成長を続けるラテンアメリカのネットワークセキュリティ市場

株式会社グローバル インフォメーション 2008年05月13日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Frost & Sullivanの発行する最新の英文調査報告書「Latin America Network Security Markets」の販売を開始いたしました。

ネットワークセキュリティベンダーの大半は、2000年初頭からラテンアメリカで事業を展開していますが、この地域でセキュリティソリューションへの本格的な投資が始まったのは、2002年以降のことです。2004年からは、世界的にネットワーク攻撃のレベルが高まっていることや、周到で堅牢なネットワークセキュリティインフラストラクチャの重要性に対する認識が深まっていることなどを背景に、需要が大きく伸びています。また、モバイルユーザー向けのソリューションに対する需要が高まり、それに伴って、ラップトップやスマートフォン、PDAを守る強力なセキュリティソリューションが必要になったことも、需要拡大の要因となっています。


Frost & Sullivanがこのほど発行した調査報告書「Latin America Network Security Markets」によりますと、2007年のラテンアメリカ市場におけるネットワークセキュリティソリューションの売上高は1億8,610万ドルであり、2013年には5億9,840万ドルに達する見通しです。

【 英文市場調査報告書 】

Latin America Network Security Markets

ラテンアメリカのネットワークセキュリティ市場

(リンク »)


出版社Frost & Sullivan

出版日2008/02

【 本件に関するお問合せ先 】


株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR