~小売POS売上データをビジュアルに分析できるワンパック商品~ 「InfoCabina(R) POSデータ分析パック」を9月17日から販売開始

NTTテクノクロス株式会社 2008年09月11日

NTTソフトウェア株式会社(以下 NTTソフトウェア、本社:東京都港区、代表取締役社長:伊土 誠一)は、迅速な意思決定を支援し企業を強くする「見える化ソリューションInfoCabina(インフォキャビナ)」シリーズの第一弾として、小売業の複数POS(*1)売上データをまとめてすばやく分析し、ビジュアル化(見える化)することで、キャッシュフローの改善などに活用できる「InfoCabina(R) POSデータ分析パック」を9月17日より販売開始します。

現在、小売業では、材料高騰による仕入価格の上昇、消費者の消費低迷や顧客ニーズの多様化などの社会環境の変化に直面し、これまで以上に「仕入・商品価格のタイムリーな把握」、「顧客ニーズの的確な把握」や「プロモーション効果の把握」などへの対応が急務になっています。これらの的確な情報把握や改善策を講じるためには、多くの小売業で普及しているPOSシステムの活用が有効です。しかし、実際にPOSデータを活用して販売状況の分析を行なうためには、販売分析専用パッケージを使って決まりきった分析をする、あるいは、BI(*2)ツールを利用して利用者自身が分析の観点を設定して分析図表を作成する必要がありました。

これらの課題を解消するために、「InfoCabina(R) POSデータ分析パック」は、BIツールをベースに、販売分析に必要な分析テンプレート(*3)を標準装備し、サーバまで含めて、販売分析のワンパック商品として提供します。

「InfoCabina(R) POSデータ分析パック」には以下の特長があります。
(1) サーバ1台に必要なソフトウェアを全てインストールして提供。ソフトウェア開発など行なわず、導入後すぐに必要な分析図表を利用可能
(2) 複数店舗の複数のPOS売上データを一元的に取り込み可能
(3) さまざまな角度からの販売状況分析が可能な詳細集計表画面(テンプレート)を標準装備(ABC分析、RFM分析、エリア分析、デシル分析、併売分析)
(4) 俯瞰的な情報をグラフィカルに表示し、指標値の推移や異常情報の早期発見が可能な、経営判断に資する画面(コックピット画面)を提供する『マネージャーセット』を用意
(5) データの分析エンジンには、利用者独自で自由な分析軸での集計が可能なDr.Sum EA (*4)を使用


「InfoCabina(R) POSデータ分析パックの概要

売上データをすばやく集計し、ABC分析など小売業で必要な分析機能を提供します。


販売価格(税抜)
InfoCabina(R) POSデータ分析パック 基本セット 950万円~
InfoCabina(R) POSデータ分析パック マネージャーセット 1,350万円~

※オプションサービスとして以下のメニューを提供し、お客様個別に対応可能
・コンサルテーションサービス
・カスタマイズサービス
・システムサポートサービス
・リアルタイム連携システム構築サービス

NTTソフトウェアでは、迅速な意思決定を支援し企業を強くする「見える化ソリューション InfoCabina(R)(インフォキャビナ)」を展開しています。本商品はPOSデータを活用した販売分析用途に特化した見える化ソリューションとして、中堅小売・飲食業などを中心に積極的に販売を行ないます。また、今後も見える化ソリューションのラインナップ拡張を行ない、今年度には2億円、3年後には5億円以上の売上を目指します。

このプレスリリースの付帯情報

InfoCabina POSデータ分析パックの概要図

用語解説

*1:POS (Point Of Sales = 販売時点情報管理)
物品販売の売り上げ実績を単品単位で集計する手法。多くの小売業におけるレジなどで利用されている。
*2:BI (Business Intelligence = ビジネスインテリジェンス)
業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用しようとする手法。
*3:テンプレート
販売分析を行なう際に、元となる標準的な表示形式を規定したファイルのこと。
*4:Dr.Sum EA
さまざまな情報の分析を行なうことが可能な国内で評価が高い純国産BIツール。ウィングアーク テクノロジーズ株式会社の登録商標。( (リンク ») )

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR