アイマトリックス、ダイワボウ情報システムとマトリックススキャンの販売代理店契約を締結

マトリックススキャン APEX およびマトリックススキャン FLOWを取扱い

アイマトリックス株式会社 2008年06月03日

アイマトリックス株式会社(本社:神奈川県川崎市 代表取締役社長:小島 美津夫)とダイワボウ情報システム株式会社(本社:、取締役社長:松本 紘和)は、アイマトリックスのアンチスパム・ウイルスアプライアンス製品 “マトリックススキャン APEX” およびメールフローコントロールアプライアンス製品 “マトリックススキャン FLOW” に関して、5 月23 日、販売代理店契約を締結し、同製品の販売を開始しました。

ますます深刻化する企業IT システムのセキュリティ問題において、「マトリックススキャン APEX」および「マトリックススキャン FLOW」を、メールシステムのセキュリティ強化に関心の高い企業、インターネットサービスプロバイダやセキュリティシステムベンダ、また設備投資コストやメンテナンス維持コスト高騰に悩むユーザをターゲットに積極的な販売活動を実施しています。ダイワボウ情報システムは販売代理店契約を締結し、アイマトリックスと共同で全国に広がる販売網を軸に、業界トップクラスのスパムソリューションサービスと365 日の保守サービス体制による高付加価値の戦略的セキュリティソリューションを展開していきます。

■ アイマトリックス株式会社について
URL: (リンク »)
2000 年に創立され、主にEメール、システムセキュリティに関連するサービス、技術・市場開発を行ってきたベンチャー企業。 「マトリックススキャン APEX」に代表されるメールセキュリティアプライアンスの開発・販売を主軸とし、アイマトリックス独自開発技術と海外のユニークな技術を融合させたハードウェア・ソフトウェア製品を発売している。また、PC-IBMシステムWebコネクティビティソフトウェアや、バイパス機能を持つ特殊なネットワーク製品の販売や、国内外のITベンチャー企業の市場開発コンサルタント、事業受託もおこなっている。 アイマトリックス株式会社は、コムタッチ社:Commtouch Software Ltd. の日本総代理店であり、RPD技術、VOD技術、IP Reputation技術のOEM販売および技術サポートをEメールS/Wやセキュリティアプライアンスベンダーに対して行っている。

■ダイワボウ情報システム株式会社について
東証1部、大証1部上場。独立系パソコンディーラーとして国内PC業界最大級。マルチベンダーとして、世界中のあらゆるメーカーのパソコンを始めとするIT関連商品を扱う。3万品目を超える圧倒的な商品在庫を持ち、全国に80余の営業拠点と14カ所の物流センターを有し、顧客と当社をインターネットで結ぶBtoBシステム「iDATEN(韋駄天)」により、365日・24時間の受注・在庫確認体制で、よりリアルタイムできめ細かなサービスを実現している。
会社名: ダイワボウ情報システム株式会社
URL: (リンク »)
所在地: 大阪市中央区本町3丁目2番5号
代表者: 代表取締役社長 松本 紘和
資本金: 113億00百万円(平成20年3月現在)
設立: 1982年(昭和57年)4月8日

■ お問い合わせ先
アイマトリックス株式会社
TEL: 044-272-6771
E-mail: press@imatrix.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アイマトリックス株式会社の関連情報

アイマトリックス株式会社

アイマトリックス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!