オリンピックまではブロードバンドアグリゲーションハードウェアの購入が続く中国市場

株式会社データリソース 2008年05月22日

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は、2007年、中国のブロードバンドアグリゲーションハードウェアの販売高は、日本や韓国の約4倍だったと報告する。

カリフォルニア州キャンベル、2008年5月13日
2007年、中国におけるMSAPやIP DSLAMなどのブロードバンドアグリゲーションハードウェアの販売高は、日本や韓国の約4倍であると、米国調査会社インフォネティクスリサーチ社の年刊調査レポート「ブロードバンドアグリゲーションハードウェア:中国、日本、韓国」は報告している。

この調査レポートによれば、2007年のアジア太平洋地域のブロードバンドアグリゲーションハードウェア消費の約50%が中国で、消費額は20億ドルである。

「中国は北京オリンピックのためにブロードバンドアグリゲーションハードウェアの導入が加速しており、アジア太平洋地域の最大の市場である。アジア太平洋地域は、ブロードバンドアグリゲーションハードウェアの世界最大の市場だが、日本や韓国の市場では既に接続サービスが銅線からファイバーへ移行し始めているために、2008年以降のDSL販売は横ばいとなるだろう」と、インフォネティクスリサーチ社のブロードバンドネットワーク部門の主任アナリストMark Showalter氏は語る。

主な調査項目を以下にあげる。

*アジア太平洋地域は、世界の通信支出(CAPEX)の1/3近くを占め、世界のブロードバンドアグリゲーションハードウェア支出の1/3を越えている
*インド、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシアのサービスプロバイダは、アジア太平洋地域のその他の地域よりも銅線ベースのDSLサービスが多いものの、アジア太平洋地域では順調にMSAPやIP DSLAMの市場が成長している
*銅線からファイバーへの移行の主な要因は、IPネットワークへの移行プロジェクトや、ビデオ、IPテレビ、オンラインゲーム、P2Pアプリケーションなどのトラフィックの急激な増加である
*中国では、HuaweiとZTEがIP DSLAMとMSAP市場の断トツのトップ企業である
*中国、日本、韓国以外のアジア太平洋地域の諸国では、MSAP市場ではUTStarcomが、IP DSLAM市場ではAlcatel-Lucentがトップ企業である
*Nokia Siemensは現地のDasan Networksを吸収したために、韓国のIP DSLAMとMSAPの両市場でトップである

インフォネティクスリサーチ社の調査レポートは、中国、日本、韓国などのアジア太平洋地域のマルチサービスアクセスプラットフォーム(MSAP)、IPデジタル加入者線アクセス集線装置(IP DSLAM)、ADSL、G.SHDSL、VDSL、PON OLT、Ethernet OLT、DS0などのポートの市場シェア、市場規模、予測を提供している。

ADTRAN、Alcatel-Lucent、Corecess、ECI、Ericsson、Huawei、Millinet、日本電気、Nokia Siemens、Samsung、UTStarcom、Zhone、ZTE、Zyxelなどの企業について調査している。



◆調査レポート
ブロードバンドアグリゲーションハードウェア:中国、日本、韓国
(リンク »)

◆米国インフォネティクスリサーチ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR