100%天然成分から作られたお掃除商品を提供している株式会社ボーデン(本社:東京都港区、代表:堺井義信)は、ラウル株式会社が運営する世界初のカーボンオフセットサービス「グリーンサイトライセンス」に登録

RAUL株式会社 2008年09月24日

From DreamNews

株式会社ボーデン(本社:東京都港区、代表:堺井義信)は、自社で展開するオンラインショッピングをラウル株式会社(本社:東京都新宿区、代表:江田健二)の運営する、世界初のIT地球温暖化対策サービス「Green Site License」に登録しました。
100%天然成分から作られたお掃除用品を提供している株式会社ボーデン(本社:東京都港区、代表:堺井義信)、ラウル株式会社が運営する世界初のカーボンオフセットサービス グリーンサイトライセンス(Green Site License)に登録。人に安全で地球に優しい商品を提供することで環境問題に取り組むだけでなく、地球温暖化対策にも注力している。株式会社ボーデン(本社:東京都港区、代表:境井義信)は、自社で展開するオンラインショッピングサイト「かんたんきれい」をラウル株式会社(本社:東京都新宿区、代表:江田健二)の運営する、世界初のIT地球温暖化対策サービス グリーンサイトライセンス(Green Site License)に登録しました。
「オンラインショッピングサイト」 (リンク »)
当社が「グリーンサイトライセンス」のライセンス購入をすることにより、ラウル社を通じて、排出権を持つ国・地域・法人に対価を支払うことで、カーボンオフセットが実現いたしました。 当社では今回の経験を活かし、今後も様々な地球環境問題の解決に対し、積極的に取り組んでまいります。

グリーンサイトライセンス(Green Site License)とは?
ITを一番身近に感じることができるWEBサイトをカーボンオフセットする仕組みです。企業や消費者が環境保護を身近に感じる機会を提供し、1人1人が環境活動に対しての行動を起こす後押しとなり、企業が気軽に参加できる温暖化対策であると同時に、「IT+環境」を推進するサービスです。

■オンラインショッピングサイト「かんたんきれい」について
人に安全で地球に優しいことであることをコンセプトに、かんたんできれいにお掃除ができる商品を中心にネット販売を行っています。環境先進国であるドイツのAURO社の商品を扱っております。販売だけでなく、消費者の方々に自社で行ったテストなどお役に立つ情報も随時提供しております。弊社の商品は小売店では取り扱いをしてません。通販もしくはインターネット上での販売となります。

■株式会社ボーデンの概要

会社名: 株式会社ボーデン
住所: 〒105-0014 東京都港区芝2-29-9 榊原ビル8F
代表者: 代表取締役 堺井 義信
設立: 1995年3月
資本金:2,000万円
URL: (リンク »)  
(リンク »)      事業内容 :
(1)エコ商品の販売
  ドイツ「AURO」社の100%天然素材からなるお掃除用品の販売
  自社開発お掃除用品の企画・販売
(2)加工管理・加工品販売
  アルミ押出し成型部材の販売
  ポリイミド発泡体の加工管理、販売
お問合せ
TEL:03-5730-2981

<ラウル株式会社 事業内容>
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
・CSR/環境メディアの企画/構築/運営
・排出権(カーボンオフセット)関連商品の開発/販売
・環境ビジネス/CSRコンサルティング
◆ラウル環境貢献サービス◆
グリーンモバイル(グリモバ)
(リンク »)
(リンク »)
グリーンモバイルとは、携帯電話を利用することで排出されるCO2を無料でオフセットでき、地球温暖化防止に貢献できる活動です。

グリーンブログ(グリブロ)
(リンク »)
グリーンブログとは、あなたのブログを利用することで排出されるCO2を無料でオフセットでき、地球温暖化防止に貢献できる活動です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!