9215」と「NS9210」を発表します。FIMは、製品内の電子部品数を減らすことで、製品設計の複雑さとコストを低減します。


「新しいプロセッサファミリはいかなる独自のI/Oにカスタマイズ可能です。NS9215、NS9210とも、幅広くインタフェースをカバーするために、プログラマブルな2つの独立した高速コントローラを、FIMとして内蔵しています。異なるFIMは、特別なインタフェース機能の提供が必要な際にソフトウェアからロードできます」と、Digi InternationalのR&D上級副社長兼CTOのジョエル・ヤングは話しています。


NS9215とNS9210は、最大150MHzで動作する強力なARM926EJ-Sコアをベースとし、内蔵256ビットAESアクセラレータにより高いセキュリティも提供します。 NIST認証の内蔵AESアクセラレータは、SSL/TLSやIPsecプロトコルで安全なネットワーク通信を提供します。また、ソフトウェアだけによるソリューションと比べて最大10倍速くデータストリームを暗号化・復号化を行うとともに、プロセッサによって記憶・送信されるどのような顧客情報に対してもデータの機密を提供します。


NS9215とNS9210は加えて、低消費電力と高度なパワーマネジメントが要求される製品設計のためにハードウェアとソフトウェア機能の完全なセットである「Digi Dynamic Power Control (Digiダイナミックパワーコントロール)」も搭載しています。プロセッサに対して、アイドル時または入力待機時にシャットダウンするか、スピードが低減された省電力モードを使用するかを命令でき、必要に応じて、あるいはネットワークトラフィックに応じて再スタートを命令可能です。モバイルおよびバッテリなどの電源を使用する機器向けの理想的なプロセッサです。


NS9215は、4KBの命令/データキャッシュ、10/100イーサネットMAC、4つの高速UART、SPI、I2C、4つのPWM、10のタイマ、12ビットアナログ-デジタルコンバータ、クアドラチュアデコーダ、リアルタイムクロック(バッテリバックアップ搭載)、最大108のGPIO、2つのFIMへのアクセスといった機能を持っています。FIMは、現在SD/SDIO、CANバス、1-Wire、追加のUARTをサポートしています。USBロースピードデバイス、パラレルバス、I2S、Wiegandインタフェースへの対応については開発中です。


NS9215は、265ピン(15×15mm)BGAパッケージで提供されます。NS9210はNS9215インタフェースの一部分の利用により、さらに小さいフットプリントの177ピン(13×13mm)BGAで入手できます。またNS9210は、ARM7ベースのNET+ARMプロセッサ「NS7520」ともピン互換です。 NS9215、NS9210ともに、RoHS適合、工業温度対応です。


この新しいNET+ARMマイクロプロセッサは、現在提供中のConnectCore 9P 9215などのDigiの新しい組込みモジュールに搭載されます。ConnectCore 9P 9215モジュールはNS9215の持つすべての新しい機能にアクセスでき、迅速な試作開発とより早いタイム・トゥー・マーケットに対する製品設計を加速させることが可能です。また、NS9210は、人気のあるDigi Connect ME組込みデバイスサーバの次世代モデルに使用され、進歩したセキュアなネットワーク性能と追加のインタフェースの柔軟性を提供します。


NS9215は、現在サンプルを提供中で、2008年6月から11.95ドル(10,000ロット)での提供を開始します。NS9210は9.95ドル(10,000ロット)で2008年6月から提供します。NS9215、ConnectCore 9P 9215、NET+OS 7.3用の開発キットは現在提供中で、NS9210の開発キットも2008年6月に発売します。詳細はwww.digi.com/netarmをご参照ください。



■Digi Internationalプロフィール
1985年に設立されたディジ・インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持ち、あらゆるデバイスの接続やセキュアなマネジメントを行うためのビジネス向けデバイスネットワーキング、高い信頼性製品開発やテクノロジーを提供するリーディングカンパニーです。エンタープライズソリューションにセルラー・ゲートウェイ、Wi-Fiデバイスサーバ、ビデオ/センサ製品、USB接続製品、ゼロクライアント、マルチポート・シリアル・アダプタ、シリアルサーバ、ネットワークプロセッサ、組込みモジュール、ZigBee製品があります。Digi Internationalの詳細は、 (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

NS9215

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディジ インターナショナル株式会社の関連情報

ディジ インターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!