第18回価格.comリサーチ 調査結果『夏のボーナス2008 ―何にどのくらい使う?―』

株式会社カカクコム 2008年06月03日

株式会社カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com( (リンク ») )」が実施したユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、第18回調査『夏のボーナス2008 ―何にどのくらい使う?―』から、結果を一部抜粋の上、ご案内します。


価格.comでは、2007年夏より、ユーザーに対してボーナスに関する調査を行なっていますが、2008年夏のボーナスについても、「いくらもらえそうか?」「何にどのくらい使うのか?」といった消費意識について、サイト上でアンケート調査を行いました。
2007年夏のボーナスに関する調査結果との比較も行っています。


期間:2008年5月15日~5月21日
回答者数:3,244人
男女比率:男84.3%:女15.7%
参考:2007年夏のボーナスに関する調査結果
(リンク »)


<調査結果ダイジェスト>
◆推定支給額:働き盛りの30代、40代は昨夏から大幅にダウン
◆自由に使える金額:ボーナス支給額に対して、8~9割程度
◆70%以上が、「自由に使えるお金が減っている」と回答
◆「貯金」が44%! 商品購入にかける金額は減少
◆夏のボーナスで購入するモノ1位、「洋服・ファッション関連」、
 次いで「液晶テレビ」、「DVDレコーダー/プレーヤー」


このようにボーナスの支給額は若干減少傾向、貯金に回す比率が高く、消費者の7割以上が「自由に使えるお金が減っている」と感じていることが明らかになりました。
また家電製品など商品購入に使う金額は大きく減少している結果が出ており、北京五輪を目前に控え「液晶テレビ」や「DVDレコーダー」といったテレビ関連製品の人気は強いものの、購入に関してはかなり慎重に値段などを見据えながら検討、という消費者の姿が浮き彫りになっています。


詳細結果は、以下のURLでご確認いただけます。
(リンク »)


リサーチ結果のバックナンバーはこちら
(リンク »)  


【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役:田中 実
事業理念:ユーザー本位の新しい購買支援サービスを創出しつづける
事業内容:サイトの企画・運営
・購買支援サイト『価格.com( (リンク ») )』
・高級ホテル・旅館予約サイト『yoyaQ.com ( (リンク ») )』
・グルメ・レストランのクチコミサイト『食べログ.com( (リンク ») )』
・新築マンション検索サイト『マンションDB( (リンク ») )』


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム  広報担当 甲斐 内山 
tel:03-5805-7511 mailto:pr@kakaku.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR