世界の主要OEM企業におけるワイヤレスインフラの収益は2008年第1四半期において前年比22.6%、126億ドルに増大

株式会社グローバル インフォメーション 2008年06月03日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社EJL Wireless Researchの発行する最新の英文調査報告書「Global Wireless OEM Financial Results Q1 2008 - "Under the Radar" Research Series」の販売を開始いたしました。

米国の調査会社EJL Wireless Researchが発行した最新の報告書 「Global Wireless OEM Financial Results Q1 2008」によると、世界のBTS(基地局)インフラ市場における主要OEM企業の収益成長率は、2008年の第1四半期において対前年比22.6%の成長となり126億ドルに達しました。EJL Wireless Researchの創立者であり社長のEarl Lum氏は、「市場は前期との比較ベースでマイナス15.4%の減少となりましたが、為替レートの変動により、ドル建てにおいて強い前年比成長を記録しました。」と述べています。同報告書は、Alcatel-Lucent、Ericsson、Motorola、Nokia Siemens Networks、Nortel NetworksおよびZTEを含めた、主要OEM企業における世界のワイヤレスインフラ市場の収益について独自の展望を提供しています。

【 英文市場調査報告書 】

Global Wireless OEM Financial Results Q1 2008 - "Under the Radar" Research Series

世界のワイヤレスOEMベンダーの財務実績:2008年第1四半期

(リンク »)


出版社EJL Wireless Research

出版日2008/05


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!