MCPC モバイルコンピューティング利用動向調査結果のお知らせ

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC) 2008年05月14日

ビジネスユーザーを対象にモバイル機器やネットワークの利用状況などを調査した結果、モバイルコンピューティングの普及には、モバイル機器の機能向上とセキュリティ強化が必要ということが判明。

MCPC (モバイルコンピューティング推進コンソーシアム、会長:安田靖彦)は、ノートPCや携帯電話・スマートフォンを業務に活用しているビジネスユーザーを対象として、モバイル機器の使用状況やネットワークの利用状況と将来へのニーズに関する調査を実施し、その調査結果ならびに分析結果をまとめましたので、お知らせいたします。


1.調査の背景

移動体通信サービスの高速化、高度化やデバイスの進歩に伴い、ノートPCや携帯電話・スマートフォンの業務利用が広まりつつあります。また、業務の効率化、従業員の利便性向上等を目指し、社内システムにリモート接続環境を整備する企業も増えてきました。
そこで、MCPCではさらなるモバイルコンピューティングの普及促進を目的に、ノートPCや携帯電話・スマートフォンを業務に活用しているビジネスユーザーを対象として、モバイル機器の使用状況やネットワークの利用状況、将来へのニーズ、普及の阻害要因等をセキュリティ面も含めて調査いたしました。


2.調査の概要

(1) 調査期間:2008年1月23日~31日
(2) 調査方法:インターネット調査
(3) 有効回答数:350名 (9877名の回答者から、条件に合致するユーザーを抽出。)
 ・ノートPCを社外で業務使用する人   男性:61名、女性19名  計 80名
 ・スマートフォンを業務使用する人   男性:35名、女性 5名  計 40名
 ・携帯電話を通話以外で業務使用する人 男性:62名、女性18名  計 80名
 ・ノートPCを社外で業務使用しない人  男性:41名、女性 9名  計 50名
 ・デスクトップPCのみを業務使用する人 男性:59名、女性41名  計100名


3.調査結果の概要

(1)総論:モバイルコンピューティングはセキュリティ意識・インフラともに発展途上

 1. ユーザー特性は使用機器により大きな差:
   モバイル機器ユーザーは外出頻度が高い男性に多い。その中でもスマートフォンユーザーはアーリーアダプター的特性がみられる。
 2. インターネット接続・社内ネット接続の利用状況は機器により差:
   ノートPCを社外で業務利用する人やスマートフォンユーザーの社内ネット利用は堅調であるが、携帯電話ユーザーは社内ネット利用が低い。
 3. エンドユーザーのセキュリティ対策は不徹底:
   企業規模によりセキュリティ対策には大きな差がみられ、エンドユーザーレベルではセキュリティ意識が徹底されているとは言えない。
 4. 通信速度・重さ・キーボードに不満:
   通信速度に関する不満がどのモバイル機器でも高い。また、ノートPCでは機器の重さや使用場所が限られることがネック。携帯電話・スマートフォンではキーボード等の使いにくさを挙げる声も多い。
 5. 潜在ユーザーはセキュリティを危惧:
   モバイルコンピューティングをしない要因にはセキュリティに対する懸念もみられる。

(2)分析結果:
 1. ユーザー特性
  ● モバイル機器のユーザーは全体的に男性が主体であり、外出頻度が高い。
  ● ノートPCを社外で業務使用する人は40代が多く、スマートフォンを業務使用する人は20代が多い。
  ● 携帯電話とノートパソコンは業務上の社外使用が多い。スマートフォンを業務で使う人は5%と少数。
 2. 利用状況
  ● ノートPCを社外で業務使用する人の8割弱がインターネットに接続し、4割強が社内ネットに接続している。その目的はメールチェックが主だが、社内文書の確認もかなり多い。
  ● 携帯電話・スマートフォンユーザーのインターネット接続率は7割弱。社内ネット接続率はスマートフォンが6割と高いが、携帯電話は2割と低い。
 3. セキュリティ意識
  ● ノートPCは基本的に会社支給だが、携帯電話は私物が原則で、会社認証なしが多い。
  ● 携帯電話・スマートフォンユーザーでは、物理的対策も含めセキュリティ意識が高いとは言えない。
  ● 大企業ではセキュリティポリシーの制定が多くの会社で行われているが、中小企業では制定は低調。
 4. 不満点とニーズ
  ● インターネット接続時・社内ネット外部利用時の不満のトップは、通信・接続速度の遅さ。
  ● ノートPCを社外で使用する人では機器の重さを不満とする割合が顕著。スマートフォンではキーボード操作への不満も。
 5. 潜在ユーザー
  ● 「該当業務がない」がモバイル使用をしない理由のトップだが、セキュリティと会社規定を阻害要因とする声も3割近くある。
  ● モバイル使用の契機として「ノートパソコンを会社が支給してくれたら」という声も大きい。


4.調査報告書等の目次と公開について

本調査報告書および集計データについての公開(Web)はMCPC会員のみとさせていただきます。

 「MCPCモバイルコンピューティング利用動向調査報告書」:目次
  I. 調査概要
  II. まとめ
  III. 調査結果
      1章. ユーザープロフィール
      2章. モバイル機器の購入状況とセキュリティ状況
      3章. ノートPCの社外使用状況
      4章. モバイル機器の社外ネット利用
      5章. モバイル機器の社外ネット外部利用
      6章. 将来へのニーズ
  IV. 資料(自由回答一覧/アンケート調査表)


【MCPCについて】
MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム 会長:安田靖彦)は、業界を超えたモバイルコンピューティングの普及促進団体として1997年に発足いたしました。
端末インターフェースガイドライン及びBluetooth など多数の標準化作業をはじめ、「セキュリティ対策ガイド」発行、「MCPCモバイルソリューションフェア」開催、「モバイルシステム技術検定」実施などを通して、モバイル市場の拡大に貢献しております。
MCPC加盟企業 160社 (2008年5月14日現在)


[本件に対する問合せ先]
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC) 事務局
所在地 : 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-12 芝公園真田ビル2F
TEL : 03-5401-1935 FAX : 03-5401-1937
URL : (リンク ») E-mail: office@mcpc-jp.org

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)の関連情報

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR