「行動ターゲティング」を可能にする 新しいOne to Oneマーケティングソリューションを提案

Webアクセス解析ツール「RTmetrics」とメールマーケティングツール「MailPublisher X」を連携し、離脱者をコンバージョンに導く効果的なプロモーションが可能に

オーリック・システムズ株式会社 2008年07月01日

エイケア・システムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 有田 道生)、オーリック・システムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 幾留 浩一郎)、スリーハンズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 手塚 誠人)は、Webアクセス解析とメールマーケティングを融合したOne to Oneマーケティングソリューションを共同で提供することに合意しました。

このたび共同で提供するソリューションは、オーリックのリアルタイムWebアクセス解析ソフト「RTmetrics」とエイケアのメールマーケティングソフト「MailPublisher X」を連携させることで、従来では難しかった、より効果的なプロモーションの展開、コンバージョン率の向上を目指すものです。

同ソリューションは、3社ならびに各社の販売パートナ経由で提供し、また、スリーハンズにおいては両ソフトウェアの連携部分における技術的なサポートと、マネージドホスティングサービスの提供を行っていきます。


■Webアクセス解析とメールマーケティングの融合について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
従来、Webアクセス解析ソフトはサイト訪問者の行動履歴を把握するツールとして、メールマーケティングソフトは顧客囲い込みや販売を促進するプッシュ型情報配信ツールとして、それぞれ別の用途で扱われてきました。
「MailPublisher X」では、メール内のURLクリックカウントと最終的なコンバージョンを把握することが可能ですが、Webサイト内における動きまでは把握することができませんでした。一方、「RTmetrics」は、個を特定してWebサイト上の行動分析やセグメントが可能ですが、個々の顧客に対してその後のアクションを促し売上を上げる仕組みを持っていませんでした。

両システムの連携により、メール配信からメール内URLのクリック、Webサイト上の動線解析、コンバージョン分析までの一貫した把握が可能になり、更に、例えばECサイトにおいて購買に至る途中離脱者を対象にメールによるフォローアップを行うなど、サイト上の顧客の行動に基づいたセグメンテーションとターゲティングメールの配信によって、高いコンバージョン率を見込む効果的なプロモーションも行えるようになります。


「MailPublisher X」は、インテリジェントな配信を可能にしたパッケージ型メール配信ソリューションで、エプソン販売様、大塚商会様などにご利用いただいております。一方「RTmetrics」は、大規模サイト、携帯サイトを中心として国内358社への納入実績、15,850を超えるライセンス発行があります。両社は今後、これらの既存ユーザをはじめとし、両ツールの連携ソリューションを提案していきます。
また、3社は、来る7月11日(金) 両ツールの連携ソリューションについてのセミナーを共同で開催します。


■3社共同セミナー開催概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

「RTmetrics」と「MailPublisherX」両ツールそれぞれの利点を融合し、より精度の高いプロモーションの実施、高い反響を獲得する方法をご提案します。

◇名 称 :ログを活用してメールマーケティングを変える
「ツール」はOne to Oneの実現で「強力な武器」に

◇日 時 :2008年7月11日(金) 13:30~16:30

◇場 所 :山王健保会館 (港区赤坂2-5-6)
       (リンク »)
◇定 員 :100名(無料)

_________________________
■エイケア・システムズ株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
メッセージングテクノロジを核とした、システムの導入コンサルティングから、ソフトウェア開発、システム運用までのトータルソリューションを提供(システ ムコンサルティングサービス、システムインテグレーションサービス、ASP、アプリケーションパッケージ販売)。「MailPublisher」シリーズでは、1,300を超える導入実績があります。1999年12月設立。2007年9月期 の売上高約16億円。2008年6月に「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」第1号認定分として、ASPの3サービスが認定を取得しました。

_________________________
■オーリック・システムズ株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
オーリック・システムズ株式会社は、2002年4月に設立し、大規模Webシステムに対応可能なパケットキャプチャ型のリアルタイムアクセス解析ソフトウェア「RTmetrics」、URL/個別アプリケーション毎の応答性能や品質を監視するシステム部門向けアプリケーション「RTbandwidth」など「RTシリーズ」の販売およびサービスを提供しています。「RTシリーズ」は、国内358社(2008年4月時点)のWebシステムで活用されており、iDC(データセンタ)ユーザを含めると、発行ライセンス数は15,850MU(2008年4月時点)に及びます。本社(1996年設立)は米カリフォルニア州パサデナにあり、多くの大規模ユーザが「RTシリーズ」を導入しています。

_________________________
■スリーハンズ株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
スリーハンズ株式会社(2000年4月設立)はフル・マネージドサービスを軸に主にホスティング事業を展開しています。ネットインフラの提案、構築、運用、障害復旧の各フェーズの実務・サポートを行っています。エントリークラスからハイエンドまでの幅広いサービスのお手伝いをさせて頂いています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR