ソフトブレーン、新製品「ビジネスクロス」ASP提供開始 ~顧客メリットに合わせたサービス提供が可能に!~

ソフトブレーン株式会社 2008年09月24日

 ホワイトカラーの業務効率改善サービスを提供するソフトブレーン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 秋山真咲、以下ソフトブレーン)は、新製品「ビジネスクロス」のASP提供を開始いたしましたので発表いたします。

 「ビジネスクロス」は、2008年4月に販売を開始し、予定通りASP提供の準備が整い、本日から販売開始いたします。これにより、低コストで簡単な導入が可能になります。また、オンプレミス(自社運用型)とASP両方の提供が可能となるため、業種や規模に応じて、顧客それぞれに適したメリットの高い選択が可能となります。


 ソフトブレーンは、2001年から主力製品である「eセールスマネージャー」のASP提供を、既存のオンプレミス提供と並行して開始いたしました。近年、ASP/SaaSによるサービス提供への需要が高まっており、今後さらなるニーズに備え、今回のASP提供では新たなデータセンターに環境を構築いたしました。今後も、顧客のニーズにあわせた環境構築を目指し、サービスを提供してまいります。


■価格
 「ビジネスクロス」ASP基本ライセンス4,000円/月、参照ライセンス1,300円/月(国内販売価格)
・初期導入費用は別途お問い合わせください。
・オプション機能の積み上げにより、料金が加算されます。


以上


<参考資料>


【ビジネスクロスについて】
 2008年4月10日に販売を開始した新製品で、ソフトウェアと継続的なサービスをあわせて提供することにより業績向上のための業務強化を実現するトータルサービスです。グローバルビジネスに対応した機能を強化して開発され、マルチ言語、通貨、タイムゾーンに対応しており、一つのシステムを異なる地域で同時に使用することが可能です。一言語で登録された業務報告を他言語で参照・検索・集計することが可能となります。
 また、営業部門だけではなく、あらゆる部門のビジネスプロセス改善を可能とし、採用や購買、開発やコールセンターなど、顧客ごとに必要な部門のプロセス連携を行うことができ、全体の進捗を把握することが可能となります。限られた部門の進捗確認だけではなく、部門を横断した案件の進捗を把握することができ、全社的な業務効率化を図ることが可能となります。
 現場のニーズにそったユーザビリティを向上させ、必要最小限の機能を強化し、有効に活用できるように設計されています。
 そのため、グローバルビジネスに対応した最もシンプルな運用が可能となり、現場への定着とより精度の高いデータ収集、分析を行うことができ、早期に業務効率改善を実行することを可能とする製品です。


【eセールスマネージャーについて】
 個人プレーに依存し、結果だけを求める営業スタイルは結局良い結果が望めません。組織としての営業プロセスを設計し、プロセスを計測しながらマネージメントを行うこと「プロセスマネージメント」で結果をコントロールする営業スタイルが求められています。
 「eセールスマネージャー」はそんな先進的な営業スタイルを構築するために、企業全体の効率改善に貢献するサービスパッケージです。設計コンセプトとして、文章入力に頼らない情報入力方式(選択方式)を採用し、携帯電話からも簡単に使用でき、入力コストを下げるだけでなく、情報の客観性と数字化も同時に実現します。また、マーケットも商品も組織も絶えず変化しているため、収集すべきデータと営業プロセスも絶えず変化します。簡単にデータベースや営業プロセスの設定と変更が行える「eセールスマネージャー」の高い柔軟性は、設定した項目、プロセスが途中から合わなくなるという心配を不要にします。
導入前後のコンサルティングサービスも充実しており、1500社を超える導入実績に基づくノウハウの提供や教育、最善プロセス定着までお客さまのニーズにあったサービスを提供します。



【ソフトブレーン株式会社について】
URL : (リンク »)
事業内容:
非製造部門の業務支援ソリューションの提供
・改革支援ソリューション事業
・BPO事業


【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
ソフトブレーン株式会社
マーケティング&コミュニケーション部広報チーム 高橋
TEL:03-6714-2800 FAX:03-6717-5835 
E-Mail:press@softbrain.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?