調査結果「かかってきた営業電話、9割がすぐに切断。最後まで聞くは4%」

営業電話、9割近くが「すぐに切る」          ~「最後まで聞く」は4%

株式会社アイシェア 2008年07月31日

ブロガー向け情報サイト「ブロッチ(http://blogch.jp/)」などネットマー ケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員を パネラーとするリサーチ結果を発表した。

<調査概要>
一方的にかかってくる営業電話。受ける側はどのように対応し、またどう感
じているのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー384名の回
答を集計した。

営業電話を受けた時の対応は、「早めに断って電話を切る」「ガチャ切りす
る」が合わせて84.4%で、ほとんどがすぐに電話を切っている。男性では
「ガチャ切り」派が1割にのぼった。しかし営業電話を拒否する対応が多い
中、「つい最後まで話を聞いてしまう」とする人は4%とゼロではない。営
業電話を「迷惑だ」と感じている人が8割近く占める一方、「営業だから仕
方がない」と1割強が理解を示していることもつながっているのだろう。

営業の電話を受けたとき、どう対応するか聞いたところ、「早めに断って電
話を切る」が77.6%で突出してトップ。2位の「ガチャ切りする」の8.1%を
大きく上回った。「その他」の具体的な対応では、「心当たりのないナンバー
からの電話には出ない」または「留守電にしておく」と、営業電話を拒否す
る対応が多数を占める一方で、「電話番号をどう知ったのか問い返す」との
記述が複数見られた点は興味深い。なお「つい最後まで話を聞いてしまう」
との回答も、少数ながら男女とも3.9%あった。

性別に見ると、「早めに断って電話を切る」は、女性の82.2%にのぼり、男
性の73.5%を10ポイント近く上回った。一方「ガチャ切りする」と答えた男
性が12.3%だったのに対し、女性は3.3%。男性の1割以上がガチャ切り派だっ
た。また世代別では30代、40代で「早めに断って電話を切る」が8割近いの
に対し、20代では7割弱。一方「ガチャ切りする」比率は、20代で12%、30
代で8.5%、40代で6.5%。同じ断るにしても、女性より男性の方が、また世
代が低いほど営業トークにまったく耳を貸さず電話を切っているようだ。

営業の電話を「迷惑だと思う」と回答したのは、全体の78.6%。性別、世代
別を問わず高い比率で営業電話に否定的だが、女性が79.4%、40代が81.5%
と、やや高めだった。また全体の13.5%が「相手も仕事なので仕方がない」
と感じていたが、女性の16.7%に対し男性は10.8%と低め。年代別で見ると、
20代の14%、30代の17.6%に対し40代では8.4%と10ポイント近く低く、40
代が電話営業にかなり否定的であることが伺えた。

<調査データ>
・個人に営業の電話を受けた時、どのように対応しますか?
・営業電話に関してどう思いますか?
など
(リンク »)
 ※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。
  (リンク »)

<調査概要>
 有効回答数:384名
 調査日:2008年7月16日~2008年7月18日
 男女比:男性:53.1% 女性:46.9%
 年代比:20代:13.0% 30代:49.0% 40代:31.0% その他:7.0%

 「営業電話に関する意識調査」
 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
  (リンク »)
 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?