弁護士や税理士などの士業向けに特化した「完全成果報酬型SEOサービス」をスタート!

オーセンスグループ株式会社 2008年05月26日

From DreamNews

「弁護士ドットコム」や「税理士ドットコム」等の日本最大級の専門職検索マッチング
サイトを運営するオーセンスグループ株式会社(東京都港区、代表:元榮太一郎)は、法律事務所や税理士事務所などの専門職に特化した完全成果報酬型の検索結果の最適化(SEO)サービスを開始しました。

「弁護士ドットコム」や「税理士ドットコム」等の日本最大級の専門職検索マッチングサイトを運営するオーセンスグループ株式会社(東京都港区、代表:元榮太一郎)は、法律事務所や税理士事務所などの専門職に特化した完全成果報酬型の検索結果の最適化(SEO)サービスを開始しました。


---------------------------------------------------

弁護士ドットコム「完全成果報酬型SEOサービス」
(リンク »)

税理士ドットコム「完全成果報酬型SEOサービス」
(リンク »)

---------------------------------------------------


▼「完全成果報酬型SEOサービス」について

弁護士ドットコムや税理士ドットコムへ寄せられた過去累計相談1万件以上のデータを生かし、申込のあった法律事務所や税理士事務所の特徴やHPの状況等に応じて、上位表示対策を行うキーワードの選定も含めて売上拡大に貢献します。

また、既に検索エンジンに上位表示されている弁護士ドットコムや税理士ドットコムのサイトパワーを生かし、専門職に特化することで、低価格でのサービスを提供します。


 ●最短5日でSEO対策を開始可能です。
 ●適切な内部施策と圧倒的な被リンクの質と量で安定した効果が得られます。
 ●専門職に特化した総合的なWEBコンサルティングで、適切な効果を得られます。
 ●初期費用無料。10位以内に表示されて初めて料金が発生する完全成果報酬型!!


▽弁護士ドットコム(  (リンク »)  )とは
 税理士ドットコム(  (リンク »)  )とは

「専門職サービスをもっと身近にもっと便利に」を理念に、法律・税務の問題を気軽に専門職に相談・解決することが出来る日本最大級の専門職検索マッチングサイトです。

▽弁護士ドットコム・税理士ドットコムのサービス概要
・「インターネット相談(1回2往復3150円又は2100円)」
->24時間365日いつでもどこでも専門職に相談可能
・「費用の一括見積(無料)」
->最大15名の専門職からの見積回答を受け取ることが可能
・「検索サービス(無料)」
->専門職の口コミ情報や充実したプロフィールを閲覧可能


 本件に対するお問い合わせ
 オーセンスグループ株式会社
 住所:東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台8階
 tel:03-5549-2555 / mail:customer-support@authense.co.jp
 担当:福田竜一


◆弁護士ドットコムは、「日本初」の弁護士の見積比較サイトという革新的なサービスであることもあり、大前研一のアタッカーズビジネススクール主催の事業計画コンテストではエコノミストの大前研一氏から評価されて優勝し、ドリームゲート主催の「ドリームゲートアワード」では並み居る有望ベンチャー企業がエントリーする中、ノミネートされています。また、2005年10月の運営スタート以降、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞、産経新聞などの新聞各社、日本テレビの「行列のできる法律相談所」、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」やフジテレビの「めざましテレビ」など多数のメディアで紹介されています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オーセンスグループ株式会社の関連情報

オーセンスグループ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?