調査結果「終電逃して“プチネット難民”3割以上が経験」

プチネカフェ難民、終電逃した3割以上が経験                  ~男性、20代は4割超える

株式会社アイシェア 2008年07月04日

ブロガー向け情報サイト「ブロッチ(http://blogch.jp/)」などネットマー ケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員を パネラーとするリサーチ結果を発表した。

<調査概要>
残業や飲み会が長引き、終電を逃してしまった時。ひと昔前ならカプセルホテ
ルで仮眠をとり、翌朝そのまま会社へ出勤するというのがよくあるパターンだ
った。しかし最近は、手ごろな値段で24時間利用できるネットカフェやマンガ
喫茶が増えたこともあり、最終電車に乗り遅れた人がお世話になるケースも少
なくないようだ。そこでこうした「プチネカフェ難民」の実態について調査。
20代から40代を中心とする男女ネットユーザー437名の回答を集計した。

飲み会などで終電を逃し、ネットカフェやマンガ喫茶に泊まったことがあると
答えた人は全体の16.7%で、男性では21.2%、女性は12.1%。一方「終電を逃
したことはあるが、ネットカフェなどに泊まったことはない」人の割合は男女
問わず3割ほどで、終電に乗り遅れたことがない人は女性で56.7%、男性は49.5%、
全体では53.1%だった。

さらに「終電を逃したことがある」と答えた205名に絞り込み、終電を逃した際
のネットカフェ宿泊経験を見ると、全体の35.6%が「プチネカフェ難民」経験
者。男女別では男性42.0%、女性28.0%と女性に比べ男性の方が14ポイントほ
ど経験率は高かった。また、終電を逃したことがある人の割合が20代46.7%、
30代47.1%、40代51.3%と年代が上がるにつれ高くなるのに対し、「プチネカ
フェ難民」率は20代46.4%、30代39.0%、40代24.6%と低下する結果に。働き
盛りの先輩会社員にとってネットカフェは、まだまだ身近な存在ではないのか
もしれない。

<調査データ>
・飲み会などが原因で終電を逃したことはありますか?
・終電を逃した時、ネットカフェやマンガ喫茶に泊まったことはありますか?

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:437名
調査日:2008年6月19日~2008年6月21日
男女比:男性:50.8% 女性:49.2%
年代比:20代:13.7% 30代:51.0% 40代:27.2% その他:8.0%
-----------------------------------
 「プチネット難民に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!