【ホットリンク】第31回ホットリサーチ 2008年北京五輪、口コミで話題になった日本選手のランキングを発表!

株式会社ホットリンク 2008年09月04日

堂々の1位は北島康介選手! 2008年北京五輪、口コミで話題になった 日本選手のランキングを発表!

エージェントシステム開発の株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、
代表取締役社長:内山幸樹、以下ホットリンク)は、同社が開発した
ネット上の口コミ分析サービス「クチコミ@係長」を利用し、2008年北京五輪の
日本選手団339名に関する口コミを分析。700万人のブロガー、そして、
1000万人といわれる2ちゃんねらーが書き込んだ口コミからわかった、
「2008年北京五輪・口コミで話題になった日本選手ランキング」を作成、
公表しました。このレポートでは、その結果を明らかにするとともに、
上位にランキングされた選手たちについて、その理由を考察します。

【調査概要】
ネットの口コミ分析サービス「クチコミ@係長」を使い、ブログ、
掲示板から発信された口コミ数を計測し、ランキングした。

<調査対象記事>
対象範囲 国内主要ブログポータル17ポータル、2ch(※1)、他掲示板
対象記事数 22億6239万4449記事
内ブログ記事数  5億1336万216記事(836万767ユーザー)
(※1) 2ch データは、2chデータの独占販売権を保有している
株式会社ガーラ社との契約による許可のもとに使用しております。

<調査期間>
2008年8月8日~24日

<調査対象>
2008年北京五輪の日本選手団339名

1、北京五輪 クチコミで作る「話題選手ランキング」

ランキング 選手名 口コミ件数(件) 出場競技
――――――――――――――――――――――――――――
1位      北島康介      88603     水泳男子100m平泳ぎ 他
2位      谷亮子       51531     柔道女子48kg級
3位      野口みずき     26721     陸上女子マラソン
4位      中村美里      23391     柔道女子52kg級
5位      福原愛       20356     卓球女子シングルス・団体
6位      上野由岐子    19426     ソフトボール
7位      内柴正人     18886      柔道男子66kg級
8位      内村航平     18886      柔道男子団体総合 他
9位      浜口京子     16773      レスリング女子72kg級
10位     土佐礼子     16599      陸上女子マラソン

2位以下を4万件近く引き離し、断トツの1位に輝いたのは、水泳の北島康介選手。
前回のアテネに続き、2大会連続で100m平泳ぎ、200m平泳ぎの2冠を
達成しただけに、この結果は当然と言えよう。
意外だったのは、2位から5位にランクインした女子選手4人。
柔道の谷亮子選手(2位)、中村美里選手(4位)こそ銅メダルに輝いたものの、
福原愛選手(5位)は個人、団体ともにメダルを獲得することはできなかった。
3位の野口みずき選手に至っては、ケガのためレースを欠場している。
この4人については、競技結果というより、それ以外の要素でネットユーザー
たちの注目を集めたのだろう。
特に注目すべきは、中村美里選手だ。五輪初出場で銅メダルに輝きながら、
「金メダル以外は同じ」とニコリともせずに言い放った試合後のインタビューは
印象的だった。
19歳という若さに加え、まだあどけなさの残るルックスも魅力十分。
ほかの3人に比べると、これまでの知名度は劣ったが、北京五輪でいっきに
ブレークし、これからの注目株といえよう。
 一方、6位から9位にはズラリとメダリストたちが並んだ。
準決勝から3連投で413球を熱投。宿敵アメリカを破って悲願の金メダルを
獲得したソフトボールの上野由岐子選手(6位)、今回、日本選手団金1号で、
アテネ五輪に続き2大会連続で金メダリストとなった柔道66kg級の
内柴正人選手のランクインは当然の結果といえる。
また、3位の野口選手に続き、女子マラソンからは土佐礼子選手が
10位に入ったが、こちらもレース自体は、途中棄権と残念な結果に終わっている。
それでも、話題として取り上げられるのは、それだけ女子マラソンに対する
期待が大きかったことの表れだろう。
 また惜しくも10位以内には入らなかったが、柔道女子の谷本歩実選手(13位)、
塚田真希選手(15位)、柔道男子の石井慧選手(19位)、レスリング女子の
伊調馨選手(14位)、吉田沙保里選手(18位)水泳女子の中村礼子選手(16位)
など、メダリストたちは、やはり上位に顔を出していた。


2、北京五輪 クチコミで作る「“感動を呼んだ”選手ランキング」

選手名と一緒に、「感動 or 泣けた or 素晴らしい or 快挙 ...」という単語を検索。
クチコミで、“感動を呼んだ”日本人選手をランキングした。

ランキング 選手名 口コミ件数(件) 出場競技
――――――――――――――――――――――――――――
1位      北島康介     13154      水泳男子100m平泳ぎ 他
2位      平野早矢香    3999      卓球女子シングルス・団体
3位      野口みずき    2410       陸上女子マラソン
4位      内柴正人     1643       柔道男子66kg級
5位      浜口京子     1506       レスリング女子72kg級
6位      福原愛      1442       卓球女子シングルス・団体
7位      鈴木桂治     1330       柔道男子100kg級
8位      内村航平     1283       柔道男子団体総合 他
9位      上野由岐子    1172       ソフトボール
10位      伊調馨      1000       レスリング女子63kg級


ここでも断トツの1位は水泳の北島康介選手。北島選手、強し! 
なんと一人だけクチコミ件数を1万の大台に乗せ、2位以下を大きく引き離している。
北島選手は、単にネット上で話題になっただけでなく、多くの人がその偉業に感動し、
賞賛していたことがわかる。2位には、卓球女子の平野早矢香選手が入った。
早野選手の口コミ件数は、5759件で全体の56位だから、その約7割が彼女のプレー
を讃える文脈で語られていたことになる。6位の福原愛選手同様、団体戦では
あと一歩で銅メダルを逃し4位に終わったが、敗者復活戦で世界ランキング
3位の香港を大逆転で破った試合が、多くの人の心を揺さぶった結果だろう。
3位は、話題選手ランキングと同じく、女子マラソンの野口みずき選手がランクイン。
これはおそらく、「泣ける」、「泣いた」という単語と一緒に検索されたものと思われる。
それだけ野口選手の出場辞退を残念がったファンが多かったということか。
4位以下は、お茶の間を歓喜させたメダリストたちが並んだ。
念願のメダルを獲得し、喜びを爆発させる選手たちを目の当たりにして、
思わずネットにその感動の思いを書き込み、多くの人たちと喜びを分かち合った
ファンも多かったのだろう。
ただ、一人だけ異色なのは、柔道男子100kg級の鈴木桂冶選手。
日本選手団の主将として、アテネ五輪に続く2大会連続の金を期待されたが、
1回戦で一本負けすると、続く敗者復活戦でもあっけなく破れてしまった。
しかし、試合後、柔道の代表選手たちが帰国するなか一人北京に残り、
日本選手団主将として、大会終了までほかの競技の応援に、連日走り回っていた。
敗れてもなお、主将として責務を果たそうとしたその姿に、多くの人が感動したに違いない。

■■参考■■
*〔「クチコミ@係長」について」〕
「クチコミ@係長」は株式会社ホットリンクのクチコミ分析ツールです。
 特徴①日本最大の口コミデータベース
・対象範囲 国内主要ブログポータル17ポータル、2ch(※1)、他掲示板
・対象記事数 22億6239万4449記事(2008/09/01現在)
・内ブログ記事数  5億1336万216記事(2008/09/01現在)
・ブログユーザ数  836万767ユーザー(2008/09/01現在)
(※1) 2ch データは、2chデータの独占販売権を保有している株式会社ガーラ社との
契約による許可のもとに使用しております。
 特徴②プロの分析がワンクリックで実現
・比較分析がワンクリックで可能
•競合と比較
•期間で比較
•男女別に比較
•媒体別に比較
•評判別に比較
•上記の組み合わせ比較
・原因をワンクリックでドリルダウン可能
価格
・初期費用 : 10万円/導入時
・月額運営費: 10万円/月

*〔株式会社ホットリンクについて〕
ホットリンクは、レコメンドエンジンやBUZZマーケティングツール「電通バズリサーチ」、
「クチコミ@係長」の提供を中心に、クライアント企業のインターネットマーケティング活動を
先端技術で支援するエージェントテクノロジーカンパニーです。
(リンク »)

「関連URL」
・株式会社ホットリンク (リンク »)
・ホットリサーチ (リンク »)

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ホットリンク 
担  当:営業企画部 嶋村、公平
E-mail :sales-htl@ml.hottolink.com
TEL  :03-6268-3855

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!